【霜月ステークス2019予想】本命プロトコル

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、霜月ステークスの予想を。サルサディオーネ、テーオーヘリオス、ドリームキラリ、ベストマッチョ、ミッキーワイルドなどが出走するダート1400mのオープンクラス、ハンデ戦。

今週は先週のように後半に東京芝1400m戦が組まれていませんので、ダートではありますがこちらのレースを選択しました。最近はレース傾向が変わった事もあって東京芝1400m戦に比べるとハマる確率はかなり低くなってしまいますが、当たればデカいというのは変わりないので、大外れ覚悟で振り回していきます。

今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【マイルチャンピオンシップ2019予想考察】最終追い切り評価

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第36回 マイルCS(G1)>

競馬セブンでは昨年も◎ステルヴィオから馬連3220円・3連複5480円ダブル的中!マイルGIと言えばNHKマイルC・馬連1万7200円・3連複9万7390円・3連単41万0680円パーフェクト的中を筆頭に桜花賞・馬連4410円・3連複5990円ダブル的中、ヴィクトリアM・馬連3700円的中などの的中馬券をお届け!今年のマイルCSも昨年以上の強力情報を入手!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

霜月ステークス

本命はプロトコル

欅ステークスで本命を打って直線で悶絶した事は今でも忘れていないが、その時に書いた通りこれまで何度も何度も穴をあけている東京ダート1400m戦がツボの馬。よってここ2走から条件が好転する今回は当然迷う事なく本命を打ちたい。

前走のプロキオンステークスや2走前のアハルテケステークスでは結果を出す事が出来ていないが、コース適性や距離に加えて渋った馬場が影響しての着順なので参考外と言えるレースで、得意の東京1400m替わりなら大きな変わり身があっても驚けない。

年齢を重ねて少し道中の行きっぷりが悪くなっている点だけは気になるが、今回の鞍上はこの手のタイプに乗せると非常に怖さがあるので、この人気で買えるなら新たな一面を引き出してくれる可能性に賭けて思いっきり振り回すのも悪くはないだろう。ここで欅ステークスのリベンジといきたい。

対抗は人気ブログランキングへ

結果的に前走相手にした馬のレベルは相当高かったという事になるので、一気の相手ダウンとなる今回は出来さえまともであればあっさりだろう。能力の割にはハンデも恵まれた印象を受ける。

▲にサルサディオーネ

今回の距離に関してはやってみないと分からないが、得意の左回りでの競馬なら普通に走ってきそうな気も。ドリームキラリとの兼ね合いが課題となるが、これまで番手からの競馬でも結果を残せているので、案外こちらの方が展開は向くかもしれない。

☆にドリームキラリ

最近は差し馬が台頭する流れに泣かされているが、相手ダウンの東京コースなら多少ペースが流れても簡単に垂れるような事はない。サルサディオーネがいるので後ろが可愛がるような展開には持ち込めないと思うが、今の馬場なら▲☆の行った行ったまで十分考えられる。

◎プロトコル
人気ブログランキングへ
▲サルサディオーネ
☆ドリームキラリ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

相手を広げるとキリがないレースなので、前回の海外同様にここは思い切って点数を絞って購入したい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第36回 マイルCS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月に香港マイルがあるため、ノーザンファームなど大手牧場の“使い分け”が行われる中でも、春のマイル王インディチャンプなどGI馬5頭が参戦を予定。さらに、毎日王冠で古馬を撃破したダノンキングリーを筆頭に3歳馬が4頭登録と、マイル王を決めるにふさわしいメンバーが揃ったと言えよう。

各陣営、様々な思惑や意図を含んでいるが、その中で注目の1つあげるとするならば、天皇賞から参戦することになったダノンプレミアムの存在だ。レース前から「無事であればマイルCSに行きます」との話を入手していたが、その後「思ったよりダメージがなかった」ためGOサインが出たという。3馬券種完全的中の天皇賞で2着と好走し、改めて能力の高さを証明したが、これまでの脚元の関係でレース間隔を詰めて使うことができなかった馬だけに、状態面のジャッジは重要となる。まして、同馬主の有力馬ダノンキングリーが出走するにも関わらず、“使い分け”しなかったわけだから、陣営の本音、思惑は馬券においても無視できぬポイントとなるだろう。

また、騎乗予定にはムーア、ビュイック、マーフィー、デットーリ、スミヨンとズラリと短期免許の外国人騎手の名前が並び、これも一般ファンにとって馬券を悩ます種になるだろう。これだけ名手が揃えば、ノーザンファームも『ルメールファースト』ではなくなる。騎乗馬を差配する馬主、生産者サイドの思惑、事情などは表に出ない“裏”の情報、コレも重要なポイントだ。

これだけの好メンバーが揃えば、それだけ裏の“思惑”も増えるだけに、一般ファンが自力で入手できる情報には限界がある。つまり、その情報を頼りに馬券を勝っていては、的中に近づくのは困難と言うことだ。

その点は、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった名馬を知り、今なお競馬界に影響力をもつ大物OBが情報ルートとして在籍するシンクタンクの情報網、情報力をお任せいただきたい。トレセン内の情報はもちろん、外厩、牧場、馬主といったトレセン外で一介の記者レベルでは入手できない情報も入手できる態勢を整えている。

今年のマイルCSでは、既にマスコミや一般ファンにとって“人気の盲点”となるであろう穴情報馬の存在をマークしている。そういった表に出ない情報も含めて、今週は特別にマイルCSの関係者情報と【馬券候補5頭】を無料公開する。マイルCSで馬券を獲りたい、勝ちたい方は必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第36回 マイルCS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク