【皐月賞2022予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、皐月賞に出走を予定しているイクイノックス、キラーアビリティ、ジャスティンパレス、ジオグリフ、アスクビクターモアの最終追い切りに関する記事を。

2022年4月17日(日曜) 3回中山8日
第82回皐月賞GⅠ
3歳オープン(国際)牡・牝(指定)定量
コース:2,000メートル(芝・右)

なお、皐月賞の予想など、土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【皐月賞2022予想他】4月16,17日勝負レース

まずは本題の前にこちらの記事で有力馬ポジティブポイント、ネガティブポイントに触れておきます。

有力馬ポジティブポイント、ネガティブポイント

キラーアビリティ

・2000m戦は2戦2勝と得意。
・前走で今回と同じコースを経験済み。
・ただ、当時よりもかなり相手は強くなる。
・休み明けでの競馬。
・成長力がある馬と力差が縮まっているという可能性も。

イクイノックス

・前走で見せたパフォーマンスの高さはG1級。
・鞍上。
・久々の実戦。
・経験値は非常に低い。
・一気の相手強化。
・初の中山コースへの対応。
・今回の2000m戦も初。

ダノンベルーガ

・前走で一気の相手強化に楽々対応。
・本馬も大箱しか経験出来ていないので、初の中山がどうか。
・厳しい流れになった時への対応。
・経験値は非常に低い。

オニャンコポン

・3.0.0.1と得意の2000m戦。
・今回と同じコースを3度経験。
・休み明けでの競馬。
・相手大幅強化。
・鞍上。
・好走馬がほぼ出ていない前走京成杯組。

アスクビクターモア

・3戦3勝の中山での競馬。
・2戦2勝の2000m戦。
・立ち回り勝負に滅法強い。
・少し求められる適性がズレてきた今の中山への対応。
・常にレベルの高いレースを使われてきたとはいえ、ここまで相手が強いレースは今回が初。
・過去10年勝ち馬が出ていない前走弥生賞組。

続いて本題の追い切りへ。

【PR・オススメサイト】━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業41年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━

激走可能な穴馬が存在!
 皐月賞(GI) プロの3点勝負

皐月賞(GI)無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/3  阪神8R  1万1030円的中
4/2  阪神12R  2万0960円的中
3/26 中京11R  1万9130円的中
3/21 中京8R  2万0910円的中
3/20 阪神8R  1万8200円的中
3/13 金鯱賞   1万0610円的中
3/12 中山7R  4万4730円的中
3/6  中山12R  1万1630円的中

皐月賞(GI)無料公開

皐月賞最終追い切り

※画像は一週前のものになります。

ジオグリフ

可動域が狭い事もあって全体的な動きがこじんまりとして見えるが、活気があって脚捌きも非常に軽く見えるので、高いレベルで出来は安定している。

ただ、力強さには大きく欠けるような走りとなっているだけに、パワーを求められるような競馬になってしまうと分が悪い印象も受けるが、逆にスピードを求められるような競馬になるのは歓迎だと思うので、この馬の長所を活かせるような展開、馬場であれば大舞台でも出番がありそう。

キラーアビリティ

2週続けてビシッと負荷をかけていた事もあって今週はサラっと流す程度の追い切り。

相変わらずパンパンに張ったトモ、馬体は目立つが、今週も身体全体使ったダイナミックなフォームとリズム良く軽快に走る姿は素晴らしく、トモの付け根からガツガツと地面を蹴り上げ、グイグイと前に出る内容を見ると、とてもこの時期の3歳馬とは思えないので、この出来であればホープフルステークスの再現まであってもいいのでは。

ジャスティンパレス

先週負荷をかけられた事で反応の悪さは改善されており、今週は追われるとすぐに反応し、真っ直ぐ安定したフォームで駆け抜けた。

想像以上に硬さは残っているものの、可動域の広さ、身体の使い方を見ると硬いというよりもぎこちないという表現がしっくりと来るので(この馬は以前から少し癖があったので、このぎこちなさはある意味想定内)、久々の影響はありつつも、現時点でやれるだけの事はやったという内容になるか。

イクイノックス

身体の使い方がぎこちなく、狭い可動域と前へ出ない脚もとが悪い意味で目に付くが、重心のブレが一切感じられない点や内面に完全にスイッチが入っている点など、それなりに評価出来るポイントもあるにはあるので、一応ここを目標に馬をつくってきたという感じはする。

それでもトモの張りや全体的な馬体の引き締まり具合を見るとお釣りなしでの仕上げという感じはしないので、良くも悪くも7~8割程度の出来と思っておきたい。

アスクビクターモア

先週の段階である程度仕上がっていたが、今週もしっかりと負荷をかけてくる意欲的な追い切りを消化。

先週同様に今週も身体を大きく使ったダイナミックな動きと広い可動域が目に付いており、肩やトモの張りをみると前走を使って更に状態が上向いているのは間違いなく、この時期の3歳馬の割には頸や身体の使い方も非常に上手い点に加え、現時点での完成度の高さで言えばメンバートップクラスの存在と言えるので、今回はこの完成度の高さで他馬を圧倒してくる可能性も頭に入れておいた方がいいかもしれない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

先週はスターズオンアース、マテンロウオリオン、デゼルと各重賞の好走馬をきっちりと指名。

大混戦という事もあり、追い切りの内容も大混戦となりましたが、その中でもこの馬の出来があたま一つリードしている印象を受ける。

なお、皐月賞の予想など、土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【皐月賞2022予想他】4月16,17日勝負レース

あわせて読みたい今週の記事

【皐月賞2022展望】

【アンタレスステークス2022展望】

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第82回 皐月賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

年末の2歳GIが朝日杯FSとホープフルSに並立するようになったのは2017年からだが、それ以降、実のところ両レースの勝者で皐月賞を制したのはサートゥルナーリアとコントレイルのみ。

近年はノーザンFを筆頭とした“使い分け”が当たり前で、2歳GIを経ずにクラシックを挑む馬の中にも「世代No.1」の逸材が潜んでいることが少なくない。

去年の年度代表馬エフフォーリアは典型的な例であり、皐月賞時は1番人気をホープフルS勝ち馬ダノンザキッドに譲り2番人気だったことは見落としてはいけない。

“使い分け”が多くなったことで、GIで初対決という馬が多くなり、競馬ファンには各馬の力関係をジャッジするのが難しくなっているのは確かだろう。

今年は朝日杯FSを制したドウデュース、ホープフルSを制したキラーアビリティが揃って参戦。更にイクイノックス、デシエルトら無敗馬も参戦予定と、例年と同様の状況となっている。

こうした多士済々のメンバーが揃うと、いわゆる“人気の盲点”となる馬券妙味タップリの穴馬が出現しやすい。去年2着馬タイトルホルダーは後の菊花賞馬だが、弥生賞を勝って臨んでいたにも関わらず8番人気という低評価だった。

コース形態的に紛れが生じやすい中山、しかも連続開催の最終週となればなおのこと。事実、去年は8万馬券、2018年は37万馬券、2017年には106万馬券も飛び出している。

皐月賞を攻略するために必要なのは、確かな情報力と分析力。

弊社シンクタンクにはハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師が情報ルートとして在籍し、騎手、厩舎、馬主、牧場、エージェントなどあらゆる関係者から本音を聞き出すことができる業界最高峰の情報網と、データを分析するプロのスタッフが集結し、しっかりと時間をかけてレースの結論を導き出している。

多くの競馬ファンの方々により競馬を楽しんでもらうため、勝つ喜びを知っていただくため、弊社が独自に入手している【本物の関係者情報】の特別無料公開を行っている。

今週は皐月賞の関係者情報と【馬券候補5頭】を無料公開するので、馬券を購入される方はぜひチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第82回 皐月賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク