【下鴨ステークス2019予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、下鴨ステークスの予想を。アクート、サトノケンシロウ、バレーノロッソ、センテリュオなどが出走する芝2000m1600万クラス、ハンデ戦。

先週数を打たなかった事と買い方を戻した事もあって今週は少し数を打っていきます。

週末の重賞に関する記事はこちら。

【オークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

━━━━━━━━━━━━━━━━━

オークス(GI)3連複10点勝負

過去10年で3連複平均配当9180円
注目GIでプロが買う馬券

 オークスを無料閲覧する方法 

下鴨ステークス

本命は人気ブログランキングへ

普通に走ればアクートやセンテリュオが強いと思うが、少頭数は意外と荒れるので、ここは先週から使い出した新しい印の付け方で攻めていきたい。本命は見せ場のない競馬が続いているこの馬。

先週も書いたようにまだまだこの買い方、印の打ち方は未完成なので詳しい事は書かないが、ここは該当する馬が本馬のみという事もあって印は打ちやすかった。ここに入っても決してレベル的には劣っている馬ではないので、後はこの頭数なだけに力を出し切りさえすれば一撃があっても。

対抗はアクート

去年の秋からタニノフランケル、グローブシアター、シャルドネゴールド、マイハートビートといった力のある馬を相手に差のない競馬を繰り返している馬なので、さすがに1600万クラスの卒業は間近、ここでは能力上位。

良くも悪くも相手なりという詰めの甘さがいかにもこの父の仔らしいが、終わりそうで終わらないのがこの血統の特徴でもあり、完全に不調期のトンネルを抜け出した今、きっかけさえ掴めばこれからどんどん強くなる可能性も秘めた馬と言える。

距離はもう少し長い方が合っているが、これまで10頭立て以下のレースでは(1.3.1.1)とほぼ崩れた事のない馬なので、頭数が揃わなかった今回は勝ち切る大きなチャンスだろう。

▲にセンテリュオ

これまでの実績を考えるとこの馬が一番のクセ者。デビューして馬券に絡まなかったのは重賞のローズステークスのみで、前走の尼崎ステークスも新潟大賞典を勝利するメールドグラース、阪神大賞典2着のカフジプリンスに割って入る強い競馬で結果を残した。

やや脚もとに難がある馬ではあるが、初戦を勝ち上がった直後にオークスを意識された程の器の持ち主。兄弟の持ち場を考えると京都コース替わりは大きなプラスになるであろう今回はまず恥ずかしい競馬にはならないだろう。

人気ブログランキングへ
〇アクート
▲センテリュオ
☆サトノケンシロウ
△チカノワール
△スティルウォーター

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第80回 オークス>

桜花賞組から巻き返す人気薄激走馬は

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気別の成績では、1人気[5.2.1.2]、2人気[1.3.3.3]、3人気[2.0.1.7]と上位人気馬が安定した成績を残しているが、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝し波乱となっている。平均配当では、馬連6500円、3連複9180円、3連単8万3870円。3連単では10万馬券以上が2度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年の桜花賞馬グランアレグリアはNHKマイルC参戦のため不在。桜花賞組が活躍するオークスだが、別路線組からは忘れな草賞の優勝馬ラヴズオンリーユー(3戦無敗)、フラワーCの優勝馬コントラチェック(5戦3勝)などの有力馬がスタンバイ。桜花賞上位組との対決が注目される。

競馬セブンでは桜花賞も◎グランアレグリアから的中。オークスも5年連続的中のドル箱GI。今年のオークス裏づけが取れた確信情報を入手済。絶対にお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

スポンサーリンク