【チューリップ賞2019予想オッズ】出走予定馬 一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、チューリップ賞に出走を予定している有力馬シェーングランツ、ダノンファンタジーの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

仁川ステークス予想結果

15着◎タガノディグオ

スタートからちぐはぐな競馬になってしまい見せ場なく終了。下手くそ予想でした。

アクアマリンステークス予想結果

1着…エメラルエナジー
2着…イサチルホープ
3着◎アッラサルーテ

馬連、馬単2着固定を購入していたので3着ではハズレでしたが、そもそも相手も抜けてしまいました。

下関ステークス予想結果

2着◎メイショウカリン

ここはブログでは本命馬のみでしたが、予想の時に書いたように馬連を保険にして単勝がメインという感じだったので痛恨の2着でした。予定ではここの頭を当てて今週は重賞を外してもトントンぐらいで〆れるような考えだったので、配当以上に痛かったです。更にこの組み合わせで3連複は2万。普通に3連系で勝負するレースでしたね。自信があっただけに悔やまれる結果となりましたが、負けは負けなので仕方なしです。

阪急杯予想結果

1着…スマートオーディン
2着☆レッツゴードンキ
3着△ロジクライ

12着◎コウエイタケル

直線では一瞬ありそうな感じもしましたが思ったほど弾けず。ただ、不利があった割には頑張っていたのでまたどこかのタイミングで狙えそうな馬です。それでも軽視した馬に勝たれてしまったので、ベタに当てに行く馬券で勝負していても外れていたレース。自分にはこれを当てる事は難しかったです。

中山記念予想結果

1着○ウインブライト
2着…ラッキーライラック
3着▲ステルヴィオ

8着◎ハッピーグリン

ここも本命馬が全くダメ。ベタにウインブライトから勝負していても2着は軽視していたのでダメな予想でした。縦目で購入していた馬券だけは当てたかったですが、惜しくもない1,3着なので諦めも早かったです。

先週は全体的に低調というかおそらく今年1番ダメだった週末となりました。小倉メインの下関ステークスを当てる事が出来なかったのが全てですが、中山記念ももう少し冷静に予想出来ていれば…という感じ。ただ、こちらのレースは◎ウインブライト〇ステルヴィオも2着馬をどこまで評価出来ていたか、という問題がありますので、どちらにしても悶絶していた可能性は高かったと思います。

このまま考えがブレてしまって流れを悪くしてしまうのが一番ダメなパターンなので、今週末も気負わず狙うレースは狙って、当てにいくレースは当てにいこうと思います。

3点勝負買い目を無料公開

チューリップ賞一週前追い切り

シェーングランツ

内という事もあって馬体の張りや細かい動きは確認出来ないが気持ち胸が広く感じる。前半から頭がやや高くなっており、ここの影響もあって脚を出すリズムが合わない。馬体を併せて負荷をかけられた事は良いと思うが、ラストの伸びはイマイチで、欲を言えばここからすっと加速するような走りを見たかった。父ディープインパクトよりも母の血が濃く出た馬で、内面が安定しない点はやはり母の影響と言えるだろう。

実績を考えると少し物足りない一週前追い切りではあるが、内面に関してはしっかりと出来ているので、後は動きに素軽さが出てこれば…という感じ。今回は馬場が重かった事も走りに影響したかもしれない。

ダノンファンタジー

霧が出ているので馬体は全く確認出来ないが、動きはかなり素軽く軽快。多少頸の可動域は狭く感じるが、身体は使えて動けているので、ここは頸差しの太さが影響している為か(よって距離には限界があると思うので、オークスでは多少疑いの目で見るのが面白そう)。一週前とはいえ、脚の回転の速さとスピード感は抜群。更にしっかりと最後まで負荷もかけられているので、最終追い切りでは軽く流す程度で仕上がるのでは。最後も馬場が重い中での追い切りとは思えない程の弾けっぷりだったので、現時点では隙らしい隙は感じられない。

予想オッズ

ダノンファンタジー 1.5
シェーングランツ 4.5
メイショウショウブ 9.6

ドナウデルタ 
ブランノワール
ノーブルスコア

1人気は4戦3勝、ファンタジーステークスと阪神ジュベナイルフィリーズを連勝しているダノンファンタジーで間違いないだろう。前走2着のクロノジェネシスが先日重賞を勝った事を考えても今回のメンバーなら明らかに能力は抜けているので、オッズもまず1倍台になるとみる。

続いてアルテミスステークスの勝ち馬シェーングランツ。前走の阪神ジュベナイルフィリーズでも見せ場はつくっており、血統的にも注目を集める馬なのは間違いないので、オッズはほぼ1強+αという感じになりそう。

おそらく阪神ジュベナイルフィリーズ組のメイショウショウブまでが10倍を切るオッズとなり、後はドナウデルタやブランノワール、ノーブルスコア、ココフィーユ辺りが10倍以上のオッズで上位人気に支持される事になるのでは。

最後にチューリップ賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

パッと見ではあまり面白くなさそうなレースではあるが、個人的には割と勝負度高めでいきたいと思っているレースなので、先週の借りはここで返したいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 弥生賞(G2)

前哨戦だからこそ
浮上する激走穴馬が!?

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞のトライアルのみならず、クラシックの登竜門として古くから知られる弥生賞。昨年2着のワグネリアン、16年の勝ち馬マカヒキら、後にダービー馬となった馬も多く、過去好走馬を見渡すと、GI馬がズラリと名を連ねている。

しかし、昨今は外厩制度の発達でローテーションが多種多様化し、ノーザンファームを筆頭とした大手生産者グループによる“使い分け”が当たり前となっている。そのポイントとなっているのが鞍上で、どのジョッキーが乗るのか、極端な話をしてしまえば「外国人騎手どの馬にが乗るのか」によって、レースが決まることもあるわけだ。

その外国人騎手の一人であるルメールはラストドラフトに騎乗予定だが、既にクラシック路線はサートゥルナーリアで挑むことが決まっている。しかし、ラストドラフトも2戦2勝で京成杯を制し、ルメールも「相当な馬」と高く評価しているとの話。もともとサートゥルナーリアはミルコ(M.デムーロ騎手)のお手馬であり、ルメールは実戦で騎乗したことはない。

そして、ラストドラフトは社台ファーム生産馬であり、サートゥルナーリアはノーザンファーム生産馬。同じグループとは言っても全くのライバル関係で、ここのパフォーマンス如何では……という可能性もゼロではないだろう。ノーザンファーム側が、このレースをどのような位置づけとして見据えているのかも、このレースを紐解く上で大きなポイントになる。

無論、弥生賞がラストドラフトの“1強”と決まっているわけではない。重賞2勝でG1・ホープフルSでも3着に好走しているニシノデイジーを始め、まだまだ底を見せていない素質馬たち参戦が予定。今年も、今後のクラシック戦線を占う上で注目すべきレースであることは確かだ。

そこで、今週の弥生賞は、馬主情報や外厩情報といった世間には出回らないような関係者情報や、元調教師率いる重賞特捜部が勝負する【◎-穴・1点馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、特別無料公開させて頂く。まだシンクタンクの情報力を体感したことがない方は、この機会に是非ご覧頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 弥生賞(G2)

前哨戦だからこそ
浮上する激走穴馬が!?

ココをクリック!

 

スポンサーリンク