【皐月賞2018予想】本命ジャンダルム

スポンサーリンク


おはようございます。

昨日の中山グランドジャンプは馬券は◎アップトゥデイトの頭からの3連で勝負だったのでダメでしたが本当に痺れました。もう一つの重賞アーリントンカップ☆タワーオブロンドン◎パクスアメリカーナ△レッドヴェイロンで決着し、馬単や3連系ががっつり引っ掛かりましたが、披露が半端ないのと明日も朝早いのでこの話はまた別の機会に。

本日は中山メイン、皐月賞の予想を。ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、エポカドーロ、ジェネラーレウーノ、タイムフライヤー、サンリヴァルなどが出走予定。

今週は昨日の中山グランドジャンプで全てを出し切ったのでここは軽く。昨日の中山でダートがかなり読めていて現地で買った馬券がそこそこハマったので元気があれば10レースを追加で更新します。

なお、現時点では当日の馬場が全く読めない為、対抗以降の印はつけていません。


3点勝負買い目を無料公開

皐月賞

本命はジャンダルム

前走の弥生賞はダノンプレミアムには完敗したものの、今回人気になっているワグネリアンとは0.1秒差の競馬をしており、そのワグネリアンのラストの脚や位置取りを考えると強いと感じたのはあちらになるが、ジャンダルムはワグネリアンよりも荒れた内を走っての着順だった事を考えると前走の結果だけで評価を落とす必要はないのでは。

ホープフルステークスではレースレベルに疑問が残りはするが、距離が厳しいと思われた中で想像を超える強さで2着。この馬の適性を考えると、結果ペースが流れた事が幸いしたのは確かではあるが、それでもあの展開で早めに動いて連を確保した事は素直に褒めるべきだろう。

そのホープフルステークスとは真逆の展開となった新馬戦では若さを見せつつも道中ではしっかりと折り合ってレースを進められ、直線で仕掛けられると後続を余裕残しで振り切って勝利しており、弥生賞、デイリー杯の結果は抜きにしてもこの2レースの結果だけで強い馬と判断出来る。

なんだかんだでデイリー杯で負かしたカツジ、ケイアイノーテックが先日のニュージーランドトロフィーでワンツーとそれなりに走っており、ケイアイノーテックに関しては朝日杯で決してスムーズな競馬だったと言い切れない中でもステルヴィオとタイム差なしの競馬に持ち込んでいる事からして、ジャンダルムの能力がここで劣っているという事はまず考えられない。

先週の桜花賞では牝馬は牡馬と違い、2歳の暮れから3歳春にかけて一気に馬体が成長する事は滅多にないので、距離が延びるオークスに関しては話が違ってくるが、マイルの桜花賞でラッキーライラックを負かすのは簡単な事ではない。

阪神ジュベナイルフィリーズの1.2.3着、ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアがチューリップ賞でそのまま上位を占めたが、桜花賞でもこの3頭が上位を占める可能性は高い。

この3頭に割って入るとすれば別路線組。ラッキーライラックを負かすならまだ一度もぶつかった事のない馬、もしくはリリーノーブル、マウレアが思い切った競馬をした時、という感じでこの時期の馬の成長について触れたが、これはあくまでの牝馬の話。

牡馬は2~3歳春にかけて一気に馬体が成長するので、2歳や3歳年明けの成績、実績がそのまま春のクラシックに反映されないという事は多々ある話で、どちらかと言えば勢力図が一気に変わるという事の方が多い。

そう考えるとここは1人気濃厚のワグネリアンよりも意外と奥があると言っていたステルヴィオ、ジャンダルム、そして人気薄の中にも成長力に期待が持てる馬が数頭いるので、どれを買いたいと言われれば力も成長力もある馬という答えに行き着く。そうなるとやはりこの馬になってしまうか。

そもそも少し適性距離が短めの馬が活躍するレースでもあるので、ここで距離が長いと感じる分には何の問題もなく、むしろこれだけ重賞実績がある馬がこの人気で買えるのであれば黙って買いだろう。若干の距離のズレこそ生じてしまったものの、ジャンダルムの馬体を推す気持ちは1年前と何も変わっていない。それならここも考えを貫かない事には筋が通らないだろう。

タイムフライヤー

前走はダントツ人気に支持されるも結果は5着。ただ、誰がみてもわかる鞍上の全く勝つ気がない騎乗が原因なので着順は気にする必要はないだろう。

ここにきて一気に地味な存在となってしまったが、相手が多少強くなっても堅実に走ってくるタイプと思っていたのでこれはこれでラッキーと思いたい。今回と同じ舞台を経験出来ているのも強みで、雨が降れば尚更怖い存在となる。

もう1頭穴で買いたいのが人気ブログランキングへ

前走は位置取りや枠の差がモロに結果に結びついた感じで、当日のコースを考えるとある意味当然とも言える着順か。それでも最低限の競馬は出来ており、前走の結果だけで評価を落とす必要は全くないだろう。

2走前も上位に入線した馬の能力を考えればこの馬の能力も相当高いと言えるので、条件が揃いさえすればいつでも巻き返せるだけの馬ではないだろうか。

当初はもう少し評価する予定だったが、本命馬が好走するパターンを考えた時にセットで来るイメージがあまり沸いてこなかったので印を落として考えたい。

エポカドーロ

前走はステルヴィオに差されてしまったが、勝ちに行く競馬をしての2着と内容は悪いものではなく、むしろ勝ち馬よりもこちらの方が強い競馬をしただろう。前が少し流れそうではあるが、控えても競馬が出来る馬なので、前走ぐらい走れば今回の相手でもそれなりにやれそう。

ステルヴィオ

前走のスプリングステークスもそうだが、朝日杯、サウジアラビアロイヤルカップとあらゆる距離、展開、コースで結果を残した経験値の差がG1のここで生きる可能性が高いとみて印を打つ。

本命馬が来る展開になればこの馬を評価しない訳にはいかず、当然能力面で劣っている感は全くないので、ある程度票を集める中で買うとすればこの馬になるか。ただ、良い馬なのは間違いないが、アレが稲○にただ良血馬を預けたようなレベルなので、おそらくここはある意味期待通りの走りになる。

◎ジャンダルム
穴タイムフライヤー
人気ブログランキングへ
◆エポカドーロ
◆ステルヴィオ
ワグネリアン
オウケンムーン
ジェネラーレウーノ
サンリヴァル
ケイティクレバー
ダブルシャープ

穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

馬場次第になるがここは過去の失敗を活かして汚く手広く買う予定。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第78回 皐月賞(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

前哨戦の弥生賞を制して、4戦4勝と完璧な成績で皐月賞に臨む予定だったダノンプレミアムが、挫跖により皐月賞を回避することが発表。絶対王者不在の状況下で、他の出走馬は俄然色めき立つことになり、馬券的にも混戦ムードの1戦に様変わりしている。

その中でも、現時点で当社シンクタンクの情報ルート達が“特注”としてマークしている馬が○○○○○○○○○だ。「正直、こんなにトントンと行くとは思っていなかったから、ちょっと分かりかねている面があるんだ。伸びシロはかなりあるし、想像以上に大物かもしれない。相手が強くなることはわかっているが、もしかしたら……の期待は持っている」とは某厩舎関係者の談。

そして、見逃してならないのが「おそらく人気の盲点になるんじゃないか」と、馬券になれば妙味がタップリ見込めそうな馬でもあるということ。マスコミ各社から多数の情報が発信されるGIでは、こういった情報が”当社独占の激走穴馬情報”になることもしばしばある。

本来、こうした極秘情報を無料で公開することはないが、今週は特別も特別、皐月賞の激走穴馬情報を含む【◎-穴1点馬券】を無料公開することが決定した。皐月賞の馬券を買う予定がある方は、世間には出回らないこの極秘情報を是非とも見逃さないようにご注意頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第78回 皐月賞(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク