【ユニコーンステークス2018予想】本命ルヴァンスレーヴ

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜も先週に続いて点数を絞って勝負しましたが、HTB賞◎モズスーパフレアしっかりと勝ち切り単勝6.3倍、馬連7.2倍、馬単18.5倍の的中。馬単がかなり大きかった事もありますが、相手に〇ディバインコードが入った事で想像以上に大きな回収となりました。

とにかく自分の馬券は本命対抗で決まった時にいかに大きく回収出来るかがポイントでもありますので、当然ではありますが今後も◎〇で決まったが全く回収出来ませんでしたという買い方、印だけは避けて馬券を組んでいきます。

では本日は東京メイン、ユニコーンステークスの予想を。タイセイアベニール、グレートタイム、グリム、ハーベストムーン、コマビショウ、バイラ、エングローサー、リョーノテソーロなどが出走するダート1600m戦のG3。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 ユニコーンS(G3)■

過去10年の優勝馬10頭中9頭は東京ダート1600Mでの勝ち鞍があるかダート戦無敗馬だ った。今年の出走予定馬ではルヴァンスレーヴ、グリム、イダペガサス、ダンケシェ ーン、ルッジェーロ、トキノパイレーツ、ホウショウナウ、ミックベンハー、レピアーウィットが該当する。

過去にGI馬を輩出している出世レースだけに注目の1戦だではあるが、実は、競馬セブンでは激走必至の人気薄情報馬の存在を極秘スクープ!波乱の立役者と成り得る裏情報を入手済!今後もダート界で中心に成り得る大物だけに目が離せない!週末情報は必見です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

ユニコーンステークス

本命はルヴァンスレーヴ

新馬戦ではもちの木賞を勝ち、兵庫チャンピオンシップで2着に入線したビッグスモーキーを持ったままで7馬身千切り、続くプラタナス賞でも馬なりで快勝。この時の3着馬フィールシュパースが次走の北海道2歳優駿で2着とレベルが低かったレースでもなかったが、この2戦は他馬との能力の違いが大きく結果に反映されたと言える。

前走の伏竜ステークスでは先に抜け出したドンフォルティスを捕まえる事が出来ずに負けてしまったが、全日本2歳優駿では相手に不利があったとはいえ、ゴール前ではほぼ追われる事なく勝利しており、単純に能力だけで考えると現時点での同世代のダート路線ならこの馬が頭一つリードしている印象を受ける。

乗り馴れたデムーロへの乗り替わりもプラスで、この鞍上であれば前走のような事にはならない可能性は高く、理想的な枠順を引けた事で嫌う材料がほぼなくなってしまったのでここはベタに印を打った。

対抗はグリム

青竜ステークスで負かした相手がスマハマとオメガパフューム。スマハマは3連勝でヒヤシンスステークスを勝った馬で、オメガパフュームは先日の加古川特別を圧勝。ハンデ差があったとは言え、これらの馬を相手に勝ち切った事には相当な価値があり、仮にこの2頭がここを使っていれば上位争いに加わってくるだけの能力がある馬だけに、本馬の能力もなかなかなものを感じる。

もう少し外寄りの枠が欲しかったが、前走のような位置取りでレースを進める事になれば今回もしぶとさを活かして粘り込めるとみる。

積極的に買いたい馬がこの2頭しかいないので後は厚い印を打つつもりはないが、一応▲穴人気ブログランキングへ※リョーノテソーロを上位評価しておく。

2走前はもう少しやれると思ったが単純に力負け。距離はもう少し短い方が合うかもしれないが、条件変わりで一気にパフォーマンスを上げてくる可能性も十分考えられるだけに今回はそれなりに警戒は必要となってくるだろう。相手はかなり強力ではあるが、理想的な枠順を引けたので一撃があるならここでは。

ハーベストムーンはここ2走は楽な展開だったので、今回はペースが流れてどうか。すんなりハナなら残り目があってもいいが、揉まれてしまうと一気に怪しくなる。

◎ルヴァンスレーヴ
〇グリム
▲穴人気ブログランキングへ※リョーノテソーロ
☆ハーベストムーン
△エングローサー
△グレートタイム
△バイラ
△ベストマイウェイ
△コマビショウ
△プロスパラスデイズ
△セイウンクールガイ

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[4.4.0.2]、2人気[3.1.1.5]、3人気[0.3.1.6]と1.2人気は安定した成績を残している。過去10年、上位人気馬が揃って馬券圏外を外すこともなく大荒れする傾向はない。ただ、12年マイネルスターリー(15人気3着)、08年グラスボンバー(12 人気3着)など二桁人気の伏兵が馬券圏に好走し3連単では10万馬券の立役者となっている。平均配当では、馬連1240円、3連複1万1500円、3連単4万7450円。

過去10年の優勝馬で、17年ダッシングブレイズ、15年エイシンヒカリ、14年ディサイファ、12年トーセンレーヴ、11年ダークシャドウ、08年サイライズマックスの6頭がエプソムCで初重賞制覇しているように、同レースで重賞初優勝馬となる馬も多く出ている。また、エイシンヒカリ、ディサイファはその後も活躍し重賞4勝の成績を残している。

昨年のダービー以来となる重賞3勝のスマートオーディンが同レースで復帰。その他、サトノアーサー、ダイワキャグニーなどが出走。今年のメンバー構成では抜けた馬もおらず混戦模様。実は「今のデキなら勝てる」と豪語する、とある陣営からの勝負情報を独占入手!さらに、人気薄確実な穴馬の激走情報も緊急入手!週末の情報は絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エプソムC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク