【日本ダービー2024予想オッズ】1週前追い切り評価・タイム

日本ダービー(東京優駿)2024の過去などについて書いていきます。

2024年5月26日(日曜)に東京競馬場で行われる2,400メートル(芝・左)のG1。

皐月賞の勝ち馬ジャスティンミラノ、青葉賞の勝ち馬シュガークン、ホープフルステークスの勝ち馬レガレイラ、

弥生賞の勝ち馬コスモキュランダ、京成杯2着のアーバンシック、スプリングステークスの勝ち馬シックスペンスなどが出走。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レースの日本ダービーや目黒記念の予想、見解を完全無料公開!

【予想や見解をチェックする】

去年、一昨年は◎タスティエーラ、◎アスクビクターモアから3連単的中!

今年ジャスティンミラノから馬券を購入しようと思っている方は絶対に見ないと損をする!

日本ダービー(東京優駿)追い切り・過去他

✔有力馬追い切り

ジャスティンミラノ

荻野騎手を背にしてのCウッドで3頭併せ。

先行する2頭を後方から追いかける形でスタートし、直線勝負所でビシッと追われるとそこから一気に弾け、外の馬を完封。

中の馬を交わす事は出来なかったが、6ハロン81秒6-11秒3秒という時計を見る限り遅れは全く気にする必要はなさそうで、追われてからの反応や身体を使い方を見る限りこれ以上のない出来に持ってこれたと思っていい。

これでもまだ少し前に硬さが残っている点や、後半手応えがギリギリになってしまった点など、来週に向けて改善したいポイントもあるにはあるが、

先週以上に馬体をふっくら見せるなど、1週でしっかりとギアも上げてきた印象を受けるので、この辺りに関しては最終追い切りでの変化に期待したい。

レガレイラ

ルメール騎手を背に美浦ウッドでの併せ馬。

相手を1馬身追走する形で入り、直線で軽く追われるとスッと反応し、しまいは流しながら6ハロン81秒5-11秒4といきなりから好時計をマーク。

前走の皐月賞のダメージを心配したものの、追われてからの反応や息遣いを見る限りそのダメージはほぼ皆無と思ってよさそうで、

何より久々を一度使われた事で可動域が広くなり、動きにも力強さを増した印象を受けるので、後はここからどこまでギアを上げる事が出来るか。

シュガークン

武豊騎手を背にCウッドでの併せ馬。

レース間隔を考慮してか、強烈に負荷をかけてきたという訳ではないが、相手を楽な手応えで追走し、6ハロン81秒9-11秒1をマークして併入と、順調さを時計を動きでアピール。

さすがに馬体面での上積みには期待は持てそうにないが、それでも数を使われて競馬を覚えた事で、頸や身体の使い方が上手くなり、動きにも迫力を感じるようになっている事も事実。

骨格、尻~キ甲のラインを見ると本格化するのは古馬になってからの馬だと思うが、初戦の頼りないシュガークンとは全くの別馬のように見えるので、力を付けた今なら大舞台でも怖さを感じる。

メイショウタバル

先週に続き、浜中騎手を背にCウッドでの併せ馬。

その先週は折り合いを強く意識したような内容ではあったが、今週も時計よりもまずは我慢を覚えさせるような、馬のマイ面を重視しての追い切り。

前半は相手を追いかける形に持ち込み、直線勝負所でしっかりと追われたものの、

最終的にクビほど届かずその相手に遅れる形となってしまったが、7ハロン94秒4―11秒4という時計を見る限りしっかりと負荷はかけられている。

何より気持ちが表に出てくるような、うるさい面が見られない点が大きなポイントと言えるので、最終追い切りでもこのまま落ち着いて調整が進めば…。

シックスペンス

日本ダービーに出走予定のサトノエピックとの2頭併せという内容。

頸の使い方や硬さは気になるが、勝負所で軽く追われると瞬時に反応し、一杯に追われた相手を馬なりのまま交わした先週の追い切りに続き、今週も馬なりで楽々併入に持ち込む、力強い動きを披露。

ただ、5ハロン63秒8-11秒3と2週続けてしっかりと時計も出せているが、ここまでの調整過程からするとちょっとやり過ぎかな、という感じもするので、やはりというか、ビシッと追われた後の反動が気になってしまうが…。

一応最終追い切りでは川田騎手が追い切りで手綱を取る予定なので、ここでどんな動きを見せるか注目したい。

ダノンデサイル

横山典騎手を背にCウッドでの併せ馬。

前半は動きがややモサっとしていた事もあり、相手との手応えの差を見るとちょっと捕まえるのはしんどいかな、と思ったが、直線で徐々にエンジンがかかるとグーンと力強く伸び、6ハロン79秒6-11秒0という時計をマークしてフィニッシュ。

追われてからの反応がやや鈍く感じる点は減点が必要になってくるが、それでもスイッチが入ってからの身体の使い方や脚の回転の速さを見ると実はかなりの大物では、という印象すら受けてしまう。

ただ、身体の使い方は随分と改善されたものの、先週と同じく今週もやや前が硬く感じるというのが現状でもあるので、このひと追いでどこまで改善されるか。

コスモキュランダ

小林騎手を背に古馬を前に置き、後ろから追いかける内容。

先週はちょっと馬体が緩く見えたが、今週は身体を大きく使った迫力のある動きが目に付く追い切りで、6ハロン83秒2-11秒4という時計をマークして併入と、しっかりと負荷もかけたきた。

なお、相変わらず手応えには余裕を感じる、まだまだギアを隠し持っているような馬ではあるので、これでも本気で走っている訳ではなさそう。

※この後その他有力馬、穴馬などの追い切り記事を追加で更新予定。

【日本ダービー2024予想考察】過去20年で激走した穴馬に共通するものとは…?

✔過去成績

・以前までは1人気馬が非常に強力なレースだったが、過去10年で複勝率こそ70%と高いものの、勝率は僅か20%と勝てない結果が続く。

・過去10年逃げ馬で馬券に絡んだのは18年のエポカドーロの1頭のみで、先行、差し馬が優勢のレース。ただし、ここで速い上りを使ったもの勝ちという訳ではないので、その点は注意しておきたい(ここは注目ポイントにて)。

馬券に絡んだ30頭中、23頭が前走で皐月賞を使われていた馬で、勝ち馬もここから8頭出ている、王道ローテが強いレース。

人気をもう少し細かく見ると、基本的に勝ち馬は1~5人気から出る事が多く、過去10年での例外は19年のロジャーバローズ1頭のみ。

ただ、相手には人気薄を連れてくる事も珍しくはなく、現在6年連続で6~12人気の馬が馬券に絡んでいる、以前よりも明らかに波乱度が増しているレースになるか。

※枠は注目データにて。

【日本ダービー2024予想考察】過去勝ち馬の共通点、特徴とは…?

✔予想オッズ

1 ジャスティンミラノ 2.4
2 レガレイラ 6.3
3 アーバンシック 8.1
4 ダノンエアズロック 10.5
5 シックスペンス 11.7

注目ポイント・注目馬

内枠が圧倒的に有利!

好走馬が内枠から出る事は非常に有名なレースではあるものの、特に1枠1番の馬は過去10年で約半数の馬が馬券に絡む好成績を残しており、

サトノラーゼン、ロジャーバローズといった人気薄の激走も見られるので、今年も最内枠を引き当てた馬は人気関係なしに注意しておく必要がありそう。

芝の重賞で上がり最速で勝利している馬!

先程速い上がりを使ったもの勝ちのレースではないと書いたが、

過去の芝の重賞で上がり最速で勝利している馬、もしくは33秒9以内の上がりを使って勝利している馬が過去10年全ての年で連対中と、

それでも速い上りを使える馬が好成績を残すレースになるので、今年も同じく速い上りを使える実力馬には逆らう事は出来そうにない。

東京芝での連対実績!

東京の芝で連対している馬が過去10年全ての年で馬券に絡んでいるので、東京芝での好走歴がない馬は割り引いて考えたい。

リファールの血を引く父サンデー系!

5代血統表内にリファールの血を引く父サンデー系が10年全ての年で連対中と、該当馬が圧倒的に有利なレース。

最後に1週前追い切りの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

人気は全くないと思いますが、内枠を引き当てる事が出来れば大激走が見られても驚けない一頭。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レースの日本ダービーや目黒記念の予想、見解を完全無料公開!

【予想や見解をチェックする】

23年は8月の+313,000円を筆頭に、6月から12月まで全ての月でプラス収支を叩き出す事に成功!

去年実際に提供した予想、買い目例
12月24日(日)
有馬記念 芝2500m
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1着 5
2着 4,16,
3着 4,7,14,16
━━━━━━━━━━━━━━━━━
買い目合計 6点
推奨購入馬券代 1200円
計 7,200円
━━━━━━━━━━━━━━━━━
払い戻し金 505,320円

【予想や見解をチェックする】

超ドル箱レースの日本ダービーは現在5年連続で的中!
去年、一昨年は◎タスティエーラ、◎アスクビクターモアから3連単的中!
今年ジャスティンミラノから馬券を購入しようと思っている方は絶対に見ないと損をする!

✔この記事を書いた人

ブログ予想開始初週の中山記念で3連単【31万馬券】を的中させ、その後NHKマイルで【29万馬券】、18年の共同通信杯で【56万馬券】、22年のプリンシパルステークスで3連複【30万馬券】3連単【140万馬券】を的中させた管理人、ゆうちゃりすの競馬ブログ

→詳しいプロフィールはこちら