【宝塚記念2022予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、宝塚記念に出走を予定しているアリーヴォ、エフフォーリア、オーソリティ、タイトルホルダー、ポタジェの最終追い切りに関する記事を。

2022年6月26日(日曜) 3回阪神4日
第63回宝塚記念GⅠ
3歳以上 オープン(国際)(指定)定量
コース:2,200メートル(芝・右)

上半期最後の大レース、宝塚記念の予想や土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【宝塚記念2022予想他】6月25,26日勝負レース

有力馬ポジティブポイント、ネガティブポイント

タイトルホルダー

・前走の天皇賞春を圧勝。
・ハナを切れば相当うるさい。
・逆にハナを切れない、自分の形に持ち込めない時は良さが引き出ない。
・よって今回は強力な同型との兼ね合いがポイントになる。
・距離も少し短く感じる。
・前走から一気の相手強化。

エフフォーリア

・現役最強馬。
・非根幹距離での勝利実績あり。
・ただ、前走で伸び切る事が出来なかったのは気になる材料。
・実績に乏しい阪神(関西圏)コースへの対応。

オーソリティ

・強豪馬が揃った前走のドバイで3着と勢いあり。
・更に去年JCで相手にした馬のレベルを考えると今回は相手にも恵まれた印象も。
・父が勝利しているレースという事を考えるとコースも合わない事はなさそう。
・ここまで何度も崩れている右回りでの競馬。
・これまでとは求められる適性が異なる馬場、コースへの対応。

デアリングタクト

・叩き2走目。
・ここまで相手にしてきた馬のレベルを考えると一応今回は相手にも恵まれた?
・ただ、相手は軽くなるとはいえ、近走のレース内容を見ると今回の相手でどこまで、といった印象も…。
・好走に持ち込むには馬場、枠の恩恵を受けたいタイプ。

パンサラッサ

・強豪馬が揃った前走のドバイを勝利。
・行き切った時の粘りは相当。
・同型との兼ね合いは大きなポイント。
・実績に乏しい阪神での競馬。
・距離延長への対応。
・ここまで好走している条件とは求められる適性が異なる馬場への対応。
・鞍上。

ポタジェ

・前走で強豪馬を撃破して初G1制覇と勢いあり。
・崩れた事のない阪神での競馬。
・ただ、前走は馬場などが向いた事も事実。
・距離延長への対応。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

上半期最後の大勝負レース、宝塚記念!

◎ユニコーンライオン、◎モズベッロ、◎ワーザー、◎ショウナンパンドラなど、穴馬を毎年指名している超ドル箱レース!

今年の主役はタイトルホルダー、エフフォーリアではない!

【宝塚記念注目穴馬】

毎週のように推奨馬が上位を独占!

目黒記念情報注目馬5選

②ボッケリーニ(2人気)→1着
⑧マイネルウィルトス(6人気)→2着
⑨ディアマンミノル
⑯ウインキートス(8人気)→3着
⑰パラダイスリーフ

函館スプリントS情報注目馬5選

⑥シゲルピンクルビー
⑦ナムラクレア(1人気)→1着
⑧ヴェントヴォーチェ
⑪ジュビリーヘッド(7人気)→2着
⑬ビアンフェ

アナタの使い方次第で高配当も狙える!

【宝塚記念注目穴馬】

宝塚記念最終追い切り

アリーヴォ

1週前の段階でほぼ中身は出来ていたので、最終追い切りでは単走、ほぼ馬なりでの楽な調整となった。

相変わらず少し胸が狭くピッチ走法気味に見える点は多少の割り引きが必要となるが、それでも馬体の柔軟性や脚捌きの軽さは目に付く追い切りで、最後まで手応えを十分に残したままグイグイと力強く伸びていく姿を見ると仕上がりに関しては大きな不安はないと思っていいだろう。

適度に引き締まった馬体、張りのあるトモを見ると前走を使った上積にも期待が持てるので、この出来なら相手強化のG1でも面白さがある。

エフフォーリア

先週から頭の高さや前脚の硬さが大きく改善された点には好感が持てるが、それ以上に広い可動域を活かしてゆったりと走る姿をみるとここに来て調子を上げているのは間違いなさそうなので、本馬も現時点でやれるだけのことはやったという追い切りを消化してきた。

更に馬なりの割には地面を蹴る力がいつも以上に強く、1週前に緩く感じた馬体もしっかりと改善されているので、この動き、馬体ならこちらも相手強化であっても普通に巻き返しに期待が持てそうな1頭と言えるが…。

オーソリティ

胸が狭く脚も大きく外へ流れるが、キビキビとした躍動感のある動きはそれなりに目立って見えるので、一応走れる最低限の態勢は整えてきたという内容。

ただ、頸差しのラインに硬さが残っている事もあってフォームは沈まず、最後の手応えを見ても動きに全く余裕を感じられない点はそれ相応の割り引きが必要になってくるので、今回は休み明け(海外遠征明け)という事もあり、出来に多少の不安が残ってしまう追い切りとなってしまった。

タイトルホルダー

先週かなり負荷をかけられたという事もあり、今週は軽く流す程度の軽い追い切り、内容となったが、それでも直線で楽な手応えのまま弾け、終始手綱を持ったまま調教パートナーを完封と動きは非常にパワフルで力強い。

勝負所で追われた時の反応も素晴らしく、脚もとに適度な軽さが出た点も大きなプラスに転びそうなので、後は少し余裕を感じる馬体が当日までに絞れれば完璧だろう。

ポタジェ

あまり負荷をかけてこなかったのは意外だったが、今週も先週同様に迫力のある力強い動きが目に付く一頭で、余裕を感じられた馬体もしっかりと引き締まった事で脚をしっかりと付け根から出して大きく走る事が出来ている。

スイッチが入ってからのスピード、無駄のないフォームを見てもとても久々の競馬とは思えず、最後までほぼ持ったままで加速してリズム良く駆け抜けていく姿はなかなか見どころがあったので、この動き、馬体であればいきなりからエンジン全開と思っていいのでは。

休ませた割には馬体に大きな変化を感じられない点は気にならない事もないが、内面の変化、成長はしっかりと感じられるので、一応これでも馬は成長出来ている。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

メンバーもそうですが、追い切りの内容を見てもかなり面白い一戦になりそう。

上半期最後の大レース、宝塚記念の予想や土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【宝塚記念2022予想他】6月25,26日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 宝塚記念(GI)>

エフフォーリア・タイトルホルダーに
割って入る穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

暮れの有馬記念と並んで「グランプリ」と称される春のGIシリーズを締めくくる一戦となる宝塚記念。阪神競馬場の内回り芝2200mで行われるとあって、クラシックディスタンスを主戦場にしている馬から、マイラー志向の強い中距離馬まで幅広いジャンルの有力馬が揃うレースとして知られている。

過去10年の平均配当は馬連5210円・3連複 3万8480円・3連単16万1590円。馬連3桁配当は1度、馬連万馬券が1度。馬連最高配当は1万2900円、3連単10万馬券以上は4度、3連単最高配当は52万8500円と波乱が多いレース。

過去10年の上位人気別の成績は1人気【3.2.1.4】2人気【2.1.2.5】3人気【2.0.0.8】。上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは2度のみも、上位人気馬は5勝止まり。また、1番人気で優勝したのは昨年のクロノジェネシス、ゴールドシップ、オルフェーヴルの3頭のみと苦戦。二桁人気の伏兵馬は20年モズベッロ(12番人気③着)、18年ワーザー(10番人気②着)・ノーブルマーズ(12番人気③着)、15年デニムアンドルビー(10番人気②着)・ショウナンパンドラ(11番人気③着)など5頭が好走し波乱の立役者になっている。

ステップレース別での成績では天皇賞・春組(4勝2着3回)が好成績。その他では海外、大阪杯、鳴尾記念、目黒記念組から優勝馬が出ている。また、連対馬こそ出ていないが馬券圏内に3頭好走しているヴィクトリアM組は要注意。

過去10年の世代別の成績では4.5歳馬から優勝馬が出ている。昨年のクロノジェネシス(牝5)、19年リスグラシュー(牝5)、18年ミッキーロケット(牡5)、17年サトノクラウン(牡5)、16年マリアライト(牝5)、15年ラブリーデイ(牡5)、14年ゴールドシップ(牡5)と直近7年で7頭の優勝馬を出している5歳馬の活躍が目立つ。また、“夏は牝馬”の格言どおり牝馬の活躍が目立つ。過去10年23頭の牝馬が出走し【4.1.5.13】。優勝したのは昨年・一昨年を連覇したクロノジェネシス、19年リスグラシュー、16年のマリアライトの3頭だが、馬券圏好走は10頭と活躍。牝馬には要注意。

今年はエフフォーリア、タイトルホルダー、ポタジェ、パンサラッサ、デアリングタクト、アカイイトなどのGI馬(海外含む)やオーソリティ、ディープボンドなどがスタンバイ!
競馬セブンでは波乱の立役者となる人気薄の「隠れ穴馬」の激走情報を極秘入手済!「隠れ穴馬」が馬券に絡めば好配当必至!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『宝塚記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク