【天皇賞 春2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

羽田盃の結果を大きく引きずっていますが、本日は日曜の京都メイン、天皇賞春に出走を予定しているエタリオウ、キセキ、フィエールマン、ミッキースワロー、メイショウテンゲン、モズベッロ、ユーキャンスマイルの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着

先週の追い切り注目馬はマイラーズカップのヴァンドギャルドが3着で連続好走の記録は何とか継続。今週はどちらの重賞も好走馬を指名し、そして馬券も当てる事が出来れば最高なのですが…。

天皇賞・春の穴馬3頭

天皇賞・春(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

4/19 中山10R  2万7170円的中
4/18 阪神7R    7480円的中
4/12 桜花賞1点   1110円的中
4/11 中山6R    8130円的中
4/5  阪神6R  3万8790円的中
3/29 阪神12R  1万3540円的中
3/28 日経賞   3万3160円的中
3/21 阪神9R  3万3560円的中
3/20 フラワーC   3万2610円的中
3/15 フィリーズR  11万9820円的中

天皇賞・春(G1)を無料で見る

天皇賞 春最終追い切り

エタリオウ

川田騎手を背に坂路での追い切り。終い重点での追い切りとなったが、真っ直ぐ安定したフォームで走れており、追えばいつでも相手を交わせるだけの手応えを残したままゴール前へ。その後軽く追うと一瞬でスイッチが入り、馬なりで相手を交わして駆け抜ける。

力強さには欠ける動きではあったが、スピードと素軽さは抜群だったので、前走を使った上積みには相当期待が持てそうな一頭と言える。

キセキ

今週も頭が高く頸の可動域は狭いが、先週よりも気合いが入りすぎている事もあって時折リズムが崩れている点は距離を考えるとマイナスになる。パッと見た感じでは馬体に重苦しさが残っているが、脚の回転は速く、しっかりとスピードにも乗れているので、決して太め残りという訳ではないだろう。

先週の方が力強く走れていた感じもするが、今週も最後まで気分よく自分のペースを崩す事なく走れていたので、一応走れる最低限の態勢は整えてきたと思っていいのでは。ただ、前走から動きが大きく変わったか?と聞かれると正直そうは感じないというのが答えになってしまうので、今回も本調子とまではいかないか。

フィエールマン

もう少しトモに張りが出てくるかと思ったが、ここに関しては先週から大きく変わった様子は感じられず。ただ、動きは変わらず素晴らしく、相手を外から楽々交わした点は勿論、身体全体を大きく使いながらガンガン前へ出る姿には良い意味での威圧感を感じられた。

気になる点をあげるとすればディープインパクト産駒らしい素軽さや俊敏さには大きく欠けるような走りとなっている点になるが、もともとパワー寄りの馬体で走りにも力強さを感じるタイプだったので、ここに関しては多少の割り引きとしておきたい。

久々でも前走の有馬記念と同じぐらいの出来にはもって来れたと思うので、後は今年の京都の馬場がこの馬に合うかどうか、その一点に尽きる。

ミッキースワロー

先週少しちぐはぐに感じた動きはしっかりと改善されており、リズム良く軽快に走る姿はこの馬の過去の動きと比較すると綺麗に走れている部類に入るだろう。相変わらず力強くパワフルな動きと身体を大きく使った走りは素晴らしく、脚の回転が遅く感じてもこれだけグイっと前へ出る事が出来ていれば十分か。

いつも以上に飛節のラインに硬さが残っている点は気になるが、脚もとに硬さがあるという訳ではないので、ここに関しては年齢的なものなのかもしれない。

メイショウテンゲン

先週もしっかりと負荷をかけてびっしりと追われていたが、今週も一切緩める事なく最後まで追ってくる意欲的な追い切り。とにかく追われてからの反応が素晴らしく、一瞬でスイッチが入るとあっという間に加速してその後は楽な手応えのまま伸びる一方。

活気があってキビキビと動けている点は勿論、力強さのある豪快でパワフルな走りは相当見栄えしているので、完全に勢いに乗っている今であればG1でも案外やれる存在なのかもしれない。それぐらい動いた。

モズベッロ

胸は少し広く感じるが、脚を付け根からしっかりと前へ出し、力強く地面を蹴り上げて豪快に走る姿はとてもディープブリランテ産駒とは思えない。頸差しに硬さは残っているが、それでも必要最低限フォームは沈んでおり、早めに脚を使いながらも最後までそのスピードが全く衰えなかった点は高く評価する必要がある。

以前から馬体の素晴らしさとエンジンの大きさから能力の高さを指摘し続けてきた一頭ではあるが、更にトモにボリュームを増した事でもうワンランク上の馬体へと成長した印象を受けるので、ここ2走の内容が示す通り完全に馬が本格化したと思っていいだろう。

ユーキャンスマイル

先週の内容がイマイチだったので今週の変わり身に期待していた馬ではあるが、残念ながら今週も先週と同じくかなり微妙な内容、動きとなっており、馬体の緩さもまだまだ残ったままなので、今回は人気を考えると不安の方が大きい気もするが…。

先週びっしりと追った事もあってひばらのラインはすっきりとしているものの、トモや肩の筋肉の張りは明らかに物足りないので、前走を使った上積みにはあまり期待しない方がいいだろう。むしろ前走で出し切った感がある動きとなっているので、普段から動かない馬という事差し引いても今回は高い評価は出来ない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

昨日地方の羽田盃で約25万馬券を邪魔すぎる2着馬のお陰で取り逃したダメージががっつり残っていますが、この借りは週末の中央で返したいと思います(ちなみに的中馬券は▲穴からの縦目の▲☆のワイドのみと悲しすぎる結果)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第161回 天皇賞春(G1)>

フィエールマン・キセキ
ユーキャンスマイルを脅かす穴馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、1番人気の成績は【2.1.0.7】と優勝したのは19年フィエールマン、17年のキタサンブラック2頭のみ。2着も18年シュヴァルグラン1頭のみで、1番人気の信頼度は低い。単勝1.3倍のオルフェーヴル、ゴールドシップなども馬群に沈んでいるように波乱が多い長距離GIである。

また、16年カレンミロティック(13人気②着)、15年カレンミロティック(10人気③着)、14年ホッコーブレーヴ(12人気③着)、12年ビートブラック(14人気①着)、10年メイショウドンタク(16人気③着)などの二桁人気馬の好走が目立ち、波乱を演出している。

平均配当でも馬連1万0600円、3連複5万0080円、3連単34万2060円となっており3連単では10万馬券以上が7度、最高配当では145万馬券が出ている。

年齢別の成績(3着以内)では4歳馬【4.2.5】、5歳馬【4.2.1】、6歳馬【2.3.2】、7歳上【0.2.3】と優勝馬は4歳~6歳馬で7歳上の高齢馬から優勝馬は出ていない。

距離適性などもありリピーターが多いレースでもある。キタサンブラックは16年17年を連覇。フェノーメノは13年14年を連覇しており得意の距離で力を出している。今年もリピーター好走馬には要注意だが昨年の覇者フィエールマンは連覇なるか!?

過去20年の現役騎手の勝利回数では武豊(3勝)・蛯名(3勝)・岩田(2勝)・横山典(2勝)・和田(2勝)・石橋脩(1勝)・松岡(1勝)・ルメール(1勝)。

現代競馬では長距離砲と言われるステイヤーの存在が薄く、昔とは違い、「長距離は血統」と言う概念はない。スタミナだけではなく瞬発力やスピードを備えた馬が有利となっている。

そして、長距離を勝つポイントは展開を読める騎手の腕が重要なポイントになるだろう。距離が長くなればなるほど騎手の腕がモノをいう。

展開を読み、仕掛けどころのタイミングを間違えない騎手が長距離戦を制する。特に3000Mを超える長丁場では騎手の判断力が重要になる。

近年でも天皇賞(春)を勝っている騎手の顔ぶれは、武豊、横山典弘、岩田康誠、蛯名正義と言ったベテラン騎手。このコースを熟知している経験豊富な騎手が、3200Mの長丁場を上手く乗り切る。長距離なので枠の有利・不利はないが、逃げ切るのは容易ではないし、スタミナ温存を考えて直線だけの競馬でも厳しい。

17年菊花賞馬キセキだが近3走は見せ場なく敗戦。今回は新コンビとなる武豊騎手を背に復活を狙う。昨年の覇者フィエールマンは直近3走で勝利なし。ここまでGI2勝が菊花賞と天皇賞春の長距離GI。得意の距離でGI3勝目なるか。前走戦の阪神大賞典を制したユーキャンスマイル。今年のメンバーなら初GI制覇のチャンス到来か?他では日経賞を制したミッキースワロー、エタリオウなどが参戦。競馬セブンでは有力馬を脅かす隠れ穴馬の激走情報を極秘入手済!人気薄確実な隠れ穴馬を馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞春・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク