【マリーンステークス2020予想】+七夕賞

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の福島メイン、七夕賞の予想を。ウインイクシード、クレッシェンドラヴ、エアウィンザー、ブラヴァス、リュヌルージュなどが出走する芝2000mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

まずは本題の前に函館メイン、マリーンステークスの予想と阪神メイン、プロキオンステークスの予想を軽く。当初はこちらのレースも相手などもきっちりと書く予定でしたが、結果時間が取れず簡単な更新となります。

マリーンステークス

リアンヴェリテ

前走はハンデ58キロを背負っていた事に加え、後ろから来た馬に早めに並びかけられる厳しい展開になった事が敗因で、敗れはしたがあの展開で2着に粘れた事を評価すべきレースと言えるだろう。今回も同型との兼ね合いがポイントになるが、多少無理してでも行き切ってしまえばまず止まらないとみる。

プロキオンステークス

◎穴人気ブログランキングへ

あまり人気にはなっていないが、馬場、距離、コースと地味に買える材料が揃っている本馬が馬券的には面白そう。展開が向かなければ何もできずに大敗までありそうな気もするが、土曜の傾向が続くようならここは十分狙えるだろう。

プロキオンステークス穴馬3頭

プロキオンS(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

プロキオンS(G3)の予想を無料で見る

七夕賞

本命はノーブルマーズ

※当初は▲評価でしたが(本命はパッシングスルー)、馬場を見て更新直前に印を変更しました。

ここ3走は見せ場はつくるも一歩足りない競馬が続いているが、前走の目黒記念をひと叩きされた上積みを考えると今回はあと一押しが利く可能性も十分考えられる。京都記念でクロノジェネシス、カレンブーケドールを相手に見せ場たっぷりの4着に入線した馬がこの人気で買えるのは明らかに美味しいので、ギャンブル的には狙ってナンボの馬と言えるのでは。

対抗はパッシングスルー

父ルーラーシップは勿論、兄弟のマイティーハニー、マイティーゴールド、そして母のマイティースルーなどダートへの適性が高い血統なので、ここ2走のダート戦で大きく化けてくると思ったが、適性はあるにしろ、どちらのレースも案外な結果に。

ただ、極端に枯れた様子もなく、それなりの競馬は出来ているので、相手や条件次第では芝、ダート問わずに走ってくるタイプではないだろうか。

愛知杯の内容を見る限り極端に馬場が悪化するのはマイナスになると思うが、稍重で行われた福島の1勝クラスのレース内容がなかなか強烈だったので、あの内容からすると今回のコースへの適性が低い訳がなく、更に以前の失敗を活かして内面をしっかりとコントロールする為に馬具を装着してレースに臨むとの事なので、ある程度工夫してここを使ってくる以上、愛知杯のような情けない競馬にはならないのでは。

紫苑ステークスではその後中山牝馬ステークス、福島牝馬ステークスを連勝するフェアリーポルカ、オークス、秋華賞、ジャパンカップで2着に入線したカレンブーケドールを退けて勝利している実力馬なので、力が出し切れる条件であればハンデ重賞ごときで見せ場をつくれないような馬ではないだろう。

後はゴリゴリの不良馬場でレースが行われない事を祈るのみ。

▲に人気ブログランキングへ

馬場、コース、展開と好走する条件が三拍子そろったここは重賞のタイトルに手が届く大チャンスとみる。ハンデは少し見込まれた感じはするも、これまで相手にしてきた馬のレベルも決して低い訳ではないので、このぐらいのメンバー構成であればズドンと頭で突き抜けてくるか。

ただ、今回の鞍上は大きく足を引っ張りそうなので、不発があるなら乗り役が下手に乗った時になるのでは。

☆穴にバレリオ

距離は少し短い感じもするが、前走のメトロポリタンステークスではウラヌスチャームに上手く乗られながらも最後はしっかりと脚を使って0.1秒差まで詰め寄っているので、馬が充実期に入っているのは間違いないか。

◎ノーブルマーズ
人気ブログランキングへ
▲パッシングスルー
☆穴バレリオ
△リュヌルージュ
△オセアグレイト
△ウインイクシード

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

超難解レースなので3連複は相手総流しでもいいが、ここはあえて印を絞ってみた。馬券は縦目の意味合いで印上位馬のボックスも買いつつこのレースらしい大波乱に期待してみたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第56回 七夕賞(G3)>

荒れるハンデ重賞!
今年も隠れ穴馬が激走

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の平均配当でも、馬連8610円、3連複8万4440円、3連単51万5850円。3連単では100万馬券を超える超特大馬券が2度、10万馬券以上も5度出ているように大波乱が多いハンデ重賞だ。

しかし、『荒れるハンデ重賞』だが、意外と軽ハンデ馬が穴を開けるケースは少ない。過去10年で4勝を挙げているのは57キロ。48~51キロの軽ハンデ馬には馬券圏の好走は1頭のみ(3着)。軽バンデ馬では52キロが2勝しているが、直近8年での連対馬の斤量は54~58キロとなっており軽ハンデ馬は苦戦している。

過去10年の人気別の成績では、1人気[2.1.2.5]、2人気[1.2.0.7]、3人気[2.0.0.8]。1.2人気馬は3勝しているが信頼度は高くない。また、二桁人気の伏兵馬が好走したのは、19年ロードヴァンドール(12人気3着)、18年メドウラーク(11人気1着)・パワーポケット(12人気3着)、16年オリオンザジャパン(11人気3着)、15年マデイラ(16人気3着)、14年ニューダイナスティ(10人気2着)、13年タガノエルシコ(14人気3着)、12年アスカクリチャン(14人気1着)、10年ドモナラズ(11人気1着)と過去10年で9頭の二桁人気馬が馬券圏に好走。信頼度の低い人気馬よりも狙いは人気薄の伏兵馬か。

今年も波乱の立役者と成り得る隠れ穴馬の大駆け情報を極秘入手!この激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし!週末情報は必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『七夕賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク