【アメリカジョッキークラブカップ2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、アメリカジョッキークラブカップに出走を予定しているジェネラーレウーノ、ステイインシアトル、ダンビュライト、マイネルミラノ、ミライヘノツバサの最終追い切りに関する記事を。

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

先週はフェアリーステークスのグレイスアンが5人気で3着も日経新春杯はダメ(京成杯は注目馬なし)。今週はそろそろ2戦2勝といきたいです。

まずは本題の前にアメリカジョッキークラブカップの予想オッズから。

予想オッズ

1 フィエールマン 2.2
2 ジェネラーレウーノ 2.4
3 ダンビュライト 5.1
4 サクラアンプルール 11.9
5 シャケトラ 16.9

1人気は菊花賞馬フィエールマン。その菊花賞以来の出走となるが、続けて使えるタイプではないだけに久々の競馬でも大きく割り引く必要はない存在だろう。続いて中山替わりで大きくパフォーマンスを上げてきそうなジェネラーレウーノ、去年の勝ち馬ダンビュライトが上位人気に支持されるか。

一週前追い切りの記事に関してはこちらから。

【アメリカジョッキークラブカップ2019予想考察】一週前追い切り・調教評価

【東海ステークス2019予想考察】一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

アメリカジョッキークラブカップ最終追い切り

ジェネラーレウーノ

相変わらず集中力には欠けているものの、フォームに乱れはなく走りはこの馬なりに安定している。可動域も随分と広くなっており、馬体に柔らかさが出た点は評価したい。先週はかなり負荷をかけた割にラストは弾ける事が出来なかったが、今週はその先週の動きを払拭する抜群の反応を見せた。

先週ほど強く追われた訳ではないが、調教パートナーに並びかけると一瞬で抜き去り、余裕の手応えでフィニッシュ。内面があまり表に出ていないのが久々という感じも、これは案外プラスに出る可能性も。満点を付ける動きではないが、ほぼ仕上がったと思っていいのでは。

ステイインシアトル

残念ながら先週感じられた硬さは少し残っているが、今週も追われた反応は抜群だった。フォームが美しいとは言えない点、リズムが少し悪く見える点は割り引くが、楽な手応えで前に出て最後までスピードに乗ったまま走りきる。行きたがるような仕草を見せているが、力んで走っている様子は感じられない。ただ、馬体の張りはいかにも休み明けという感じ。

ダンビュライト

頭の高さや位置は安定しないも、走るリズムは取れている。それ以上に気になるのは後脚で、若干外向きに脚が出てスピードが表に逃げてしまっている点は割り引いて考えたい。最後まで馬なりではあったが、調教パートナーと馬体を併せて最低限負荷はかけられている。特に弾けるような場面はみられなかったが、脚色自体は鈍っていないので、ここはあまり気にしない事にする。平凡な動きではあるが一応馬は出来ている。

マイネルミラノ

前半から胸が広く脚が上がらない点が目に付く。頸の可動域も狭く、走るリズムも安定しない。完全に歳を感じさせる毛艶で、調教パートナーに並んでも馬が全く反応出来ていないのは衰えと思っていいだろう。後脚にも力強さがなく、動きから買える要素は見当たらない。

ミライヘノツバサ

頭が高く、頸の可動域が狭いのは先週と変わらずも、身体の使い方に関しては随分と良くなった。馬場の真ん中を通っての追い切りは先週と同じではあるが、追われた時の反応に大きな違いがあり、ラストは頸を使えていない割に良く伸びている。毛色の関係もあって馬体の張りなどは確認出来ないが、少なくともここ2走との比較になるとかなりつくってきた印象を受ける。これは案外面白い存在かもしれない。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

水曜追いが少ないが、おそらく木曜追いを含めてもこの馬は上位の存在では。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第60回 アメリカJCC(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

前週に京都でハンデG2・日経新春杯があるため、両睨みする陣営もおり、メンバーが分散する傾向にあるが、コチラは別定戦のため、ドバイ遠征を睨んだ一線級の実力馬が参戦するケースも珍しくない。

今年も菊花賞馬・フィエールマンがこのレースから始動。早くから有馬記念をパスしてココに参戦することが決まっており、菊花賞では最優秀3歳馬・ブラストワンピースを下していることからも、当然ながらココでも有力な1頭となる。ただ、中間には熱発を発症。賞金的にもココは”絶対に落とせないレース”ではなく、100%の仕上がりで臨むことはまずないだろう。他陣営にとっては、そこに付け入る隙があるわけだ。

虎視眈々と一発狙う『激走穴馬情報』を入手するためには、競馬関係者からの内部情報を入手することが不可欠。マスコミが報じる情報は、当たり障りのない建前ばかりのコメントが並び、陣営の本音を把握することはホボ不可能だ。一方、有馬記念を◎○の大本線1点目で【3連単2万5340円】をズバリと的中させ、現在、重賞・メインレースで104週連続的中を継続している重賞・メイン特捜部であれば、表に出ないような陣営のホンネも難なく入手できる。

既にフィエールマンの首を狙う『激走穴馬情報』も入ってきているが、今週は【AJCC・3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第60回 アメリカJCC(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク