【スプリンターズステークス2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、スプリンターズステークスに出走を予定しているアレスバローズ、セイウンコウセイ、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

大阪スポーツ杯予想結果

5着◎デンバーテソーロ

ながつきステークス予想結果

11着◎ヴァニラアイス

オールカマー予想結果

1着▲スティッフェリオ
2着☆ミッキースワロー
3着…グレイル

4着◎レイデオロ

神戸新聞杯予想結果

1着〇サートゥルナーリア
2着◎ヴェロックス
3着☆ワールドプレミア

スプリンターズS一週前追い切り

アレスバローズ

前半から頭が高く気持ちが全くセーブ出来ていない。更に頸の可動域も狭く、動き全体に硬さがある点はマイナス。

脚も大きく外へ流れており、その影響でスピードに乗れない点も気になるが、それ以上に脚の出し方がバラバラで力強さに大きく欠けている点が今回の大きな減点材料か。文字通りこれといって目立たない動きだった。

セイウンコウセイ

前半はやや動きがもっさりとしているが、直線で軽く追われるとすぐにスイッチが入り、身体を大きく使って力強く駆け抜けた。可動域の広さや脚もとの力強さも目立つ動きで、前走から気配がガラッと変わった印象を受ける。

動き通りであればなかなか面白そうな馬なので、最終追いである程度軽さが出れば穴としてマークしておいた方がいいかもしれない。

タワーオブロンドン

この厩舎らしく軽く流す程度の追い切りだったが、ゆったりとした柔らかく大きなフォームが目に付いている。もともと少し癖のある走りではあるが、自分のリズムを最後まで崩す事なくこの馬なりに安定した走りを披露した。

ただ、馬体はいくらか緩さが残っているので、最終追い切りではある程度強めに追う必要があるだろう。

ダノンスマッシュ

前走の動きが抜群に良かった馬ではあるが、その前走の動きと比較すると一枚落ちという動き。ただ、まだ余力が十分にある点や内面にスイッチが入っている点、そして身体を大きく使ってのびのびと走れている点を考えると負荷をかけられれば弾けそうな感じもする。

タワーオブロンドン同様に最終追い切りで負荷をかけてくるパターンだと思うので、その動きをみて判断したい一頭。

穴馬の一週前追い切りに関する記事はこちらから。

【スプリンターズステークス2019追い切り】

予想オッズ

1 ダノンスマッシュ 2.4
2 タワーオブロンドン 3.2
3 モズスーパーフレア 8.0
4 ミスターメロディ 8.6
5 ディアンドル 11.4

最後にスプリンターズSの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

残りの馬の追い切りに関しては明日以降に追加で更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年のスプリント王ファインニードルが引退、春の高松宮記念ではミスターメロディが新たなスプリント王に名乗りを上げる結果となったが、前哨戦とは言えセントウルSで8着と不安を残すスタートを切り、再びスプリント路線は混沌の色を増してきた。

そもそも、高松宮記念は内々を上手く通ってきた馬たちによる決着であったため、「あれが実力通りではない」と見る関係者は多かった。人気を背負っていたダノンスマッシュは、薬物騒動で色々ありながらもキーンランドCを快勝してリスタートを決め、スプリント路線に矛先を替えたタワーオブロンドンがサマースプリントのチャンピオンに輝くなど、この路線は夏場にも動きがあり、この1戦は見応え十分、馬券的にもかなり面白くなるだろう。

注目の1つとなるのが、桜花賞馬グランアレグリアの参戦だ。これまで見せてきたスピード能力は言うまでもなく高いが、スプリントとなれば話は別。まして初距離でブッツケ、中山も初めてと初物尽くしとなる。しかも、藤沢和厩舎はタワーオブロンドンと2頭出しとなる。この参戦の裏にある思惑は、馬券においても大きなカギとなるだろう。そこには、GIにおいて無視できぬノーザンファームの存在の影もちらつく。

実は、ノーザンファームが最も結果が出ていないGIがスプリント路線。ノーザンファーム関連馬がスプリンターズSを勝ったのは2008年のスリープレスナイトが最後、過去10年において生産馬がスプリンターズSを勝っておらず、連対すら僅かと明らかに不得手としている。そもそも、「生産や育成のコンセプトがスプリントに向いていない」との話もあり、この路線に力を入れてこなかった感はあるのだが、グランアレグリア、そしてステルヴィオまで参戦させる今年は何やら様相が違う。だからと言って、単純に“買い”となるほど、競馬界の内情は簡単ではない。

ライトな馬券購入者が増えるGIは、新聞を売るために世間に流布する情報量は多くなるが、大半は当たり障りない情報であり、そういった情報を参考にするから、外れ馬券を掴むことになるのだ。

弊社シンクタンクには、重賞の情報に特化した『重賞特捜部』が存在し、直前まで本物の関係者情報を入手し、様々なデータ分析を行っているから、枠順確定前に予想印が打たれるような新聞紙とは圧倒的に精度の違う情報をお伝えすることができる。

そこで、今週はシンクタンクの情報を体感されたことがない方に限り、スプリンターズSの関係者情報と【情報注目馬5選】を特別に無料公開。ぜひとも、確かな情報を知ってから馬券を買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第53回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク