【秋華賞2017】予想考察・ディアドラ、リスグラシュー馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は秋華賞に出走予定の有力馬、ディアドラとリスグラシューの馬体診断の記事を。

昨日またまたブログの調子が悪かったので上手く記事が反映されていなかったかもしれません。一応修正しましたのでおそらく大丈夫かと思います→ファンディーナ、ラビットラン馬体診断

まずは府中牝馬ステークスの注目馬をあげておきます↓


人気ブログランキング

馬券的にはこちらのレースも面白そうですね。先週に続いて連勝といきたいです。

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

三連単が3回に1回的中する「コラボ@指数」という独自の指数を元に予想していて
「安定した的中率」「高配当の馬券」競馬で勝つための条件を兼ね備えたサイトです。

今週の大勝負レース!秋華賞の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

秋華賞馬体診断

ディアドラ

オークス後から秋華賞馬と推していた馬が前走で重賞を勝って人気馬として本番に挑む。他の有力馬は前走で結果を出せなかったり故障でリタイアしたりと決して順調とは言えず、その影響でこの馬が繰り上がって人気となる点は想定外も、順調に駒を進めて来れた点は素直に喜びたい。

ここ3走のレースを見ているとオークスの2400mは明らかに長く、その中でも4着に健闘。2走前は順当勝ち、前走は着差以上に強い内容での勝利と今年の牝馬中距離路線なら主役扱いでいいだろう。2走前は大幅に体重を減らして来たが、前走でしっかりと体重を戻してきた辺りは好感が持てる。

前走の展望でもともとピリッとしたタイプでスイッチは入りやすい馬ではあるが、内面を考えれば馬体は多少ふっくらと見せ、身体全体を大きく使って歩く馬。後ろ脚も良く伸び、この産駒にしては柔らかく骨格はしっかりしているがシルエットは重苦しさを感じさせない馬体が特徴的と書いたが、紫苑ステークスのパドックではまさにこの通りだった。2走前が少し物足りない印象を受けたので成長力を心配したが、全く成長していない訳でもなかった。

ただ、こちらがオークス後に想像していた程の成長は感じられないのでやはり本格化はもう少し先になりそうも、3歳馬限定戦なら能力は十分足りるか。アドマイヤミヤビの戦線離脱もあってローズステークス組みとの力差を測る事が難しくなったが、リスグラシューの競馬を見る感じでは互角以上の可能性も。当初思っていたように距離を考えるとエリザベスよりもこちらと思うのでそれなりの印は打つ予定も、成長力と有力馬の戦線離脱もあって想像以上に人気を集めそうな点を考えると印の付け方に迷う1頭。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第22回 秋華賞(G1)

   先着100名様限定!
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
     特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

リスグラシュー

ちょっとした理由で今まであまりこの馬の馬体には触れてこなかったが、有力馬の1頭には違いないのでここで解禁します。

チューリップ賞、桜花賞、オークス、そして前走のローズステークスとパドックを見比べてみると明らかに桜花賞時の出来がずば抜けて良い。早い段階からオークスで注目していたが、桜花賞で完全に仕上がってしまった影響もあってオークスの予想でも、リスグラシューは正直買い材料はそれなりに揃っているが前走で完全に馬が仕上がってしまっていたので、今回は輸送を考えると前走以上の状態で出走出来る可能性は高くなさそうな点が気になり▲とした、と書いたように、やはりこの時は出来落ちも敗因の1つと思われる。

前走のパドックではいつものように線は細いが馬体重以上に大きく見せていて、休み明けにしては気合乗りや踏み込みもしっかりしていた。理想はもう少し馬体重を増やして欲しかったがこれは仕方なし。それ以上に段々と馬体にハーツクライっぽさが出てきている点に好感が持てた。同期のハーツクライ産駒、アドマイヤミヤビの馬体と比べてしまうと1枚落ちるも、こちらも馬体上部に筋肉が綺麗に付いていて後脚の伸びも水準以上。桜花賞時と比べるとまだまだ上がり目があるのは間違いないので、本番のここでメイチか。

当然距離延長は問題ないのでここでも主役扱いでいいと思うが、前走の阪神1800mでギリギリ3着という点を考えると、今回の京都2000mでも間に合わない可能性が高い。前にどこかの記事で書いたと思うが、左回りのアルテミスステークスの時が一番強く感じた馬で、個人的な考えとしてG1を勝つなら右回りではなく左回り、例えばヴィクトリアマイル辺りのような気もするが。

府中牝馬Sの注目馬はこちら↓


人気ブログランキング

明日は交流重賞の予想か府中牝馬Sに関する記事を更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第22回 秋華賞(G1)

   先着100名様限定!
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
     特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

オークスを完勝した世代トップのソウルスターリングが、天皇賞・秋へと向かうこととなり、王者空位の状況で迎えることになった秋華賞。前哨戦が終わる前から混戦ムードが漂っていた中、オークス3着馬のアドマイヤミヤビが屈腱炎で引退し、前哨戦のローズSではオークス2着馬モズカッチャン、皐月賞で1番人気になったファンディーナ、桜花賞馬レーヌミノルらが揃いも揃って着外。紫苑Sではオークス4着馬・ディアドラが勝利したとは言え、着差はわずかにハナ差と決して突出した存在とは言えない。世間一般の目で見れば、春の実績馬と夏の上がり馬の実力差を測りかねる状況、混戦ムードに拍車が掛かったことは言うまでもない。

事実、今年もシンハライトが前哨戦後にリタイアした昨年同様「ウチの馬にもチャンスが出てきた」と色めきだつ陣営は少なくない。だからこそ、自ら他陣営のマークがキツくなるような強気なコメントは出さず、あくまで建前に終始することになる。世間に出回る情報は錯綜し、ますますアテにならなくなるのだ。

そんな状況だからこそ、本物の関係者情報を入手できる、元調教師が率いるシンクタンクの【重賞特捜部】の力が存分に発揮される。現在、当社が最も注目している馬が○○○○○○○○だ。「○○も本当はこの馬のことをエラく気に入っていて、レース後に『秋華賞でも楽しみ』ってハッキリ言っていたみたい。まあ、色々とワケあって○○○○になったけど、そこはそうなる可能性はわかっていたから全然気にしてなかったよ。いかにもココを狙っていたという使い方をしてきたし、前走から上積みも見込めるからね。ココで大仕事しても不思議ないムードがある」とは某厩舎関係者の談。

マスコミが『混戦』と喧伝すればするほど、人気が割れて万馬券決着はホボ確実。今夏のキーンランドカップにて、12番人気◎エポワスから3連単11万4130円的中の立役者となった当社シンクタンクの重賞特捜部は、今年の秋華賞は10万馬券を超える特大万馬券になる可能性も十分にあると見ている。そこで、今週は秋華賞の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。秋華賞の馬券を買うのであれば、コレは絶対にチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 第22回 秋華賞(G1)

   先着100名様限定!
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
     特別無料公開!

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク