【皐月賞2019予想】本命ファンタジスト

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、皐月賞の予想を。サートゥルナーリア、アドマイヤジャスタウ、アドマイヤマーズ、クラージュゲリエ、ダノンキングリー、ニシノデイジー、ラストドラフトなどが出走する芝2000mのG1レース。

こんなにワクワク感がないクラシックも久々で、この時期になってもまだダービー馬候補も見つけることが出来ていない状況。予定ではどちらかというとこのレースよりも自信のあるアンタレスステークスの予想を出してこちらは見送るという考えでしたが、一応G1という事でこちらを書く事に。

ただ、スプリングステークスの◎ディキシーナイトこそ相手抜けで勿体ない結果となりましたが、日経賞の◎サクラアンプルール、ダービー卿チャレンジトロフィーの◎フィアーノロマーノ、ニュージーランドトロフィーの◎メイショウショウブとここ数週間中山の重賞では好成績を残せているので、気が付けば平成最後となった中山開催でも良い結果を残したいものです。

その他週末の重賞の追い切りに関する記事はこちらから。

【皐月賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【アンタレスステークスステークス予想オッズ】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

皐月賞

本命はファンタジスト

これといってレベルが高そうなトライアルもなく、ホープフルステークスのレベルもちょっと微妙なここはどの馬からでも入れそうなレースではあるが、一番このレースに繋がりそうな結果となったスプリングステークス組からこの馬を本命に選択した。

前走はエメラルファイトには遅れを取ったが、ラスト1ハロンで使った脚は目に付いており、展開や位置取り次第ではガラッと着順が変わった可能性も十分考えられた結果だけに、ここも展開ひとつで簡単に逆転出来るだろう(出ていればの話ですが)。

1200mで連勝していた事もあって距離延長が不安と言われた京王杯であっさりと結果を残し、更に距離延長となった朝日杯フューチュリティステークスでは内枠、先行馬が上位を占める中で外枠、直線でも外から脚を伸ばして4着。少し着差はつけられてしまったが、この時の3着馬であるグランアレグリアが先週の桜花賞を圧勝しているので、レースレベルに関しても決して低いという訳ではなかったのでは。

なんだかんだ距離を延ばしてもパフォーマンスは落ちておらず、この産駒らしいレースセンスの高さもしっかりと受け継いでいる馬なので、今回は更なる距離延長とクリアしなければならない課題は少なくないものの、例年通り(ここ最近の皐月賞)の馬場であればラストは確実に脚を使ってくるとみる。

対抗はダノンキングリー

前走もそれなりに恵まれての結果なので人気を考えるとあまり評価はしたくないが、3戦とも異なる展開、コースで結果を残しており、一応重賞馬を相手に楽に勝ち切っている馬なので、ここは変に評価を落とす事はしない。

展開面に左右されるような馬でもなく、血統からしても中山2000mは問題なく走ってきそうなので、ローテ込みで考えてもここはある程度の印は打っておきたい。

▲にニシノデイジー

4着に敗れた前走の弥生賞は雨で外が伸びる馬場の中を内からレースを進めての結果。一応カントルには一旦交わされながらも最後は差し返す競馬をしており、まともな馬場でレースが出来ていればもう少し上の着順を拾えていた可能性は高かったのでは。

これまでの実績を考えればここでも上位に食い込めるだけの力はある馬で、鞍上がもう少しまともであればここまで評価を落とす事はなかっただけに、個人的に乗り替わりにならなかったのは残念だった。

☆穴に人気ブログランキングへ

こちらも前走は馬場などが影響しての着順なので参考外と言えるレースで、この日は展開も向かなかった。こちはも鞍上だけがどうも引っかかってしまうが、過去のレース内容からするとこのまま終わるような馬ではないのは確かで、力を出し切れば今回のメンバーの中に入っても上位争いに加わわれるだけの存在と言える。母方の血統を考えると一撃があるならここだろう。

◎ファンタジスト
〇ダノンキングリー
▲ニシノデイジー
☆穴人気ブログランキングへ
△サトノルークス
△アドマイヤマーズ
△クラージュゲリエ
△サートゥルナーリア
△ブレイキングドーン
△ヴェロックス

穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第79回 皐月賞(G1)

自信の本命馬×とっておきの激走穴馬
+マル秘情報を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の牡馬クラシック路線は“混戦”なのか“1強”なのか。皐月賞を考える上で、これが1つの重要なテーマとなる。

共同通信杯でも2歳王者アドマイヤマーズに初めて土がつき、弥生賞やスプリングSといったトライアルでは伏兵が勝利と、前哨戦では断然の主役と言えるパフォーマンスを見せた馬がおらず、この流れから見れば“混戦”と言えるだろう。

一方、暮れのホープフルSで圧巻のパフォーマンスを見せたサートゥルナーリアの“1強”と考える人間は少なからずいる。確かに、ノーステッキでの勝利には底知れぬモノを感じさせるものがあった。だが、ホープフルSで負かした馬達は、その後の成績が今ひとつであり、関係者の間ではレースレベルを疑問視する声も存在する。時計面での裏付けがなく、ブッツケでのGI挑戦、ミルコからルメールへの乗替りと、未知な面は多い。

皐月賞を的確にジャッジするためには、確かな情報力が必要になることは間違いない。

しかし、本物の関係者情報を一般ファンの方々が入手することはまず不可能だ。なぜならば、新聞や雑誌、ネット上に流れる情報には、残念ながら陣営の本音や核心の部分が公表されていることがほとんどないからだ。誰の目にも触れることができるところに本音を出す事など、陣営にとっては一銭の得にもならず、デメリットにしかならない。

実際、1987年に皐月賞を勝利した名馬サクラスターオーを管理していた、重賞メイン特捜部の最高責任者を務める平井雄二元調教師は、「弥生賞を勝った後からもの凄く良くなった。順調過ぎるくらいで、誰が乗っても勝てるんじゃないかと思っていた。新聞社連中には言わなかったが、他の馬の強気な記事を見て『ウチの方が何倍もいい』と胸の中では思っていたんだよ」と、本当に親しい人たちだけにしか本音は伝えず、マスコミには自信のほどをひた隠しにしていたと振り返る。今の昔も、敢えて他陣営からのマークがキツくなるようなコメントを、公に出すことは稀だ。

特にGIは一般マスコミなどの取材が増える分、世間に出る情報量は圧倒的に多くなり、その分、役に立たない情報も蔓延しているということになる。そんな情報をアテにしていては、なかなか的中馬券にたどり着けないのも当然だろう。

シンクタンクには現役関係者の大先輩にあたる人物や、現役大物関係者が多数情報ルートとして在籍しているから、関係者から『本音』を聞き出せる情報収集態勢が整っている。

既に皐月賞に関する情報が色々と入ってきているが、おおよその結論は出ており、あとはレース当日までしっかりと裏付けを取る段階に入っている。そこで、今週はまだ弊社の情報を利用したことがない方を対象に、皐月賞の【◎-穴1点馬券】を特別に無料公開する。ぜひとも本物の関係者情報を知って、馬券を買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第79回 皐月賞(G1)

自信の本命馬×とっておきの激走穴馬
+マル秘情報を無料公開

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク