【札幌2歳ステークス2020予想】本命ウインルーア

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の札幌メイン、札幌2歳ステークスの予想を。アオイゴールド、ソダシ、ピンクカメハメハ、バスラットレオンなどが出走する芝1800mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週の2歳重賞、新潟2歳ステークスは◎フラーズダルムが3着も勝負が連系だった為ハズレ。

ここ2週は以前のような勢いがなくなっている印象ですが、週中の地方競馬、芙蓉賞で◎ウタマロ▲カスタムオーダー○ヴァケーション、スパーキングサマーカップが▲グレンツェント◎リッカルド〇トロヴァオでどちらのレースもド本線決着。

ド本線のボーナス馬券である馬連、馬単、3連単の重ね買いまで全て刺さって大きく回収する事が出来たので、この調子で週末の中央でもド本線、大爆発を狙いたいと思います。

弥彦特別

パルティアーモ

土曜は午前中に買いたいレースがいくつかあるが、午後はメインレースとこちらのレースのみ購入。

前走は極端なバイアスに泣いたが、それでも見せ場をつくった辺りが能力の高さと言える。ここは馬場、枠順と買い材料は揃ったので、頭の馬券が欲しい。

札幌2歳ステークス

本命はウインルーア

毎年口酸っぱく言っているように2歳重賞は能力以上に経験値、という事で負けを経験出来ている点と異なる競馬場を経験出来ている点、更に初戦、前走と全く異なる距離を経験し、決して有利とは言えない一気の距離延長にもあっさりと対応してみせた点を高く評価してこの馬を本命に抜擢。

将来性に関してはさて置き、前走は少頭数ながらアークライト、ギャラントウォリアといった素質馬が揃っていたレースで直線あっさりと抜け出して完勝。

ペースなどを考えるとあの一戦だけで過信してしまうのは危険かもしれないが、レースセンスの高さは今回のメンバーの中に入ってもトップクラスの馬だと思うので、ここもスムーズならもう一度があっても驚けない。

前走から頭数が大幅に増えるだけに揉まれた経験がない点だけは不安ではあるが、抜けて強い馬がいない今年ならその点には目をつぶって印を打ってもいいのでは。

対抗は穴人気ブログランキングへ

経験値の高さなら本馬もトップクラスの馬で、あらゆる競馬場、馬場、展開を経験出来ている事は2歳重賞では大きな武器になる。

未勝利戦で下した相手のレベルもそれなりに高く、更に力のいる今の札幌の馬場も間違いなくこの馬に合うので、今回は人気以上に怖さがある一頭と言える。

バスラットレオン

前走は展開が展開だったので能力の高さを測るのは難しいが、おそらく多少厳しいペースになった場合でも対応してくるだけの能力はある馬だと思うので、こちらも今の札幌の馬場を考えるとそれなりに評価しておく必要はあるか。

ヴィゴーレ

初戦は案外な結果に終わったが、一度使われてガラッと気配が変わった前走を見るとまだまだ上がありそうな気も。その前走も着差以上に強い内容だったので、重賞でもこのぐらいの相手であれば上位争いに加わってくるだけの資格は十分にあるだろう。

◎ウインルーア
〇穴人気ブログランキングへ
▲バスラットレオン
☆ヴィゴーレ
△ヴェローチェオロ
△リキサントライ
△アオイゴールド
△ソダシ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 新潟記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマー2000シリーズの最終戦ではあるが、一昨年は3歳馬ブラストワンピースが菊花賞のステップとして参戦し圧勝するなど、レースの位置付けもやや変わりつつある。その大きな理由となっているのが、ノーザンファーム生産馬による使い分けだろう。

今やトレセンよりも優れた設備を有する外厩が増え、調教、育成技術も格段と上がり、既存のトライアルを使う必要性が薄れつつあることは、過去のGI戦線でフィエールマンやグランアレグリア、サートゥルナーリアらが証明した。新潟記念はハンデ戦ではあるものの、秋のGI戦線を見据えるステップレースとすれば時期的には丁度良いと言える。

事実、去年もノーザンファーム生産馬のワン・ツー決着であり、有力馬の大半もノーザンファーム生産馬。今年もジナンボー、ブラヴァスといった重賞常連など、有力視される馬たちがエントリーしている。ノーザンファームの思惑だけ知っていれば馬券を獲れるわけではないが、今年も馬券を考える上で決して見逃してはならぬ大きなポイントとなるだろう。

しかし、取材範囲がほぼトレセンに限定される一般マスコミのレベルでは、生産者サイド、馬主サイドの思惑を入手することは困難。すなわち、大勢の一般ファンも知ることができない情報と言える。そういったことに早くから着目していた弊社シンクタンクは、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、競馬界の大物OBの人脈などを駆使し、騎手情報、厩舎情報、馬主情報や生産者情報、外厩情報と、あらゆる情報を入手できるよう、日々情報ルートを強化。“ココだけ”の関係者情報を入手している。

一般マスコミが世間にお伝えする情報と、我々シンクタンクがお伝えする情報がどう違うのか。それを知って頂くべく、今週は新潟記念の【情報注目馬5選】を無料公開する。小倉2歳S、札幌2歳Sと合わせて、自身の目で情報力の差を確認していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 新潟記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク