【東海ステークス2018】予想考察・クインズサターン馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は東海ステークスに出走を予定しているクインズサターンの馬体診断の記事を。

まずは本題の前に東海ステークスの注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

前走から条件が好転するここは一発あっても。展開もこの馬に向きそうな感じなので面白い1頭では。

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今週の大勝負レース!アメリカJCCの予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

東海ステークス馬体診断

人気ブログランキングへがとにかく強いレースで今年も逆らう事は出来ないか。

クインズサターン

新馬戦のパドック

初戦は464キロでの出走。明らかに馬体が緩く、覇気もない。良いように言えば初めての競馬にしては堂々として周回出来ていた。

同じA.P系であるインカンテーション体型のガチムチなのでいかにもダート馬という感じではあるが、踏み込みが浅く歩様はやけに柔らかい。完全に使われてからと思っていたが、まさかの新馬勝ち。

青梅特別のパドック

前走からマイナス8キロ、馬体重470キロでの出走。程よく気合も乗っており少しぼてっとしている馬体にみえるがそれでもしっかりと勝ち切るのでこれはこの馬の特徴の一つと思っていい。よって決して悪いように捉える必要はない。

ダート馬にしては柔らかい筋肉をしており、この日も歩様は相変わらず。新馬戦ほどではないが馬体が緩く感じるのもこの馬の特徴か。

師走ステークスのパドック

前走からプラス12キロでの出走。数字通り腹に余裕があり少し太く感じたが、馬の気配はここ最近では一番良く見えた。とにかく歩くリズムと踏み込みが抜群で、この毛色なだけに毛艶や張りで調子を確認する事が難しい馬ではあるものの、それでもある程度調子の良さがわかるほどの気配。

この日は出来が良かったとはいえ馬体に余裕があった事も確か。惜しくも4着と馬券にはならなかったものの、この馬体で2.3着馬とは差のない競馬をしており、武蔵野ステークス、師走ステークスと休み明けから2度使われた今回は更に調子を上げてくるのでは。相手は強いが左回りも合っているのでここは人気以上を期待したい。

東海Sの注目馬、注目ポイントはこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第59回 AJCC(G2)

<<参加者全員!>>
万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬場かつ、有馬記念後の中距離重賞ということもあって、さすがに一線級がズラリと揃うことは少ないが、別定のG2という格があるゆえに、例年、それなりの実力馬が出走してくる。また、今年の飛躍を狙う活きのいい4歳馬を筆頭に、春の大舞台を狙うために、賞金加算を目的に参戦してくる馬も少なくない。

今年は、15年有馬記念を制したゴールドアクターが参戦予定。17年宝塚記念2着後は実戦から遠ざかっているが、今回はキタサンブラック引退後の武豊騎手との新コンビ結成が発表され、さらに注目度が高まっている。とは言え、疲れで昨秋を棒に振っての休み明けだけに、どれだけの仕上がりと状態面で出走できるのかがカギになる。

そして、重賞戦線を席巻し勢いがある4歳世代からはダンビュライト、ミッキースワローが参戦。ダンビュライトは皐月賞3着、ミッキースワローはセントライト記念1着と、中山コースでの実績もあり、舞台は絶好。どちらも古馬重賞に出走するのは初めてだが、互角に渡り合えるだけの実力は備えている。

無論、ココで名前があがっていない馬達も決してノーチャンスではない。ハイセイコーの主戦ジョッキーで知られる増沢末夫など、元騎手・元調教師を始めとした競馬界の大物OBが、情報ルートとして多数在籍する当社シンクタンクは、様々な競馬関係者から身内同然に話を聞くことができる態勢が整っている。そのため、馬券的中のポイントとなる各陣営の力関係・勝負度合いなどを的確にジャッジすることが可能。今週は、先着100名様限定で【アメリカJCC・3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を実感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第59回 AJCC(G2)

<<参加者全員!>>
万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク