【根岸ステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、根岸ステークスに出走を予定しているクインズサターン、ケイアイノーテック、コパノキッキング、サンライズノヴァ、ヤマニンアンプリメ、ユラノトの最終追い切りに関する記事を。

この後シルクロードステークスの追い切りを追加で更新しますので、どちらのレースも有力馬と注目馬を中心に更新していきます。

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード2人気2着
ジェネラーレウーノ2人気4着

先週の追い切り注目馬はチュウワウィザードが最低限の2着。今のところ毎週1頭は馬券に絡んでいるので、このまま複勝率を落とす事なく勝率を上げていきたいですね。

後先週はアンジュデジールの動きの違和感を指摘出来た事はよかったと思いますので、その辺りの変化も見逃さないようにしていきたいと思います。

その他今週末の中央重賞に関する記事はこちらから。

【シルクロードステークス2019予想オッズ】注目馬

【根岸ステークス2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

久々に一口馬主関係の記事も更新しました。

【キャロットクラブ2019募集馬予想】注目馬

では本題の追い切り記事へ。ガチの寝起きなので誤字脱字は見逃して下さい。

3点勝負買い目を無料公開

根岸ステークス最終追い切り

クインズサターン

先週の動きが物足りなかったので今回は出来を心配したが、今週の動きをみる感じでは大きな問題はなさそう。頸の使い方はイマイチではあるが、リズムよく軽快に走れており、硬さに関しても特に気になるレベルではない。

追われてエンジンがかかるまではそれなりに時間はかかってしまうが、スピードに乗ってからの伸びは素晴らしく、前の馬を一気に飲み込むような勢いすらあった。何より減点材料が少ないのが大きな強みで、仕上がりに関しては特に不安はないと言える。

ケイアイノーテック

頭の位置は度々ブレてしまうが、リズムは悪くないので大きくは割り引かない。脚の回転はやや鈍いが、身体を大きく使って走れており、線が細い割には力強い動きが目立っている。

あまり負荷をかけられていないが、軽く追われただけですぐに反応し、エンジンがかかると一気に加速して豪快に伸びた。デビュー当初から硬さを指摘してきた馬で、これは母ケイアイガーベラの影響が強く馬体に反映されている為。

初ダートを不安視する声もあるが、個人的には案外面白い馬と思っており、人気次第では狙うのも悪くないのでは。1400mという距離に関しても合うだろう。

コパノキッキング

今週の動きも先週同様に頭の位置やリズムが気になってしまう。ただ、脚の回転の速さ、力強さ、スピードは随分良くなっており、多少緩さを感じた馬体もある程度すっきりとしている。ラスト1ハロンの動きも相変わらず目立っていたので、仕上がりに関しては特に不安はないだろう。気性面が強く表に出ているタイプでもないので、距離延長もあまり気にする必要はないのでは。

サンライズノヴァ

想像以上に馬体がすっきりしてこなかったが、動きは軽快でリズムも良かった。先週は追われても全く伸びない場面がみられたが、今週は調教パートナーの追いだしを待つ余裕もあり、仕掛けられるとしっかりと脚を使って相手に先着。いつものような弾けるような走りではなかった点は気になるが、一応走れる態勢は整ったと思ってよさそう。ただ、あくまでも目標は次というつくりではある事は確か。

ヤマニンアンプリメ

頭の位置が高く、重心のブレもみられる。胸が広く脚は上がらないが、脚の回転は非常に速く、フラフラ走りながらも何故かスピードが落ちない。動きは多少小さく感じるも、長めに負荷をかけられる意欲的な追い切りで、馬体に全く余裕がない点からしてほぼお釣りなしの仕上がりと思っていい。この中に入ると目立った動きではないが、この馬の過去の比較になると相当な動きだった。

ユラノト

フォームは沈まないが、頸の可動域は決して狭くない。自分のリズムを崩す事なくゆったりと走っており、その影響もあって脚の回転は鈍く感じてしまう。身体も大きく使って走れているので特に悪い印象は受けないが、スピード感に欠けるような走りだった事は事実ではあるので、この辺りがどこまでレースに影響するか。馬体が緩く見えるのはいつもの事。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

動きが良く見えた馬が数頭いるレースではあるが、その中でも抜群の動きを披露したこの馬が面白そう。追い切りの内容からしても本番というよりも今回というタイプでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第33回 根岸S>

フェブラリーSの前哨戦は大波乱?
穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人馬の成績では、1人気[3.3.0.4]、2人気[1.1.1.7]、3人気[0.2.0.8]。1人気は6連対の成績だが2.3人気は2連対と人気を裏切るケースが多い。平均配当では、馬連3900円、3連複1万7750円、3連単10万4350円。伏兵馬では16年グレープブランデー(10人気3着)、15年アドマイヤロイヤル(15人気3着)、13年セイクリムズン(10人気3着)、11年ダイショウジェット(10人気3着)、10年グロシアルノア(11人気1着)と4頭が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

今年も人気にならない激走穴馬が出走!関係者情報では「フェブラリーSを目標にする馬も多いが、GIでは足りないからココが目一杯の勝負」と豪語!あの鞍上も「自信あり」とV宣言!今年も波乱の立役者となる穴馬を見逃すな!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『根岸S・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク