【愛知杯2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中京メイン、愛知杯に出走を予定しているウラヌスチャーム、キンショーユキヒメ、ランドネ、レッドジェノヴァ、レイホーロマンス、ワンブレスアウェイの最終追い切りに関する記事を。

まずはこちらのレースの予想オッズから。

予想オッズ

1 ノームコア 2.1
2 レッドジェノヴァ 3.1
3 ウラヌスチャーム 6.5
4 ランドネ 7.2
5 レイホーロマンス 17.7

1人気は鞍上は勿論、実績最上位のノームコアで間違いないか。戦ってきた相手を考えると今回は負けられないぐらいの存在で、このメンバーならさくっと勝ってもらいたいというのが正直なところ。

2人気も前走エリザベス女王組のレッドジェノヴァ。ノームコアとこの馬の能力が少し抜けている印象で、波乱が多い重賞ではあるが、名前だけみると案外硬く収まる可能性も。

以下ウラヌスチャーム、ランドネが続くが、ハンデ戦という事もあって2強以外はかなり割れたオッズとなりそうなレース。

その他今週末の重賞の最終追い切りに関する記事はこちらから。

【根岸ステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【シルクロードステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

愛知杯最終追い切り

ウラヌスチャーム

頭は高いが、ほぼ頸差しの太さが影響していると思っていい。ただ、追われても全く頸を使えていない点は多少割り引いておきたい。脚捌きは軽いが、前脚はしっかりと上がっており、回転の速さをみても特に悪い印象は受けない。調教パートナーに馬体を併せ、追われるとすっと加速する反応の良さもみせた。ラスト1ハロンの伸びも上々で、条件戦を勝ち上がったばかりの馬ではあるが、動きからするとそれなりに面白さがある1頭と言えるだろう。

キンショーユキヒメ

何に警戒しているのかわからないが、少し気を張ったような走りで、頸に余計な力が入っている。ただ、動きそのものには大きな影響はなく、脚捌きは軽快で非常にリズミカルだった。身体もしっかりと使えており、最後の伸びもなかなか目立っていた馬ではある。馬体の張りに関しては確認出来ないが、全く緩さは感じられない。案外面白いかも。

ランドネ

前半からしっかりと負荷をかけてくる意欲的な追い切り。大きく身体を使って走れており、力強さと共にスピードも感じられる走り。かなり長めに追われたので、その分だけラスト脚色は鈍ったものの、それでも脚がバラバラになる事なくしっかりと走れていたのは評価しておく必要があるだろう。こちらも条件戦を勝ち上がったばかりの馬なので格下感はあるものの、今回の動きをみていると重賞馬と比較しても遜色のない動きだったと言える。好調。

レッドジェノヴァ

3頭併せでしっかりと負荷をかけてきたが、入りから癖が強く、頭を上げて口を割る仕草を見せる。もともと気が強いタイプなので、今回のこれはこれで我慢が利いているとも取れるが、クラスが上がるとこの癖が致命的になり兼ねないだけに今後は注意しておきたいポイント。ただ、手応えは最後まで非常に楽ではあったが、最後は調教パートナーの出方を確認しながらも抜かせない勝負根性をみせる。追えば間違いなく突き抜けていただけに、総合的に考えると評価出来る最終追い切りだったと言えるのでは。

レイホーロマンス

地味ではあるが、特に変な癖を出す事なく安定した走りを披露。馬体は少し寂しく感じるも、もともと馬体重を維持出来ない馬なのでここは仕方なしと言える。脚捌きは軽く、軽快な走りだったので、力はしっかりと出せる出来だろう。良い意味で平凡としておく。

ワンブレスアウェイ

多少癖がある走りではあるが、これぐらいは許容範囲。それ以上に飛節が伸びず、可動域が狭く感じる点がいかにもという感じではある。最後は調教パートナーに並びかけるところまではやったが、反応の悪さと硬さなどは割り引いておく必要がある。今回の動きからは特に何も感じられない。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第24回 シルクロードS(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この1点で好配当を狙う」と豪語!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のスプリント王決定戦となる高松宮記念の前哨戦の1つであり、これまでの勝ち馬の中には、ファインニードル、ストレイトガール、ロードカナロアといったGI馬たちも名を連ねている。しかし、過去10年は全て万馬券決着であり、3連複でも70倍以下の配当がない、波乱含みのレースなのだ。

その大きな要因となっているのが、このレースが『ハンデ戦』であること。実績馬たちは必然的に重い斤量を背負うことなり、なおかつ叩き台として出走するケースも少なくないため、陣営の思惑を知ることばできなければ、その取捨は非常に難しい。事実、1番人気が6連敗中と奮わず、世間一般の競馬ファン達が大いに頭を悩ませている表れと言っていいだろう。

さらに、某関係者は「ハンデ戦というのも理由にはなるが、実はこのレースは人気になりがちな○○が苦戦しているんだ。それは、この時期になると○○の○○○○○○○○が少なくなるから。この事実を知っている人間は、トレセンの中でも多くないと思うし、一般ファンならなおさらだろうね」とも語る。競馬はJRAが馬券代として集めたお金から約25%を引き、残りのお金を的中者で分配するゲーム。つまり、大勢が知らない情報で的中する事が勝利への近道であり、こうした大半の人間が気づかない事実がオイシイ馬券に直結するのだ。

競馬界の大物関係者が情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクには、誰もが気づかないような事実や、世間には出回らない関係者の本音・裏ネタなどが数多く入ってくる。必然的に、競馬新聞や一般マスコミが報じる情報よりも高配当を獲るための態勢が整っているということだ。今週はその情報力の一端を知ってもらうべく、シルクロードSの【◎-穴・1点馬券】を特別に無料公開させて頂く。このチャンスに、是非とも『本物の情報力』を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第24回 シルクロードS(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この1点で好配当を狙う」と豪語!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク