【ローズステークス+ラジオ日本賞2018予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、G2ローズステークスの予想と中山メイン、ラジオ日本賞の予想を。まずは阪神メイン、ローズステークスの予想から。

レッドランディーニ、スカーレットカラー、サラキア、オールフォーラヴ、センテリュオ、サトノワルキューレ、カンタービレなどが出走する芝1800mで行われる秋華賞トライアル。

有力馬の回避は残念ですが、馬券的には面白くなった印象。毎年このレースになると、大雨が降る中で行われた13年を思い出します。あの時◎シャトーブランシュの頭固定の3連単で勝負して顔面蒼白になった事は忘れたくても忘れられません。

ローズステークス

本命はトーセンブレス

オークスは無念の取り消し。仮に出走していればそれなりの印も考えていたが、距離を考えると少し長いと感じていた事も事実。どちらにしても出走していないので結果はどうなったかわからないが、一つ言える事は2400mよりも今回の1800mの方が合っているという事は確かだろう。

本命にした桜花賞は阪神ジュベナイルフィリーズに続いてまたまた4着と本当に勘弁して欲しいというのが本音ではあるが、この2戦でラッキーライラック、リリーノーブルにつけられた着差を考えると単純に力が足りなかったという事になる。

ただ、これまでちぐはぐな競馬になったアルテミスステークス以外全てのレースでそれなりに見せ場はつくっており、新馬戦では出遅れながらも直線で11頭をごぼう抜きするド派手な勝ち方。ちなみにこの時の2着馬は後のフェアリーステークス、関屋記念の勝ち馬であるプリモシーンと決して相手が弱かった訳でもない。

その後もフラワーカップではノームコアに2馬身差をつけて先着しており、相手が順調さを欠いていたとはいえまず能力がないと出来ないことだろう。

ラストの脚なら今回のメンバーでも上位と言える存在で、以前よりもズバズバ差しが決まるコースではなくなってしまった点は気になるが、それでも決め手が活きるコースなのは間違いないので、ラッキーライラック、リリーノーブルという天敵がいないここなら当然勝ち負け争いに加わってくるだろう。

対抗はサトノワルキューレ

オークスは案外な結果に終わったが、最後は強く追われていないので、着順、着差はそこまで気にする必要はないだろう。

前が残る展開となったフローラステークスで最後方から直線大外を回して全頭ごぼう抜き、ゆきやなぎ賞では青葉賞2着のエタリオウ相手に勝利と牝馬がこの時期にこれだけのパフォーマンスを披露出来る事は素直に評価しなければならない。

今回の1800mへの距離短縮は大歓迎とは言えないかもしれないが、中間の動き通りであればここは恥ずかしい競馬にはならないとみる。

▲にオールフォーラヴ

アルメリア賞はかなり可哀想な競馬だったが、それでも怯むことなく3着を確保(繰り上がりで2着)。忘れな草賞も着差は僅かではあったが、後ろの馬に目標にされながらもしっかり勝ち切った点は評価出来る。

調教でもそうだが、かなり気が強いタイプなので、前走の敗因は距離も関係しており、その点を考えれば今回の距離短縮は間違いなくプラスとなる。

☆穴に人気ブログランキングへ

もともとデビュー前から注目していた1頭で、春のクラシックに乗る事が出来れば穴で買いたいと思っていたが、残念ながら上手く賞金を加算する事が出来ず出走は断念。

ただ、それでも荒削りながら能力の片鱗をうかがわせており、春からの成長を加味して考えると今回のメンバーなら一発あっても驚けない。後は少しでも展開が味方すれば…。

◎トーセンブレス
〇サトノワルキューレ
▲オールフォーラヴ
人気ブログランキングへ
△フィニフティ
△センテリュオ
△ゴージャスランチ
△カンタービレ
△サラキア
△ウラヌスチャーム
△ウスベニノキミ

続いて中山メイン、ラジオ日本賞の予想を。アルタイル、アングライフェン、クインズサターン、ゴールデンバローズ、ヨシオなどが出走するダート1800mのオープンクラスのレース。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第36回 ローズS(G3)>

過去10年、前走、レース別の成績ではオークス組(8勝)、500万組(2勝)と夏馬を全休に充て始動戦として出走したオークスからの直行組が圧倒的な成績を残している。また、500万を勝ち上がったばかりだが夏に調子を上げた馬が勢いで勝ち上がっている。ローズS好走馬の秋華賞の成績を見てもローズS上位馬が本番でも結果を残しているように、本番に直結しているのが分かる。

オークス組からは、サトノワルキューレ、オールフォーラヴ、カンタービレなどが参戦するが、2冠馬アーモンドアイやラッキーライラック、リリーノーブルといった有力馬は秋華賞直行のため不在となる秋華賞のトライアルレース。オークス組みで馬券になるのは!?また、夏の上がり馬に出番はあるのか!?競馬セブンでは各陣営の本音話を入手済!週末の情報はお見逃しのないようご注意ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

ラジオ日本賞

人気ブログランキングへ

頭数が少ない割にはなかなか面白いメンバーが揃った印象。その中でもやはり注目はこの馬。ヨシオはなかなか強敵ではあるが、この馬もそれなりに強いメンバーと戦いながらも常に見せ場をつくっている。何より展開に大きく左右されるようなタイプではないので、ここもしっかりと結果を出してくるだろう

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第36回 ローズS(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2冠馬アーモンドアイは早々と秋華賞に直行を決め、ココからの始動を予定した2歳女王ラッキーライラックは右後脚の球節部に腫れが出て回避、オークス後に軽度の骨折が判明したリリーノーブルも本番直行と、今年は桜花賞・オークスで1~3着を占めた3頭全馬がトライアルに出走しない異例の状況となった。

本来、前哨戦であれば、賞金を十分に持っている実績馬はココで勝ち負けする必要はなく、あくまで叩き台としての出走する可能性は高くなる。だが、春の2冠で次元の違う勝ちっぷりを見せたアーモンドアイがいる以上「本番であの馬が出てきたらさすがに敵わないよ。それなら勝てるチャンスがあるところで勝っておきたい」と考える陣営が出てくるのは当然と言えよう。

一方、秋華賞出走の賞金ボーダーにいる馬などは、例年のように「何としても権利を獲りたい」と“ココがメイチ”と勝負掛かりであることが多いが、実情はそう単純ではなく、陣営の複雑な思惑が絡むのがトライアルレースなのだ。

実際に、昨年のローズSはファンディーナ、モズカッチャン、リスグラシューと人気の実績馬が揃って連対を外す結果となり、一昨年は激走穴馬として当社的中の立役者にもなった11番人気クロコスミアが2着に好走。3年前は7番人気の伏兵・タッチングスピーチがレースを制しており、近年は波乱傾向が増している。

当社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手・元調教師など競馬界の大物OBが在籍。『本物の関係者情報』を入手しているからこそ、ココが“勝負”なのか“叩き台”なのかを的確にジャッジすることができる。

今年も、一発狙う激走穴馬の存在を既にキャッチしている。そこで、今週は【ローズS・3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り特別無料公開することが決定。馬券を買う予定のある方は、ぜひ当社の情報をチェックして頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第36回 ローズS(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク