【天皇賞 秋2019予想】+カシオペアステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、天皇賞秋の予想を。アーモンドアイ、サートゥルナーリア、マカヒキ、ワグネリアン、スティッフェリオ、アエロリットなどが出走する芝2000mのG1レース。

土曜のコックスプレートは◎マジックワンドが4着で外れてしまいましたが、スワンステークスは◎ダイアトニック〇モズアスコット▲マイスタイルのド本線的中。欲を言えば配当が数倍違ったので▲マイスタイルの2着の馬券が欲しかったですが、一応印通りの決着だったのでよしとしておきます。

まずは天皇賞秋の予想の前に京都メイン、カシオペアステークスの予想を軽く。

カシオペアステークス

人気ブログランキングへ

ここは条件揃ったこの馬から勝負したい。前が残る展開をただ1頭追い込んできた前走の内容が非常に優秀で、ある程度差しが決まる今の馬場なら頭から買えるだろう。

天皇賞 秋

本命はスティッフェリオ

今回はあくまでも挑戦者という立場ではあるが、前走のオールカマーでは自ら主導権を握りながらミッキースワロー、レイデオロといった重賞馬の追撃を楽々凌いで逃げ切り勝ち。

絶妙なペース配分でレース運びが出来た事は勿論ではあるが、外枠だった事や直線で先行馬が差し馬にほぼ飲み込まれている事を考えると、単純に展開などに恵まれての勝利ではないだろう。

これまで1800~2000mでの競馬では大崩れする事なく走っており、その点からすると2走前の宝塚記念の敗戦は距離も多少関係している可能性が高く、実際に2000mで行われた3走前の大阪杯では勝ち馬から0.5秒差の競馬に持ち込む事が出来ているので、再び持ち場での競馬となる今回は展開ひとつで上位争いに加わってきても驚けない存在と言えるのでは。

左回りの実績に乏しい点だけはどうしても引っかかってしまうが、3勝している全ての重賞で手綱を取っている鞍上が乗れるという点は非常に心強いので、春の宝塚記念以上の結果に期待しての本命とする。

対抗は人気ブログランキングへ

何となく1,2人気馬のどちらかは崩れそうなレースっぽいので、どちらかが崩れる展開になればこの馬の食い込みがありそう。近走のレースを見る限りだと去年ほどの勢いは感じられないが、それでも最低限の着順は拾う事が出来ているので、ほぼベストに近いであろう今回の条件であれば大幅にパフォーマンスを上げてくる可能性が高いのでは。

前日発売では想像以上に人気になっていないが、ここは鞍上込みで怖さしかない。

▲にアーモンドアイ

前走の安田記念は完全に枠や展開の差が着順に繋がっているので、人気を裏切っての3着でも当然評価を下げる必要はない。

今の日本の競馬はこれといって特別強い馬が存在しないというのが現状で、休み明け、仕上がり途上でもこのクラスの牝馬ならまず力は足りてしまうだろう。枠、馬場、コースと特別嫌う材料は見当たらないここはまず格好はつけてくる。

☆にワグネリアン

本来であればサートゥルナーリアを評価すべきレースなのかもしれないが、馬の癖を考えると内枠を引けなかった事はなかなか痛いので、前走落鉄してしまってまともな競馬が出来ていないこちらの評価を上げる事にした。小回りから大箱替わりも大幅なプラスで、今回の枠さえ克服出来れば巻き返し濃厚な一戦と言えるのでは。

◎スティッフェリオ
人気ブログランキングへ
▲アーモンドアイ
☆ワグネリアン

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

△を打ってもいいかなという馬は後1,2頭いるが、今週も極限まで点数を絞ったシンプルな買い方で勝負したい。一応点数をかなり絞っているので縦目の〇▲☆の馬連や3連系も購入しておく。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第160回 天皇賞秋(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

令和に元号が変わっても、伝統ある天皇賞は、名誉においてはGIの中でも別格の存在。今の競馬界は社台グループを中心とするクラブ馬主に席巻されつつあり、生産馬の“使い分け”が当たり前となり、今年はフルゲートにならなかったものの、GI馬がずらりと名を連ね豪華なメンバーが揃った。

中でも世間の注目を浴びるのは、現役最強の呼び声高いアーモンドアイと、3歳世代トップと言えるサートゥルナーリアの対決だろう。春のGIも席巻したノーザンファームは、日本国内だけでは有力馬の“使い分け”が難しくなっているという裏事情もあり、この秋も凱旋門賞やオーストラリアなど海外遠征を積極的に行っているが、敢えて対決させる意図はどこにあるのかは、馬券攻略においても重要なポイントとなる。

ひと言にノーザンファームと括っても、サンデーレーシングにキャロットファーム、シルクレーシングなど、関連するクラブ馬主が多数あるだけでなく、近年主流となっている外厩も、関東馬は天栄、関西馬はしがらきと仕上げは異なる。つまりは、それぞれの思惑を持っているわけで、アーモンドアイとサートゥルナーリアが激突することになったのも、無関係ではないのだ。

しかし、外厩はトレセンとは違いマスコミが取材できる施設ではなく、情報を入手することが困難。もちろん、外厩のみならず、様々な関係者の思惑を把握する必要はあるし、そもそも、マスコミの如く“2強対決”と断じてしまうのも早計だ。

先述したようにGI馬が大半の豪華メンバー、マスコミの注目を浴びぬところで、一角崩しのみならず、「まとめて負かす!」と、機をうかがう陣営は存在する。ややトリッキーな東京2000mが舞台、過去にもちょっとしたことで着順が入れ替わることも少なくない上に、敗因がハッキリしているとは言え、アーモンドアイが敗れた安田記念、サートゥルナーリアが敗れた日本ダービーが、ともに東京であった事実を忘れてはいけない。

10月で創業25周年を迎えたシンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二師といった競馬界の大物OBが数多く在籍し、騎手、厩舎、馬主、もちろん外厩に至るまで、確かな情報を入手できる態勢が整っている。だから、世間には公表されないような裏情報を入手することもできる。

そこで、今週はシンクタンクの情報を体感されたことがない方に限り、天皇賞の各陣営の本音、裏事情などの【関係者情報】と厳選された【馬券候補5頭】を特別に無料公開する。大盛り上がりを見せる伝統の1戦をより楽しむ、馬券で勝つために、このチャンスを活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第160回 天皇賞秋(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク