【浦和スプリントオープン2020予想】本命ブルドッグボス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は1日の浦和メイン、浦和スプリントオープンの予想を。ナガタブラック、コパノチャーリー、ベストマッチョ、レッドゲルニカなどが出走するダート1400mのオープンクラスのレース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週は重賞もありませんので本来であれば週末の海外重賞、エクリプスステークスの展望記事や前半戦の総回顧などをするのがベストなのかもしれませんが、ある程度流れがあるうちに予想をしておきます。

なお、先週行われた帝王賞は◎オメガパフュームもクリソベリルの頭の馬券は逆張りで外していたので馬券も外れ。

クリソベリルの件に関してはまたまた沢山おめでとうの連絡を頂きました。ありがとうございます。

日本ダービーの記事でも書きましたが今年の出資馬はそれなりに色がありますので、こちらの件につきましてもそろそろどこかのタイミングで触れていこうと思っております。

CBC賞の穴馬3頭

CBC賞(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

CBC賞の予想を無料で見る

浦和スプリントオープン

本命はブルドッグボス

絶好枠、ハンデ57キロ、更にオープンでの競馬なら圧倒的人気に支持されてもこの馬には逆らえない。前走のさきたま杯ではノボバカラに遅れを取ったが、この馬も先行してしぶとい競馬で2着に粘っており、ノブワイルドやブルベアイリーデにつけた着差を考えると負けて強しの内容と言えるか。

今回の浦和1400mでは去年のJBCスプリントでコパノキッキングを相手に勝ち切った実績もあるので、コース適性の高さや相手関係を考えるとここは負けられない一戦となる。よって馬券は当然頭から買いたい。

対抗はベストマッチョ

今回は不透明な部分は多いが、大型馬の割には前々で立ち回れる器用さがあるタイプなので、初の浦和1400mもまずマイナスになる事はない。

これまで相手にして来た馬のレベルからするとここは間違いなく勝ち負けになるので、後はゲートを決めて上手く流れに乗りたい。

マーガレットスカイ

大外枠は痛いが、少頭数での競馬なら極端に割り引く必要はないと判断。更に明らかに先行馬が少ない組み合わせとなった今回は展開はおそらくこの馬に味方すると思うので、外からでも行き切ってしまえば残り目があるだろう。

ナガタブラック

決して器用なタイプではないので癖のある今回のコースがプラスに転ぶとは思わないが、内枠を活かす競馬が出来ればラストはしっかりと前との差を詰めて来れるか。

◎ブルドッグボス
〇ベストマッチョ
▲マーガレットスカイ
☆ナガタブラック

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今回は本命馬の人気や頭数を考えると印や買い目を絞ってこそだと思うので、馬券は◎→○▲→○▲☆の三連単4点買いで勝負したい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 CBC賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年で10万馬券以上の決着が5回、3連複でも万馬券6回と波乱含みのレース。ハンデ戦という条件に加え、サマーシリーズの第2戦、秋のスプリンターズSを見据えて参戦する陣営など、様々な思惑が絡むことが、レースを難しくしている。

しかも、夏競馬期間中は取材する記者達は分散し、慢性的な人手不足に拍車がかかる状況。今年は取材規制もあるため、大本営発表のコメントの使い回しがますます横行している。そんな情報を提供する一般マスコミを頼りにしていては、的中に近づけるはずなどないだろう。

こうした情報に乏しい世間にとって難解なレースは、弊社シンクタンクが持つ情報力はより大きな武器となる。人手不足とは無縁、しかもトレセン内外の情報まで、大物揃いの情報ルートたちが入手できる確固たる態勢が整っているからだ。

今の時代、CBC賞のみならず、馬券を買うのであれば、本物の関係者情報は必要不可欠。しかし、一般ファンが独自で情報を入手するのは非常に困難、ほぼ不可能と言っていいだろう。

だから、創業25年以上を誇るシンクタンクの情報を活用してもらいたい。今週は特別にCBC賞の関係者情報と、馬券候補が一気に絞れる“情報注目馬5頭”を無料で公開する。コレを見ておけば、レースの肝がハッキリとわかるはずだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 CBC賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク