【高松宮記念2019予想考察】穴馬 一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、高松宮記念に出走を予定しているティーハーフ、ヒルノデイバロー、ペイシャフェリシタ、ミスターメロディ、ラインスピリット、レッツゴードンキ、ロジクライの一週前追い切りに関する記事を。

その他高松宮記念に出走を予定している馬の一週前追い切りに関する記事はこちらから。

【高松宮記念2019予想オッズ】注目馬 一週前追い切り・調教評価その1

3点勝負買い目を無料公開

高松宮記念一週前追い切り

ティーハーフ

頭の位置が安定せず、重心のブレもみられる。追われてもヨレており、脚が外へ流れている点も大きく割り引く必要がありそう。負荷をかけられている点は良いものの、追っても追っても全く伸びず、最後は調教パートナーに軽く捻られてしまう始末。ここ2走の内容は評価したいが、馬体や動きからは買える要素が見当たらない。最終追い切りでどこまで変わるか。

ヒルノデイバロー

フォームは安定しているが、可動域が狭く脚が全く前へ出ない。肩やトモの張りも感じられず、馬体の緩さが目についている。何より馬に覇気が感じられず、馬なりだったとはいえ調教パートナーに全くついていけなかった点は気になるポイントと言える。これだけ動きに硬さがあって内面にスイッチが入っていない馬が後一週で立て直せるとは思えず、おそらくこれは調子というよりも年齢的な衰えと思った方がいいだろう。とても買えない。

ペイシャフェリシタ

気性面が表に出ていて癖が強いが、ラチギリギリを通ってグイグイと加速していくなかなか面白い動き。身体も大きく使えており、走りは非常にダイナミック。スピードだけではなくパワーも兼ね備えた走りで、一週前からこれだけ動く事が出来れば十分では。人気はないと思うが、今回の動きからすると狙えそうな馬かもしれない。当然好調。

ミスターメロディ

前半は大きく左右にフラれる場面が見られ、重心のブレが目立つ動き。ほぼ負荷をかけられていないので何とも言えないが、調教パートナーには全く食らいつく事が出来なかった点は割り引いて考えたい。馬格がある割には動きもこじんまりとしており、肩の筋肉の緩さも気になってしまう。このひと追いで馬体が引き締まれば。

ラインスピリット

前半からスピードに乗って軽快な動きを披露。自分のリズムもしっかりと守って走れており、その影響もあって最後の最後まで乗ったスピードを持続させながら走れていた。当然スピード感は抜群で、脚の回転が速くない割には軽さがある点には好感が持てる。馬体以上に動きも大きく、可動域の広さをフルに活かした動きだった。まず好調だろう。

レッツゴードンキ

いつも追い切りは抜群に動く馬だが、今回も一週前から豪快で迫力のある動きを披露してきた。牝馬とは思えない程胸が厚く、その割には脚がよく前へ出る。ガツンとした筋肉を持つ馬ではあるが、走りに重厚さはなく、非常に品がある点がいかにもエリート牝馬といった感じか。しっかりと負荷もかけられており、馬場の真ん中を真っ直ぐ力強く駆け抜けた辺りが調子の良さを物語っている。あまり過信は出来ないが、とても高齢牝馬とは思えない動きだった。

ロジクライ

体高とフレームの影響で威圧感があるが、走りに重苦しさは一切感じられない。フォームも美しく、楽な手応えで調教パートナーを一瞬にして突き放したように、積まれてるエンジンが相手とまるで違う印象を受けた。ただ、ラストの伸びは素晴らしいが、どちらかといえばスピードよりもパワー寄りに出た走りなので、1200mという距離に関してはあまり歓迎とは言えない気もするが。

最後に高松宮記念の注目穴馬(一週前追い切り注目馬)をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

荒れるならこの辺りの馬が絡んで来た時では。追い切りでも動いているので、最終追い切り、枠順次第ではそれなりに警戒したい1頭。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第49回 高松宮記念>

人気の盲点となる激走穴馬が
穴馬券のキーホース

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、1人気で優勝したのはビックアーサー、ロードカナロア、キンシャサノキセキの3頭のみ。短距離界の王者が人気に応えているが1人気が人気を裏切るケースも多い。上位人気馬が総崩れする事はないが過去10年でも、ナックビーナス(18年10人気3着)、ハクサンムーン(13年10人気3着)、アーバニティ(11年11人気3着)、ソルジャーズソング(09年15人気3着)などの二桁人気馬の伏兵が馬券圏内に好走し波乱の立役者となっている。

過去10年、人気別の成績では、1人気[3.1.3.3]、2人気[2.3.0.5]、3人気[3.2.3.2]。平均配当は、馬連3080円、3連複1万2900円、3連単6万2090円。3連単では10万馬券を超える特大馬券が3度出ている。

また、過去10年でもキンシャサノキセキ(10年11年連覇)、サンカルロ(11年2着12年2着)、ロードカナロア(12年3着13年1着)、ハクサンムーン(13年3着15年2着)、ミッキーアイル(15年3着16年2着)、レッツゴードンキ(17年2着18年2着)などリピーターが好走するレースでもある。

今年の高松宮記念は大混戦模様、GI馬の参戦はスノードラゴン、セイウンコウセイ、レッツゴードンキの3頭だが、スノードラゴン、セイウンコウセイは近走成績が不振で年齢的にも大きな上積みもなく厳しい状況だ。新興勢力ではダノンスマッシュ、モズスーパーフレアなど連勝中の勢いがある。

実は競馬セブンではとある陣営の勝負情報を独占入手!騎手・調教師・厩務員が揃って「勝てる!」と豪語するとある陣営の勝負馬とは!?また、有力馬の不安情報を極秘入手!関係者情報を入手できる競馬セブンだからこそ知り得る極秘ネタ!週末の情報はお見逃しの無いようにご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『高松宮記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク