【栗東ステークス2018予想】本命ファッショニスタ

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の京都メイン、栗東ステークスの予想を。キクノストーム、タガノエスプレッソ、ブラゾンドゥリス、メイショウボンロク、レーザーバレット、ワンミリオンスなどが出走予定のハンデ戦オープン特別。

ヴィクトリアマイルの予想に関してはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第13回 ヴィクトリアM(G1)■

今年は、昨年の覇者アドマイヤリード、4連勝で重賞3連勝中のミスパンテール、昨年のクラシックでは桜花賞・秋華賞を2着して実績のあるリスグラシュー、昨年のNHKマイルCの覇者アエロリット、15年の桜花賞馬レッツゴードンキなどが出走予定。ここ4年の優勝馬の人気は6人気→7人気→5人気→11人気と波乱。1人気が予想されるミスパンテールは信頼していいのか?連覇を狙うアドマイヤリードの状態は?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

栗東ステークス

本命は人気でもファッショニスタ

これまで8戦して4勝2着4回とパーフェクトな成績を残している馬で、前走で負かしたテイエムグッドマン、トウケイワラウカド、メイショウボンロクが次走のレースで馬券になっているハイレベルなレースを制してオープン入り。着差こそ僅かではあったが、手応えにもまだまだ余裕があり、ペースが流れて先行馬が崩れる展開の中で4番手から押し切る強い内容で勝利している。

2走前の播磨ステークス、3走前の貴船ステークス、そして5走前の清里特別で先着を許したテーオーヘリオス、ドライヴナイト、サトノファンタシーは後にオープン特別を勝利しており、これまで戦ってきた相手のレベルも高かっただけに、本馬もクラスが上がって格負けするような事はないだろう。

昇級初戦で人気という事を考えると馬券的にはまずは様子見するのが正解なのかもしれないが、この馬のハンデ53キロはかなり恵まれた印象なので、ここは捻らず素直に印を打つ事にした。

ただ、阪神コースから京都コース替わりは決してプラスとは言えない点だけは頭に入れておきたい。

人気はあまりないと思うが対抗は人気ブログランキングへとする。

オープン入りしてからはパッとしない成績が続いているが、条件戦ではそれなりに強力な馬を相手に戦ってきた実績もあり、過去のレース内容からしてこのクラスで通用しないという事はないだろう。そもそも条件戦を勝ち上がるまでにも時間がかかった馬なので、クラス慣れが見込めそうな今回は前進があってもいい。

1400m戦、京都コース替わりと条件的にも買える要素があるだけに、人気がない今回は思い切って狙ってみたい。

ワンパンチ足りない競馬が続くも得意の1400m戦で変わり身ありそうな▲ワンミリオンスが3番手。久々の中央での競馬がどうかも、状態さえまともならオープン特別であれば能力上位だろう。

◎ファッショニスタ
〇穴人気ブログランキングへ
▲ワンミリオンス

対抗穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

日曜東京12R BSイレブン賞

先着100名様!凄腕馬券師の
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のGIシリーズ真っ只中、世間一般の注目はGⅠへと集まるだけに、新聞などの自メディアを売りたいマスコミの取材はそちらへと注力することになる。しかし、GIがあるからと言って特別に取材する人間が増えているわけではない。少ない人数でやり繰りしているのだから「平場や特別戦の取材は当然甘くなる」というわけだ。

こんな状況を大歓迎しているのが、トレセンの事情通や凄腕馬券師と呼ばれる関係者達。もちろん、GIで勝負する場合もあるのだが「GIシーズンになると表に出てこないような馬券ネタが増える。だからオイシイ馬券も狙いやすい」とのことだ。そんな現役関係者達を情報ルートとして抱えている弊社シンクタンクも同様だ。

ヴィクトリアマイルが行われる今週末も、凄腕馬券師の1人から「日曜日の東京最終は面白いぞ。いい馬券ネタが入っているんだ」との話が入ってきた。本来であればこの手の話は限定公開することがほとんどだが、今週は特別も特別、ヴィクトリアマイル当日東京12Rの【3連単勝負馬券】の情報を無料公開させて頂く。GI直後の最終レースに眠る大きな金脈を掴むこのチャンスに、是非とも当社の情報を活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日曜東京12R BSイレブン賞

先着100名様!凄腕馬券師の
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク