【朝日杯フューチュリティステークス2018予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているアスターペガサス、アドマイヤマーズ、グランアレグリア、ケイデンスコール、ドゴール、ニホンピロヘイソン、ファンタジスト、マイネルサーパスの最終追い切りに関する記事を。

カルリーノ 6人気3着
ダノンファンタジー 1人気1着
パフォーマプロミス 3人気1着
レッツゴードンキ 2人気5着
サウンドトゥルー 7人気5着
アンジュデジール 6人気1着

ダノンジャスティス 2人気4着
ユラノト 5人気4着
スティッフェリオ 2人気1着
レッドジェノヴァ 4人気4着

カテドラル 3人気11着
ロジクライ 6人気14着

ミッキーブラック 3人気4着
ノーブルマーズ 13人気12着
ダノンスマッシュ 1人気1着

リッジマン 1人気1着
ステイフーリッシュ 5人気3着
ウェスタールンド 8人気2着

メートルダール 3人気5着
オウケンビリーヴ 7人気6着
クロノジェネシス 2人気2着

先週の追い切り注目馬はクロノジェネシスが最低限の2着。今年の中央の重賞は後5レースですが、1レースでも多く好走馬を指名出来るように頑張ります。

【朝日杯フューチュリティステークス2018予想考察】一週前追い切り・調教評価

【有馬記念2018予想オッズ】出走馬の追い切り・レース展望

3点勝負買い目を無料公開

朝日杯FS最終追い切り

アスターペガサス

追われてからはしっかりと反応して良く伸びたが、前半から頭が高く、癖の強い走りが目立っていた。リズムも全く取れておらず、脚も上がらないと特別評価出来るような追い切りではなかったが、これだけちぐはぐな追い切りでもバテずに脚を使えていた事は高く評価しておきたい。先週みられた硬さは多少改善された感じはする。

アドマイヤマーズ

安定したフォームで脚と頸のリズムもしっかりと取れた走り。馬場が重かった影響もあって少し追われた時の反応が鈍く感じてしまうが、最後まで真っ直ぐブレる事なく走り切れており、身体を大きく使ったダイナミックな動きは評価したい。ただ、調教パートナーには大きく先着するも、先着したというよりも相手がバテたという表現が正しいので、ここは全く参考にならない。

グランアレグリア

終始馬なりではあるが、持ったままですっと加速する反応の良さとスピードを兼ね備えた抜群の動き。身体の使い方も上手く、なにより牝馬らしからぬトモの大きさと張りが目立つ(ここがパワー寄りに出たパーツでもある)。とても馬場が重かったとは思えない程の動きで、脚の回転も非常にスムーズだった。抜けて良く見えた動きではなかったが、隙らしい隙は見当たらなかった。

ケイデンスコール

多少重心がブレる場面はみられるが、前脚はよく上がっており、リズム良く自分のペースを崩す事なく走れている。骨格の太さからパワー寄りの走りに思えるも、先週同様に追われた時の伸びやスピード感は上々で、反応込みで考えても仕上がりは悪いものではない。馬体に緩さもない今回は久々の影響はほぼないと考えてよさそう。

ドゴール

一週前追い切りでもかなりしっかりとした動きを披露していたが、今週も派手さはないが動きはなかなかよく見える。とにかく走るリズムが良く、調教パートナーに馬体をしっかりと併せて負荷もかけてきた。ラストの伸びは案外も、馬場を考えるとこんなものでは。

ニホンピロヘイソン

フォームの乱れはなく走りに関しては美しいが、脚捌きが悪い意味で軽く、力強さに大きく欠けるような動き。特に今週の追い切りでは後脚が外へ流れており、スピードやパワーが全て逃げてしまっている点は大きな減点ポイントとなる。全体的に線が細く感じる点も割り引いておきたい。

ファンタジスト

追われてからはラチを頼ってしまうが、頼りながらもしっかりと負荷をかけられて真っ直ぐ駆け抜けた。先週がかなり内容のある追い切りだった事もあって今週の動きには注目していたが、今週もしっかりと負荷をかけられている点を考えるとやりすぎた感は全くなさそう。

マイネルサーパス

相変わらず自分のリズムで走っているが、身体の使い方が上手く、とにかく動きの大きさが目立つ。エンジンのかかりが遅い点は多少気になってしまうも、徐々にエンジンをかけて加速し、最後は調教パートナーを捉えにいく仕草をみせた。先週の動きも抜群だったが、今週もそれなりに評価出来る動きを披露してきた。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

一週前追い切りの動きと総合して考えるとこの馬が面白いでしょう。混戦の今年であれば十分チャンスはあるのでは。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第70回 朝日杯FS(GI)

好配当を狙う!
【3連単馬券】を特別無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年から12月28日にホープフルSが2歳GIとして行われるようになったことで、クラシックを意識する陣営はそちらを選択するか、あるいは休養に入って春に備えることが多くなった。牡馬にとっては阪神芝1600mという条件もクラシックに繋がりづらく、このレースは以前よりもNHKマイルCを筆頭とした短距離路線を意識するメンバーが集まるようになっている。

そのため前週に同条件の牝馬限定GI・阪神JFがあるにも関わらず、牝馬の参戦も見られるようになってきた。今年は『大物牝馬』と呼声も高いグランアレグリアが参戦を予定しているが、サウジアラビアRCでは既に牡馬を蹴散らした実績を持ち、ルメールが鞍上となれば、当然ながら最有力候補として目される存在となるだろう。

しかし、牡馬勢も決して軽いメンバーではない。3戦3勝でデイリー杯2歳Sを制したアドマイヤマーズに、京王杯2歳Sの勝ち馬ファンタジストなど、能力の底を見せていない馬達がエントリー。16年朝日杯FSでは牝馬のミスエルテが1番人気の支持を集めていたが4着に敗れており、そう簡単に勝利を挙げられる舞台でもないのだ。

キャリアが浅くデータが少ない2歳戦は、一般ファンにとっては馬券を買うにしても新聞やネットに出てくる僅かな情報や、建前しか語られていない陣営のコメントを参考にするしかなくなる。しかし、関係者の間では『2歳戦は情報が命』と言われており、関係者から入手した”真の情報”さえあれば、的中はそう難しくないレースなのだ。真の情報とは、競馬界の大物OBや現役関係者などが情報ルートとして名を連ね、あらゆる関係者と密なパイプを持つ我々シンクタンクだから入手できる関係者の本音、裏ネタと言ったものを指す。これは、一般ファンや一介の記者レベルの力だけで入手するのはまず不可能。

そこで、我々シンクタンクは多くの競馬ファンの方々に”真の情報”を体感して頂くために、今週は特別に【朝日杯FS・3連単馬券】を特別無料公開させて頂く。馬券的中に繋がる本物の情報を入手して、馬券ライフを一層楽しんで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第70回 朝日杯FS(GI)

好配当を狙う!
【3連単馬券】を特別無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク