【スプリンターズステークス2018予想オッズ】穴馬一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は週末の日曜の中山メイン、スプリンターズステークスに出走を予定しているキャンベルジュニア、ナックビーナス、ファインニードル、レッドファルクスの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

とりあえず穴っぽい馬と有力馬数頭の追い切りから触れていこうと思いますが、残りの馬もおそらく追加すると思います。なお、本日は交流重賞もありますのでこちらの記事は軽くいきます。

大阪スポーツ杯予想結果

1着◎ヴェンジェンス
2着…カネトシビバーチェ
3着〇ヤマニンアンプリメ

単勝 740円

対抗馬がしっかりと馬券になるも痛恨の2着抜け。本命対抗の馬連、3連複はそこそこ持っていましたが、さすがにオッズがオッズだったのでワイドまでは手が出ず。残念ながら単勝のみの的中で微々たるプラスに終わりました。1人気のコパノキッキングが怪しかっただけに人気薄もがっつりと重ねるなど強気に攻めましたが、本命対抗が馬券になってこれでは何とも。

セプテンバーステークス予想結果

1着☆モズスーパーフレア
2着〇アドマイヤナイト
3着◎ナンヨーアミーコ

3連複 6,590円

3連単 29,300円

ここは買い方もハマりました。予想の欄でここは印以上に買い方で勝負したいレース、と書いたように、馬券は先行馬が残るが最後に◎ナンヨーアミーコが突っ込んできて届かないという感じの馬券を購入。☆モズスーパーフレアもピンかパーというタイプと書いたように、来るなら頭、頭がないならどこにもいないという感じで印を打ったのでここも上手くいきました(出来ればアドマイヤナイトの頭が欲しかったですが…)

これでセントライト記念に続いて中山で連勝。配当はそこまでですが、どちらのレースも印上位で決まった事と買い方がハマった事が大きかったです。

芙蓉ステークス予想結果

3着◎カイザースクルーン

※印は本命馬のみの為、こちらは着順だけ。

神戸新聞杯予想結果

1着▲ワグネリアン
2着☆エタリオウ
3着…メイショウテッコン

9着◎アドマイヤアルバ

散々本命馬を迷ったレースでしたが、結局当たりは引けず。朝までは☆エタリオウの本命も考えましたが、仮にこちらを本命にしていても頭固定の馬単を購入していた可能性が高かったのでどちらにしてもハズレ。

オールカマー予想結果

1着〇レイデオロ
2着△アルアイン
3着▲ダンビュライト

7着◎ガンコ

ここはがちがちでしたね。これは100回予想しても当てる事が難しいレースでした。

3点勝負買い目を無料公開

スプリンターズステークス一週前追い切り

キャンベルジュニア

フォームは少し乱れるも豪快な動きで可動域の広さも目立つ。脚もよく上がっており、地面を捉えた時の力も相当強く感じるが、その分だけスピードに欠けてしまう走りなので距離を考えるとその点がどうでるか。前走時と比較すると硬さが出ているので、最終追い切りではその辺りを注意して動きを確認したい。

ナックビーナス

ゆったりとしたフォームで自分のリズムで走れているが、調教パートナーに食らいつくことが出来ずラストは脚もあがった。馬体が少し緩く感じる点も気になるポイントで、負荷がかかっていないのも減点が必要となる。脚の回転の速さ、力強さは問題ないので疲労という点では問題ないかもしれないが、最終追い切りでがっつり追われていない場合には疑いの目で見たほうがいいかもしれない。一週前追い切りはやや怪しさが先行する形となった。

ファインニードル

前半は軸がブレてしまうので怪しい感じがしたが、追われてからの反応が抜群でフォームも美しい。可動域も広く馬体以上に動きが大きい点には好感が持てる。パワフルという表現が正しいのかもしれないが、その割にはスピードもあり、最後まで気を抜くことなく走り切った。頸と脚のリズム、トモの張りとどこを取っても悪い点が見当たらない。まず好調。

レッドファルクス

まずこの馬に関しては硬さがない点は評価したい。フォームも沈み、馬体にも最低限の柔らかさがある。ただ、追われた時の反応が非常に悪く、手応え以上のものは勿論ではあるが、とにかく動きが鈍い。脚捌きにも重苦しさがあり、馬体をみてもまだ緩い。この馬に関しては最終追い切りに全てがかかっている。

予想オッズ

ファインニードル 2.0
ナックビーナス 3.9
レッドファルクス 6.9
レッツゴードンキ 8.6
アレスバローズ 14.2

最後にスプリンターズステークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

このオッズで買えるなら普通に本馬が面白い。去年はレッドファルクスから◎ブリザードに印を変更して悶絶しましたが、今年はしっかりと本線で仕留めたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第52回 スプリンターズS(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

前哨戦のセントウルSを快勝した春のスプリント王・ファインニードルに、前人未到のスプリンターズS・3連覇を狙うレッドファルクス、前走で復活を果たしたセイウンコウセイなどのGI馬を筆頭に、今年のサマースプリントシリーズで活躍した面々が参戦。香港からはGI馬・ラッキーバブルズが来日し、今年も札幌で勝ち星を量産したJ.モレイラ騎手も再び短期免許を取得しナックビーナスに騎乗と、多士済々なメンバーが顔を揃え、秋のGIシリーズ開幕戦は、一層注目が集まる楽しみな1戦となった。

『春の実績馬VS夏の上がり馬』の構図に加えて、香港馬が参戦と、一介の競馬記者や一般ファンにとっては、メンバー間の能力比較に悩まされることになることも事実。特に香港馬・ラッキーバブルズは、世間的には”得体が知れない存在”という扱いを受けるだろうが、当社シンクタンクは春のGI・宝塚記念で、10番人気だった香港馬ワーザーから【馬連9200円的中】をお伝えしているように、海外競馬事情にも通じる情報ルートが在籍しており、外国馬であっても的確な評価を下すことができる。世間が“難解”や“混戦”と思うレースほど、我々の情報力が存分に生きることになり、高配当的中も狙いやすくなるのだ。

そして、中山芝1200mは、コース形態や、当日の馬場状態、レース展開、枠の内外の有利不利が、着順に大きく影響する条件でもある。現在9年連続万馬券決着となっているのは、過去に内枠を引いて何もできずに終わってしまった人気馬がいることも一因。『GIしか買わない』というライトな競馬ファンが、枠順や当日の馬場状態を考えずに打たれた新聞の予想印を頼りに”危険な馬券”を買ってくれることも、高配当を演出する大きな材料となっている。

無論、当社シンクタンクは、直前まで関係者から生の情報を入手した上で、多角的にレースを分析。それらが融合されて最終結論を導き出しているからこそ、マスコミとは“精度”の違う情報をお届けすることが出来ている。そこで、今週は万馬券を狙えるスプリンターズSの【3連単馬券】の情報を、シンクタンクの情報力を体感されたことがない方だけに特別無料公開させて頂く。この絶好機を是非とも見逃さないで欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第52回 スプリンターズS(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク