【秋華賞2018予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、G1秋華賞に出走を予定しているアーモンドアイ、カンタービレ、ラッキーライラックの一週前追い切りの記事と先週の予想結果を。3日開催後なのでまずは軽くいきます。

サウジアラビアRC予想結果

1着〇グランアレグリア
2着△ドゴール
3着△アマーティ

4着◎ドラウプニル

中途半端、振り切った予想が出来なかった事が全てでしょう。振り回すなら中間動いていた△ドゴールを本命にすべきレースでしたが、ここは本当に下手くそでした。

オパールステークス予想結果

11着◎トゥラヴェスーラ

毎日王冠予想結果

1着〇アエロリット
2着▲ステルヴィオ
3着△キセキ

6着◎サトノアーサー

馬券はサトノアーサーの取りこぼしを狙いましたが、ここは取りこぼしすぎ。ここでキセキを評価するのはどうしても難しかったですし、予想としては完敗でした。すみません。

凱旋門賞予想結果

1着☆エネイブル
2着〇シーオブクラス
3着△クロスオブスターズ

13着◎タリスマニック

この予想は失敗でした。8割〇シーオブクラスが勝つと思って印を付けた時点でハズレ。エネイブルを少し疑いの目で見てしまった事も終わってみれば普通すぎる予想でしたし、もう少しズレた予想が出来なかった事は大きく反省すべき点です。出直します。

京都大賞典予想結果

1着△サトノダイヤモンド
2着△レッドジェノヴァ
3着△アルバート

5着◎ブレスジャーニー

外すなら軸馬の4,5着と思っていた嫌な点が的中。

今年はここまで大きな不調もなく順調に来ていましたが、ここに来て大失速。この3日開催の予想は今年一番のダメ予想となりました。得意の海外重賞も外してしまい、何もかもがダメ。おまけに当たったと思ったWIN5がまさかの配当…。ちょっと嫌な予感がしますが、この流れを引っ張らないように今週末はしっかりと勝てる予想が出来るように頑張ります。

3点勝負買い目を無料公開

秋華賞一週前追い切り

アーモンドアイ

馬なりではあるが調教パートナーに並びかけると楽に交わして最後までほぼ強く追われる事なくフィニッシュ。とにかく反応が抜群に良く、スピードの絶対値が他の馬とは全く違う。ひばらのラインを見るとさすがに緩さはあるものの、緩さがあってもこの動き。肩甲骨のつくりがいかにもこの厩舎らしくなってきたが、本馬に関しては硬さはなく、フォームもしっかりと安定している。久々の影響はあるとは思うが、一週前追い切りとしては十分な内容と言えるので、このひと追いである程度馬体に張りが出れば。

カンタービレ

終始手応えは楽だったがとにかく動いた。調教パートナーはかなり強めに追っているが、こちらは馬なり。それでもあっさりと突き放す程の内容。馬体以上に馬も大きく動いており、可動域も広く、そして力強い走り。脚の回転も速く、追われた時の反応も抜群で頸と脚のリズムも申し分ない。馬体の張りはやや物足りない感じもするが、それでも一週前。負荷がある程度かかっているので、最終追い切りで楽をさせてしまうとちょっと…という感じもするが、G1であればその点は気にしなくても大丈夫だろう。

ラッキーライラック

脚裁きが鈍く、馬体全体に余裕がある点が目に付く。いかにも久々という感じの仕上がり、動きといえ、一週前とはいえ、ちょっと不安が先行する追い切りとなってしまった。ただ、可動域は広く、柔らかみのある走りではある。馬体が絞れる事、内面が活性化する事と色々と課題を残しているので、全ては最終追い切りにかかっている1頭と言える。

予想オッズ

アーモンドアイ 1.3
ラッキーライラック 4.5
カンタービレ 5.9
サラキア 9.2
プリモシーン 10

ここはアーモンドアイが3冠の期待込みでかなり抜けた人気になるか。春の実績からラッキーライラック、前走の内容からカンタービレが続く。

最後に秋華賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

アーモンドアイは当然有力ですが、この馬もこの人気で買えるのであれば面白いでしょう。後は枠順次第。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第23回 秋華賞(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞、オークスを完勝したアーモンドアイにとって3冠が懸かる1戦だが、陣営が選択したのはブッツケでの参戦。桜花賞もシンザン記念からの臨戦で圧巻のパフォーマンスを見せただけに、死角らしい死角が見当たらぬとも言え、この馬が主役であることは事実。しかし、競馬に『絶対』が無い以上、蟻の一穴から崩れる可能性はゼロではない。

ただ、むしろ不安が残るのは春の上位馬たち。2歳女王ラッキーライラックはローズSを回避し、予定外のローテーションで本番へ。そして、オークス2着のリリーノーブル、同4着レッドサクヤ、同5着マウレアも戦線離脱し、オークスで人気の一角だったサトノワルキューレまでもが年内休養が決定している。しかし、この状況に「馬券的には面白くなってきたで」とほくそ笑むのが、事情通の某関係者だ。

「アーモンドアイは別格としても、ラッキーライラックも万全じゃないんやったら、他は横一線みたいなもんやろ。それでも2頭に人気が集中するんやったら、オイシイ馬券を狙えるチャンスがあるちゅうことや。○○○○○○○○○な、春とは馬が全然違うわ。『勝てる』とは言わんかったけど、コレは○○も楽しみにしとったで」

世間一般の興味、マスコミの取材はアーモンドアイへと集中するだけに、某関係者が狙う○○○○○○○○○だけでなく、他陣営に対するマークは薄くなるのが必定。そうなれば、あらゆる関係者からを確かな話を入手することができる当社シンクタンクの情報力が生きることになる。“1強ムード”の時ほど、ヒモが紛れて高配当決着になることは、GIのみならず平場戦でもよくあることをご存知の方は少なくないはずだ。

そこで、今年は重賞特捜部も自信を持って狙う【秋華賞・◎-穴1点馬券】を特別に無料公開する。馬券を購入される方にとって、知っておいて損はない情報となることは間違いない。是非とも競馬関係者が入手した生の情報をチェックして頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第23回 秋華賞(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク