【ユニコーンステークス2021予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ユニコーンステークスに出走を予定しているカレンロマチェンコ、ゲンパチフォルツァ、ブラックアーメット、ラペルーズ、ルーチェドーロの一週前追い切りに関する記事を。

なお、こちらのユニコーンステークスの予想を含め、土曜、日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【ユニコーンステークス2021予想他】6月19,20日勝負レース

予想オッズ

1 ルーチェドーロ 2.2
2 ラペルーズ 4.5
3 ピンクカメハメハ 6.7
4 ゲンパチフォルツァ 7.4
5 レディバグ 8.2

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ユニコーンS&マーメイドS無料公開!

どちらのレースもとっておきの穴馬がスタンバイ!

【ユニコーンS注目穴馬】

日本ダービー情報注目馬5選

エフフォーリア(1人気)→2着
シャフリヤール(4人気)→1着
ワンダフルタウン
グレートマジシャン
サトノレイナス

オークス情報注目馬5選

スルーセブンシーズ
アカイトリノムスメ(2人気)→2着
ユーバーレーベン(3人気)→1着
ソダシ
ステラリア

NHKマイルC注目馬5選

ルークズネスト
バスラットレオン
グレナディアガーズ(1人気)→3着
ソングライン(7人気)→2着
シュネルマイスター(2人気)→1着

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

【ユニコーンS注目穴馬】

ユニコーンステークス一週前追い切り

カレンロマチェンコ

前半は重心のブレが激しく脚と頸を出すタイミングも全く合わない。更に追われてからの反応も鈍かったので最後は調教パートナーに突き放されてしまうと思ったが、最後の最後の一気にスイッチが入り、その後はグイグイと力強く伸びて逆に相手を突き放す圧巻の動きを披露。

癖の強さを考えるとちょっと評価は難しくなってしまうが、最後ひとハロンの動きに関しては当然高い評価が必要となるので、最終追い切りの内容次第では普通にやれてもいい。

ゲンパチフォルツァ

3頭併せの割には負荷がかかっていないので、通ったコースなどを考えるとちょっと楽な内容だったかもしれないが、強く追われた真ん中の馬に馬なりで食らい付き、最後も相手の出方を見ながら仕掛けるタイミングを計るなど、動き以上に内容のある追い切りを消化してきたので、この動きはこの動きである程度評価しておく必要がありそう。

ただ、かなり馬体が緩く動きにシャープさも感じられないので、ある程度絞れてこない事には話にならないか。

ブラックアーメット

動きに無駄がなく頸や身体の使い方も非常に上手い。終い重点の追い切りだったので追われたのはラストひとハロンだけだったが、広い可動域を活かしてグイグイと力強く伸びていく姿を見ると出来は相当良さそうな印象を受けるので、ここは一週前追い切りとしては文句なしの満点をつけておきたい。

ラペルーズ

3頭併せの真ん中で最低限の負荷をかけてきたが、まだ一週前という事もあって最後まで流す程度の軽い内容となっている。トモの張りは抜群ではあるものの、ひばらのラインには相当緩さが残っているので、最終追い切りである程度絞れた時の動きを確認してみたい。

ルーチェドーロ

一週前から強烈に負荷をかけてきたが、直線では追っても追っても全く伸びず、楽な手応えの調教パートナーにあっさりと交わされてしまう点からすると積極的に手を出すのには勇気がいるが、それ以上に気になってしまうのは馬体で、胴の長さや詰まり具合からすると適性は短いところにありそうなタイプなだけに、今回は出来以上にマイルという距離が課題になりそう。

当然今回の動きも評価出来るものではないので、最終追い切りにも大きく課題を残している事も忘れてはいけない。

最後にユニコーンステークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

現時点では先週の函館スプリントステークスと同じく自信あり。後は極端な枠を引き当てたい。

なお、こちらのユニコーンステークスの予想を含め、土曜、日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【ユニコーンステークス2021予想他】6月19,20日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第26回 ユニコーンS(G3)>

有力馬陣営が恐れる
人気薄隠れ穴馬の正体?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではカネヒキリ(GI・6勝)、アグネスデジタル(GI・6勝)、タイキシャトル(GI・5勝)、ユートピア(GI・3勝)、ウイングアロー(GI・2勝)など芝のGⅠでも活躍した名馬がいる。近年ではゴールドドリーム(GI・3勝)、ノンコノユメ(GI・2勝)、ベストウォーリア(GI・2勝)などのGⅠ馬を輩出(地方交流含む)。昨年の覇者カフェファラオは21年フェブラリーGI制覇、一昨年の覇者ワイドファラオは地方交流GⅠ(Jpn)を勝ち、18年の覇者ルヴァンスレーヴも地方交流GⅠ(Jpn)を含むGI3勝の成績を残している。

過去10年の人気別の成績では、1人気【3.3.0.4】、2人気【3.2.1.4】、3人気【4.2.3.1】と優勝馬は全て上位人気馬となっている。平均配当では、馬連2770円、3連複9920円、3連単5万1510円。上位人気馬が揃って馬券圏を外すことはない。二桁人気馬の好走は昨年のケンシンコウ(11番人気③着)の1頭のみで荒れるレースではない。

過去10年の優勝馬で、前2走で勝ち星がなかったのはサンライズノヴァとレッドアルヴィスの2頭のみ。所属厩舎では栗東6勝、美浦4勝と関西馬が活躍。1番人気で優勝したのはカフェファラオ、ルヴァンスレーヴ、ストローハットの3頭のみ。

今年は青竜S連対馬ゲンパチフォルツァ、レディバグ、サウジダービーを勝ったピンクカメハメハ、端午S優勝馬ルーチェドーロ、昇竜S優勝馬カレンロマチェンコなどがスタンバイ!

過去10年で8度的中、只今5年連続的中のドル箱ダート重賞!一昨年は◎ワイドファラオから2万2120円の万券含むパーフェクト的中!18年も◎ルヴァンスレーヴから2万2430円の万券含むパーフェクト的中!今年も確信の◎や、人気薄隠れ穴馬の激走情報を極秘スクープ!馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ユニコーンS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第26回 ユニコーンS(G3)>

有力馬陣営が恐れる
人気薄隠れ穴馬の正体?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク