【ブリリアントカップ2019予想】皐月賞穴馬追い切りなど

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、皐月賞に出走を予定しているアドマイヤジャスタ、エメラルファイト、クラージュゲリエ、シュヴァルツリーゼ、ダノンキングリー、ファンタジスト、ヴェロックスの一週前追い切りに関する記事と大井で行われるブリリアントカップの予想を軽く。

明日も地方で重賞がありますのでこちらのレースは見送る予定でしたが、出馬表をみるとなかなか面白そうだったので、少しだけですが購入しようと思います。

まずは皐月賞の追い切り記事の前に地方の予想から。キャプテンキング、ヤマノファイト、ハセノパイロ、ヒガシウィルウィン、クリスタルシルバー、サウンドトゥルー、タービランスとかなりのメンバーが揃いました。

ブリリアントカップ

タービランス

距離が2000mから1800mに変更された事がプラスになりそうなこの馬が人気的にも面白そう。これまでこの距離では全く崩れておらず、ここ2,3走のレース内容を見ても明らかにベストは1800mなだけに、強力な馬が相手となる今回も適性ならトップクラスと言える存在だろう。この馬の道中の位置取りを考えると枠もいいところを引けた。

◎タービランス
〇ヒガシウィルウィン
▲サウンドトゥルー
☆ハセノパイロ

馬券は◎の単勝、◎~馬連、馬単辺りを買いたい。

その他一週前追い切りに関する記事はこちらから。

【皐月賞2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

皐月賞一週前追い切り

アドマイヤジャスタ

脚を出すリズムが非常に良く、身体も最低限使えた動き。前脚もよく前へ出せており、内面が適度に表に出ていて活気がある点にも好感が持てた。ただ、調教パートナーを交わすまでに時間がかかっており、相手の手応えを考えると少しエンジンのかかるまでの早さと乗ってからのスピードに疑問が残る。いつもと比べると可動域も狭く、多少硬さが残っている点も割り引き材料か。後、この産駒らしく後脚に大きな癖があるのも個人的にはマイナスとみるが…。

ヴェロックス

案外柔らかさがある馬で、付け根からしっかりと脚を出せている点、頸の使い方が上手い点など評価出来るポイントはなかなか多い。ただ、脚が多少外へ流れている事もあって手応えの割にはスピードに乗る事が出来ていないのは割り引き材料で、もともとの癖を含めて考えてもちょっと評価に困る1頭と言える。

牧場側でもこの癖がプラスに出るかどうかは走ってみないとわからないと言っていたが、個人的にはプラスに出る事はないと思っているので、メッキが剥がれるタイミングだけは見逃さないようにしたい。おそらくトリッキーなコースは合わない可能性が高いので、中山替わりはあまり歓迎とは言えないのでは。

エメラルファイト

頭の位置、フォームともに安定した動き。ただ、おそらく内面を考慮してのものなのか、まだまだ手応えに余裕がある割には最後まで強く追われる事はなかった点は少し気になってしまう。その影響もあってか最後は相手を抜き去る事は出来なかったが、ある程度負荷をかけられていればまた内容がガラッと変わった可能性が高い追い切りだったので、ここに関しては最終追い切りの変化に期待したい。

全体的に可もなく不可もなくといった感じの追い切りとなったが、距離延長に対応出来るようにしっかりと馬をつくっている印象を受けた。

クラージュゲリエ

目の症状が少し不安だったが、ここに関しては大きな問題はなさそう。ただ、調教パートナーであるトゥザフロンティアに完全に遊ばれており、相手がこちらを待つような場面もみられたが、追っても追っても全く伸びず。

勿論反応の悪さは気になるが、2週前からピリピリとした面を見せていた点が今回の皐月賞への大きな課題となるだろう。ここを当日どう上手くカバー、処理してくるか。今週は大きく調教内容を変更してきそうなコメントが出ているので、その点にも注目したい。

シュヴァルツリーゼ

入りから既にエンジンがかかっており、内面がモロに表に出ている点は少し不安ではあるが、気配としては決して悪いものではない。ただ、ピリッとしている割には追われてからの反応が悪く、結局スピードに乗れたのは最後の最後になってしまった。

身体の使い方もまだまだ下手くそで、今は脚だけで走っているという感じ。その分力強さに欠けるような走りで、可動域の狭さをみても完成までにはまだ時間がかかる馬だろう。さすがにここは敷居が高い印象を受けるが…。

ダノンキングリー

馬に活気があり、脚の回転の速さや素軽さからすると久々の影響は皆無と思ってよさそう。調教パートナーに馬体を併せてしっかりと負荷もかけられており、すっと加速するような動きではなかったが、しっかりと伸びて楽な手応えで相手に先着出来た事は評価出来るだろう。

馬体にも張りがあり、もう少し全体的な硬さが解消されれば完璧と思っていいのでは。ただ、球節、膝などのバランスをみるとお世辞にも脚もとが丈夫と言えるタイプではないので、ギリギリまで仕上げるのは相当難しい馬ではないだろうか。

ファンタジスト

頭の高さと頸の可動域の狭さは相変わらずも、一週前から動きはなかなか目立っている1頭。調教パートナーを並ぶ間もなく交わしてあっと言う間にぶっ千切った点は勿論だが、素軽さやスピード感は相当で、この産駒の割には身体全体を使えて走れている点にも好感が持てる。ただ、胴の詰まりからしても決して距離が延びて良いタイプではないので、その点をどこまで割り引いて考えるかがポイントになりそう。

最後にアーリントンカップの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 皐月賞>

サートゥルナーリア、
ダノンキングリーを脅かす穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

サートゥルナーリア、ダノンキングリーは3戦無敗、無傷で皐月賞制覇を狙う。朝日杯FSの覇者アドマイヤーマーズはメンバー唯一の4勝馬。3連勝中のサトノルークス、2連勝中のヴェロックス、重賞2勝のニシノデイジー、デビューから5戦連対パーフェクトのアドマイヤジャスタ、弥生賞の優勝馬メイショウテンゲン、キャリア2戦で弥生賞2着馬シュヴァルツリーゼ、毎日杯の優勝馬ランスオブプラーナ、スプリングSの連対馬エメラルファイト、ファンタジストなどがスタンバイ。

過去10年の人気別の成績では、1人気[2.2.1.5]、2人気[1.3.0.6]、3人気[1.1.2.6]。上位人気は4勝のみと苦戦。平均配当では、単勝1070円、馬連4600円、3連複3万3770円、3連単20万5280円。3連単100万馬券が1度、10万馬券以上が2度出ているように荒れる牡馬クラシック第一弾。

まだ記憶に新しい、あの大波乱となった17年皐月賞は◎ペルシアンナイト(4人気)穴アルアイン(9人気)で馬連8710円ズバリ的中!5連敗中の1人気だが、今年はサートゥルナーリア、ダノンキングリーの無敗馬が人気を集めるが果たして!?実は競馬セブンでは無敗馬2頭を脅かす人気薄激走情報馬の大駆け情報を独占入手!皐月賞の馬券を買う前に必ず午ご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク