【東京プリンセス賞2019予想】天皇賞 春 穴馬一週前追い切りなど

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、天皇賞春に出走を予定しているヴォージュ、クリンチャー、グローリーヴェイズ、チェスナットコート、メイショウテッコン、ユーキャンスマイルの一週前追い切りに関する記事と大井で行われる東京プリンセス賞の予想を軽く。

まずは東京プリンセス賞の予想から。トーセンガーネット、アークヴィグラス、ゼットパッションなどが出走するダート1800mのS3レース。なお、先週のマリーンカップは本命馬が取り消して馬券は全て返還となりました。

東京プリンセス賞

人気ブログランキングへ

前走も期待した馬ではあるが、プラスになると思われた枠が裏目となり、道中ではスムーズさを欠いてしまう場面も。それでもしっかりと見せ場をつくった辺りが能力の高さを感じさせる馬で、大井での競馬であればトーセンガーネットが相手でも好勝負に持ち込めるとみた。

対抗は前走の桜花賞を早め先頭の競馬で楽に押し切ったトーセンガーネット。ニューイヤーカップや兵庫ジュニアグランプリの内容からしても能力は上位と言える存在で、ここもすんなり先行する形であればあっさりがあっても。ただ、距離延長はあまり歓迎とは言えないので、隙があるとすればここか。

人気ブログランキングへ
〇トーセンガーネット
▲ダバイダバイ
☆グレースレジーナ

馬券は◎〇→◎〇⇔▲☆の3連単を購入したい。

3点勝負買い目を無料公開

天皇賞春一週前追い切り

ヴォージュ

動きに素軽さはないが、致命的な重くるしさは感じない。ガシガシ追われて負荷をかけられた事は評価出来るが、ちょっと追われた割には反応が悪い印象を受ける。ただ、可動域は広く、身体も大きく使えているので、この馬なりに調子は良いのでは。フォームの乱れなども多少気になるが、全体的な動きは悪いものではない。

クリンチャー

多少馬体に余裕はあるが、その割には動きがキビキビとしていて脚捌きも軽い。身体に柔らかさもあり、飛節が良く伸びた事でしっかりとスピードにも乗れていた。適度に負荷もかけられており、これだけしっかりと追われれば馬体も絞れるだろう。前走の動きと比較するとかなり良くなった印象を受けるので、ここは激変まであっても。

グローリーヴェイズ

身体を大きく使って豪快な動きを披露したが、かなり強く追われた割には反応、伸びがイマイチ。途中調教パートナーを抜かしてそこから一気に突き放すかと思ったが、案外相手もしぶとく最後は逆に並ばれてしまった。その後もかなり負荷をかけられるも、結局相手の前に出る事は出来ずフィニッシュ。ちょっと物足りなさが残る追い切りとなった。

チェスナットコート

カフジプリンスと併せたが、追っても楽に追われた相手に追いつけず、最後は息があがってしまう始末。脚もバラバラになっており、フォームの乱れも目に付いた。力強さにも大きく欠ける走りで、活気も全く足りない。動き以上に馬にスイッチが入りきっていないので、まずは内面を何とかしたい。

メイショウテッコン

頸の可動域の狭さは気になるが、身体はしっかりと使えている。それ以上に馬の反応が抜群に良く、馬なりで調教パートナーをあっさりと交わし、余裕の手応えのまま相手に先着。脚もとのバランスも素晴らしく、馬体に張りがある点も高く評価出来るだろう。一週前でこれだけ動けば十分とみる。

ユーキャンスマイル

多少力んで走っているので途中行きたがるような場面もみられたが、何とか気持ちはセーブ出来ている。調教パートナー少しだらしない感じもするが、相手に並ばれる事なく直線では楽に突き放しており、手応え以上に馬は動いていた。脚もとに力強さがあり、馬体全体に薄い筋肉がついている点も評価しておく必要があるだろう。

最後に天皇賞春の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第159回 天皇賞(春)>

主役不在で浮上する
激走穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

「平成最後のGI」天皇賞(春)。淀の3200mで行われる当レースは古馬唯一の3000m級GIとあって、名うてのステイヤーが集結することで知られているが、16・17年と連覇を達成したキタサンブラック引退後、古馬長距離路線は確たる主役不在。今年も現役トップクラスの長距離馬が名を連ねているが、どの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成となっている。

人気になるのは昨年の菊花賞でワンツーだった2頭。菊花賞馬フィエールマンは必勝を期して出走したAJCCで休み明けのシャケトラに敗れ、本番に向けて黄色信号が灯った。菊2着のエタリオウも日経賞で4度目となる重賞での2着を記録。勝ち切れない面は未だ残っている雰囲気だ。その日経賞を逃げ切ったメイショウテッコンも脆さが同居するタイプであり、本番で平成の盾男・武豊騎手が騎乗出来ない点も割引。

このように今年の天皇賞(春)は戦前からかなりの混戦ムードが漂っている。配当妙味も同時に大きいであろう当レースを的中させるためには「各馬の力量・状態」を把握しておくことが近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界随一。昨年の天皇賞(春)も予告的中しているが、今年も確信の◎から好配当獲り宣言!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞(春)・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク