【ローズステークス2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、ローズステークスに出走を予定しているウィクトーリア、シゲルピンクダイヤ、ダノンファンタジーの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。まだ先週の疲労と熱が残っているので今週もまずは軽くいこうと思います。

エニフステークス予想結果

1着◎エアアルマス

紫苑ステークス予想結果

1着☆パッシングスルー
2着◎フェアリーポルカ
3着〇カレンブーケドール

馬連 3,040

3連複 2,400

3連単 18,020

もともと相性が良いレース、開催ではありますが、秋競馬一発目から好発進となりました。欲を言えば本命馬の単勝や3連単が欲しかったですが、あのハナ差は何回やってもひっくり返らないハナ差でしょう。

セントウルステークス予想結果

1着〇タワーオブロンドン
3着◎イベリス

京成杯オータムハンデ予想結果

5着◎プロディガルサン

ローズステークス一週前追い切り

ウィクトーリア

この年のシルクホースクラブの一番の期待馬が順調に秋初戦を迎える。頭が高く発汗が目立つが、久々の割には馬体の張りが素晴らしく感じる馬で、内面にも完全にスイッチが入っている事からしていきなりから好勝負に持ち込む事が出来るぐらいの出来にありそう。調教パートナーがこちらの追いだしを待つような場面はみられるが、それでも楽々と前を行く馬に並びかけ、追われるとすぐに加速して突き抜けた辺りが充実度と出来の良さを物語っている。

脚捌きに硬さがある点や可動域が狭く感じる点など休み明けっぽい面もある事はあるが、それを差し引いて考えてもまず馬はそれなりに出来ていると思っていいのでは。成長力に疑問が残るという人間もいるが、個人的にはこの馬にはそんな人間を黙らせるだけの器があると思っているので、ここは最低限の結果が欲しい。

シゲルピンクダイヤ

頭の位置が安定せず外に刺さる面がみられるも、フォームに大きな乱れはなくこちらはしっかりと安定している。追った時の反応や脚捌きのぎこちなさだけは引っかかってしまうが、エンジンがかかると一気に相手を突き放し、そのままあっと言う間に一人旅。

身体を大きく使ってグイグイと伸びていく姿は圧巻の一言で、ダイワメジャー産駒らしい頸差しの太さと胴の詰まりからしても今後の活躍に期待が持てる一頭と言えるだろう。よってこちらも今後に向けてここは結果が欲しい。

ダノンファンタジー

前半は折り合いに苦労する面もみられたが、直線では何とか気持ちをセーブ出来ていたのでここは多少の割り引きとしておきたい。いつも追い切りでは豪快に力強く走る馬ではあるが、今回は久々という事もあって少し動きがこじんまりとしているように見えるも、脚捌きの軽さとスムーズさはさすがという感じなので、こちらも前哨戦のいきなりから好勝負に持ち込んでくる可能性は高い一頭と言えるだろう。そう考えると馬券的にはつまらない一戦となりそうではあるが果たして…。

予想オッズ

1 ダノンファンタジー 2.2
2 ウィクトーリア 3.9
3 シゲルピンクダイヤ 4.6
4 ビーチサンバ 6.9
5 スイープセレリタス 10.2

最後にローズSの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは馬場次第では久々に勝負したいレース。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第37回 ローズS(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

無傷の4連勝で樫の女王に輝いたラヴズオンリーユーは秋華賞へ直行、桜花賞馬グランアレグリアはスプリンターズSへと路線を変更し、クラシックホース2頭が前哨戦には姿を表さずブッツケ本番へ。今年の春のGI戦線で、従来のローテーションを打破して結果を出して見せたノーザンファーム生産馬らしい選択とも言え、秋も外厩主導の“使い分け”が馬券攻略においても重要なファクターの1つとなるだろう。

クラシックホース2頭が不在ではあるものの、ローズSは最後の1冠に向けた王道ステップレースだけに、今年も2歳女王ダノンファンタジー、桜花賞2着馬シゲルピンクダイヤ、その他にもウィクトーリアやビーチサンバといった春の実績馬達が参戦を予定。夏の上がり馬達との対決もあり、本番を占う上で重要なレースであることは変わりない。

注目すべきは、外厩主導の“使い分け”の色が濃くなった近年、クラシック好走馬達が苦戦し始めていることだ。サトノワルキューレ、ファンディーナと1番人気がともに着外に敗れ、条件馬の台頭が目立つようになってきているのだ。実は、今年もオークス1~3着馬が不在。22万馬券決着となった去年と近い状況であることは、注目しておくべきであろう。

ハッキリと陣営が公言することはまずないが、前哨戦は「本番前の叩き台」の陣営もいれば、「本番では歯が立たないからココが勝負」の陣営もおり、条件馬であれば「何としても本番に出たいから3着狙いの競馬をしてもらう」など思惑は様々に存在する。世間に出る陣営のコメントは前向きなものばかりだが、実情はそう単純ではない。

そういった裏にある本音を聞き出しているのが、我々シンクタンクの情報ルート達だ。それができるのも、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し、今なお関係者達との密な繋がりをもっているから。サクラスターオーの平井雄二元調教師が『重賞メイン特捜部』の責任者を務めているから、シンクタンクは重賞の情報にも強いのだ。

既に、今週のローズSの裏ネタ、裏話は続々と入ってきている。そこで、今週はローズSの関係者情報と【情報注目馬5選】を特別に無料公開。ローズSの馬券はもちろん、秋のGIで馬券を獲りたいのであれば必見だ。月曜に行われるセントライト記念の5選も合わせて公開する。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第37回 ローズS(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク