【スワンステークス2018出走馬】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

予定よりも遅くなりましたが、本日は土曜の京都メイン、スワンステークスに出走を予定しているキングハート、グァンチャーレ、コウエイタケル、デアレガーロ、ヒルノデイバロー、ベステンダンク、モズアスコット、レーヌミノル、ロードクエストの最終追い切りに関する記事を。

天皇賞・秋などの最終追い切りに関する記事はこちら

スワンステークス最終追い切り

キングハート

脚裁きが鈍く、全体的に動きがぎこちない。身体、頸も全く使えておらず、こじんまりとした動きが目立っている。脚の回転の遅さからスピードは全く感じられないので、今回の舞台設定を考えると推せるポイントは見当たらない。

グァンチャーレ

ちょっと癖を出す点は割り引くが、気性面が表に出た事はプラスとして考える。脚、頸のリズムも良く、負荷もしっかりとかかっているので仕上がりとしては悪くなさげ。馬体以上に馬も大きくみせており、脚裁きの軽さを考えると馬は出来たか。トモに緩さもない。

コウエイタケル

仕掛けられた時の反応が抜群で、かるく追われただけで一瞬でスイッチが入って相手を突き放した。脚の回転は速い割には動きが硬い印象を受けるが、頸はしっかりと使えており、フォームも安定しているので調子は悪いという事は考えられない。馬体もパンパンに張っており、年齢を感じさせない仕上がりと言える。当然力は出し切れる出来にある。

デアレガーロ

フォームは乱れないが、手応え以上のものは感じられず、若干ではあるが最後は脚があがりそうになっている。気性面が表に出ている事は悪い印象は受けないが、ちょっとピリピリとしすぎている影響か発汗が目立っている点は割り引いて考えたい。それでも馬体に寂しさはなく、ひばらのラインをみても細い印象は受けないので、最低限の出来にはあるも、特に目立って推せるポイントは見当たらなかった。

ヒルノデイバロー

馬体以上に動きが大きく、非常にダイナミックな走り。当然力強さを感じる走りといえ、可動域の広さをみても前走からの上積みすら感じられる。スピードこそ平凡ではあるが、追われた時の反応も抜群で、最後までしっかりと脚を使い切った点は評価したい。出来だけで言えばまず前走以上。

ベステンダンク

フォームが硬く、頸を使えていないがリズムは悪くない。軸がしっかりとしているので動かないなりにも走りは綺麗に見えるが、特に目立った動きではないので、評価としては非常に難しい1頭と言える。年齢を考えるとまずまずも、スピード感はイマイチのように思えるので、ここは割り引いて考える。

モズアスコット

とにかく動きがダイナミックな割に柔らかい。久々を感じさせない動きで、可動域も非常に広い。フォーム、リズム、脚裁きとどこも減点がなく、シンプルに良い動き、出来だったと言える。この馬に関してはこれ以上何も書く必要はないだろう。

レーヌミノル

頭の位置が安定しないが、きびきびと活気のある動きが目に付く。脚の回転も速く、乗った時のスピードも上々。全盛期の動きと比べると少し身体を使えていないような感じもするが、今でも最低限の動けているので、衰えを差し引いても出来は悪くない印象を受ける。

ロードクエスト

動きが大きく力強い走りと言えるが、馬体が少し緩く、トモの張りもイマイチ。それでも十分馬は動いており、手応えを考えると内容としては悪くない。欲を言えばもう少し負荷をかけてほしかったが、このぐらいの相手であれば…という感じ。ただ、今回の舞台で全体的にスピードに欠ける動きと言える点をどう取るか。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

この後アルテミスステークスの記事を追加で更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第158回 天皇賞秋(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワグネリアン、ダノンプレミアムの回避は残念だが、それでもレイデオロ、マカヒキと2世代のダービー馬が参戦。その他にも、ヴィブロス、アルアイン、スワーヴリチャード、キセキ、ミッキーロケットとGI馬がズラリと名を連ね、今年の天皇賞(秋)も豪華な顔ぶれが揃い、目の離せない1戦となることは間違いない。

となれば“馬券”に関しては頭を悩ます人も多くなるのは言うまでもないだろう。競売新聞、スポーツ新聞など各メディアの取材は集中し、ネットや新聞上に流れる情報量は多くなるものの、そこに“核心”へと迫る情報が少ない。「デキが良くない」とバカ正直に話し、スポンサーである馬主の機嫌を損ねるよう必要もなく、誰の目にも触れるような場で“本音”を語ることはデメリット、リスクでしかないからだ。

また、権威と名誉を重んじる馬主の中には、何としても伝統ある『天皇盾』のタイトルが欲しいという人もいる。かつては、某馬主が軍団を集め、天皇賞を取るための決起集会と作戦会議を行ったという話もあったほど。しかし、こうした馬主絡みの勝負話が一般に出回ることはホボない。

近年は外厩制度が充実し、仕上げは厩舎ではなく外厩主導で行われることも多くなった。トレセン外での情報が非常に重要性を増している訳だが、新聞社の記者達はそこで取材に行っているわけではない。こういう部分にも情報の盲点はあるわけだ。

10月に創業24週年を迎えたシンクタンクは、古くから会員様に、ご支持とご愛顧を賜るとともに、多くの競馬関係者の賛同と協力を得ているからこそ、競馬関係者から内部情報を入手できる。厩舎関係者はもちろん、牧場関係者や馬主、ジョッキーサイドに親しい関係者など、様々な関係者から情報を入手することができ、核心に迫る本音の部分を聞き出している。10番人気◎ワーザーを本命に指名して【馬連9200円的中】を掴んだ宝塚記念、9番人気◎モズアスコットから【馬連7370円的中】となった安田記念など、今年の春も、シンクタンクの情報力を結果で証明してきた。

今年の天皇賞(秋)でも、既に当社情報ルートが“人気薄の激走穴馬”の存在をマーク済み。本来であれば無料公開は……という情報ではあるが、今回は特別も特別、初めて弊社の情報を入手する方に限り【天皇賞・◎-穴1点馬券】の情報を無料公開させて頂く。このチャンスを絶対に見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第158回 天皇賞秋(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク