【弥生賞2022予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、弥生賞に出走を予定しているアスクビクターモア、ジャスティンロック、ボーンディスウェイ、マテンロウレオ、リューベック、ラーグルフ、ロジハービンの最終追い切りに関する記事を。

地方はまだ今日の一本が残っていますが、予定通り昨日の勝負レースを本線で的中させ、今週も良い形で週末にバトンを繋ぐことが出来ましたので、後は先週のように地方のプラスを溶かさず、また来週の地方に上手く繋げたい。

なお、弥生賞の予想など、土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【弥生賞2022予想他】3月5,6日勝負レース

2022追い切り注目馬

ソリタリオ 2人気2着
ライラック 5人気1着
ホウオウプレミア 4人気6着
ヨーホーレイク 3人気1着
ソフトフルート 2人気4着
ポタジェ 2人気5着
グレートタイム 6人気10着
ジャンダルム 5人気13着
オメガレインボー 3人気5着
ケイデンスコール 13人気13着
アスクワイルドモア 6人気4着
スターズオンアース 1人気2着
レッドジェネシス 2人気13着
ヴェローチェオロ 3人気5着
エアスピネル 8人気9着
ウインイクシード 6人気5着
グレイイングリーン 2人気5着

先週の追い切り注目馬はどちらも仲良く5着まで。年が明けて目が腐ったのか、それとも地方競馬に夢中になりすぎて集中出来ていないのか、ちょっと色を出して狙うようになったとはいえ、最近は以前のように毎週好走馬を指名出来なくなっているので、初心に戻ってここらで上手く立て直しといきたいところ。

これ以上目が腐るようなら平日は展望記事を書かずに地方競馬の予想に専念するハメになりそうなので、今週は気合いを入れて頑張ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

弥生賞(G2)芝2000m

去年も◎タイトルホルダーで3連単をズバリ!

今年の本命はドウデュースではない!

【弥生賞注目穴馬】

毎週のように推奨馬が上位を独占!

阪急杯情報注目馬5選

①トゥラヴェスーラ(9人気)→2着
⑦ヴィジュネル
⑧サンライズオネスト(6人気)→3着
⑨タイセイビジョン
⑩ダイアトニック(1人気)→1着

中山記念情報注目馬5選

④ヒュミドール
⑤パンサラッサ(2人気)→1着
⑪カラテ(4人気)→2着
⑫アドマイヤハダル(3人気)→3着
⑮ダノンザキッド

アナタの使い方次第で高配当も狙える!

【弥生賞注目穴馬】

弥生賞最終追い切り

※画像は一週前のものになります。

アスクビクターモア

フットワークからくるトビの大きさと豪快な脚捌きは素晴らしく、馬体に適度に柔らかみがあってフォームもグイっと沈む申し分ない動き。

全体的に品のあるこの父らしいタイプとなっており、追われてからの反応、その後の伸びを見るとまだまだ奥もありそうなタイプと言えるので、動き、馬体を見る限り案外先々まで楽しめそうな馬と言えるのでは。

久々の競馬でもトモ、ひばらのラインに緩さは一切感じられないので、ここはいきなりから取りに来たと思ってよさそう。

ジャスティンロック

この父の割には全体的に線が細く、力強さに欠けるような動きではあるが、ほぼ馬なりで加速出来ている点や追われてからの反応の良さはさすがの重賞馬という感じ。

線が細い事が影響して馬体は休み明けでもギリギリのように見えてしまうが、逆に考えればいきなりからきっちりと仕上げてきたとも取れるので、こちらも前哨戦からエンジン全開と思っておいた方がいい。

ボーンディスウェイ

先週はまだ重苦しさが残るような動きだったが、ある程度馬体が絞れた事で本来の素軽い動きが8割程は戻った印象を受ける。それ以上に内面に完全にスイッチが入っており、負荷をかけるとどこまでも伸びていきそうな程やる気を感じられる点は競馬に行くとプラスに転ぶ事になるのでは。

追われた時の反応はまだワンテンポ遅れている感じもするが、これだけ活気が戻ればしっかりと力は出し切ってくるか。あくまでも目標は先も前哨戦としては十分な仕上がりにある。

マテンロウレオ

先週から動きに大きな変化が出た一頭で、相変わらず頸の使い方は下手ではあるが、身体はしっかりと使って大きく走れている。

この産駒にしては可動域が狭く感じる点からすると本格化するのは秋以降という事になるが、現時点での馬体も素晴らしく、身体全体に薄い筋肉が分布している事を考えれば距離はまず延びてこそのタイプ。

ただ、トモの張りなどを見ると前走を使って更に状態は上向いており、活気のある躍動感のある動きを見ているとまだまだ相手が強くなっても、という印象を受けるだけに、ここもまず力を出せる出来にはあると思っていいのでは。これは好調。

リューベック

ライツェント産駒っぽい丸みのある顔とコロンとした体形が遺伝している点はプラスではあるが、脚もとが硬く、可動域の広さの割には全体的な動きが小さく見える点は割り引きが必要で、どちらかといえば次を考えてのつくりとなっている。

最後の手応え、息遣いを見てもまだまだ上の仕上がりがあるのは間違いないので、逆にこの出来で権利が取れれば本番では面白い存在になりそう。

ラーグルフ

胸前が厚く、完全にパワー型に出たダート馬のようなタイプではあるが、終いの反応やゴール前の動きを見ると最低限のスピードも兼ね備えているので、後は緩さが残る馬体がある程度絞れれば素軽さも加わってくるのでは。

ただ、馬体の緩さに比例して動きもまだまだ重苦しさが残っているので、あくまでも次を考えての出走と思っておきたい。

ロジハービン

母の影響なのか、この父の割には馬体に柔軟性を感じる動きではあるが、まだ大腿骨の付け根から脚を出す事が出来ず、今は脚だけで走っているような動きに見えるので、本格化するにはもう少し時間がかかりそうなタイプ。

それでもこの馬なりに一生懸命、最後まで気持ちを維持して走り切っているので、少なくとも前走から出来が落ちたという事はなさそう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

超豪華メンバーも出来だけの比較ならこの馬に分がありそう。

なお、弥生賞の予想など、土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【弥生賞2022予想他】3月5,6日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第59回 弥生賞(G2)>

2歳王者ドウデュースを
脅かす隠れ穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬クラシック第一弾・皐月賞の前哨戦となる[弥生賞]。コース・距離も同条件となり本番前の重要なトライアルレースで過去の勝ち馬は名馬揃い。3冠馬ディープインパクトを筆頭にクラシック路線での活躍馬や古馬になってもGI戦線で中心になっていた馬が多く出世レースでもある。

過去10年の平均配当では馬連1万0710円、3連複 1万4150円、3連単13万1170円。馬連3桁配当は4度あり順当な決着も多いが、馬連万馬券も2度あり大波乱になるケースも少なくない。3連単では10万馬券を超える特大馬券が4度、3連単最高配当は46万1810円が出ている。

過去10年の上位人気別の成績は1人気【3.2.1.4】2人気【3.2.2.3】3人気【0.1.2.7】。1.2人気で6勝しており、上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは1度のみ。人気薄で連対したのは19年メイショウテンゲン(8人気1着)、17年マイスタイル(8人気2着)、13年ミヤジタイガ(10人気2着)、12年コスモオオゾラ(9人気1着)がおりヒモ荒れ傾向のレース。

ステップレース別の成績では9つのレースから勝ち馬が出ている。中でも朝日杯FS組みは6頭が馬券圏内に入っているように好走馬が多い。

クラシック戦線を占う上でも重要なレースとなる弥生賞。競馬セブンでは波乱の立役者となる人気薄の「隠れ穴馬」の激走情報を極秘入手済!「隠れ穴馬」が馬券に絡めば好配当必至!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

 

スポンサーリンク