【チャンピオンズカップ2018予想】+ラピスラズリステークス予想

スポンサーリンク


おはようございます。

12月一発目の昨日の競馬は上々の滑り出し。ステイヤーズステークス☆リッジマン〇アドマイヤエイカン▲モンドインテロでがっつり縦目。いつもこの組み合わせは必ず買うようにしているので当たった事は当たりましたが、この人気なのでほぼプラスにはならず。

ただ、中京メインの浜松ステークス◎メイショウカリンが3着、阪神メインのチャレンジカップ◎エアウィンザー△マウントゴールド〇ステイフーリッシュで3連単190倍を的中。対抗のステイフーリッシュに関しては馬券は色気を出してここからの縦目も買っておきたいと書いたように、縦目と本命対抗の組み合わせの重ね買いも当たってそれなりに回収出来ました。今週はこのまま勝ち逃げするつもりなので日曜はがっつり買うような事はしませんが、出来ればしっかりと当てて来週の香港に繋げたいと思います。

では本日は日曜の中京メイン、チャンピオンズカップの予想を。アンジュデジール、ルヴァンスレーヴ、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、サンライズソア、ケイティブレイブ、オメガパフューム、そして海外からパヴェルなどが出走するダート1800mのG1レース。

ゴールドドリーム(個人的にはクインズサターン)の回避は非常に残念ではありますが、それでもダートのトップクラスが終結したまさにG1という感じのG1。

まずは本題の前に東京メインと鳥羽特別の本命馬をあげておきます。先週は◎マイハートビート、昨日は◎メイショウカリンで的中。今週も一本単勝が欲しい。

鳥羽特別

人気ブログランキングへ

本来であれば中山と阪神メインの単勝を買いたかったが、買いたい馬が想像した以上に人気になっているので、日曜はこの馬の単勝で勝負したい。日曜のメイショウカリン同様に良い意味で中途半端な位置取りで競馬が出来そうな点が魅力で、今回は待望の1400m戦。前走も着順ほど負けておらず、ラストは確実に脚を使ってくるだけにこのコースなら勝ち負けになる。

ラピスラズリステークス

モズスーパーフレア

使うと硬くなるタイプなので前走から少し間隔があいた事と今回のコース替わりがプラスになりそうなこの馬を本命に。前走も敗れはしたがペースや展開を考えるとよく頑張っており、大外枠を引き当てた事は歓迎とは言えないものの、行き切ってしまえばそう簡単には止まらないのでは。馬券は単勝を買いたかったが、あまりにも抜けた人気になるなら馬単で勝負したい。

追い切りやその他競馬予想記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

チャンピオンズカップ

本命はウェスタールンド

上位人気に支持された前走の武蔵野ステークスは7着に敗れてしまったが、3角の不利が最後の伸びに影響した感じで、あの不利がなければもう少し上の着順を拾えたのでは。更に直線でも前が壁になって外に出すロスがあってのものなので、あの一戦だけで評価を落とすのは危険だろう。

2走前のシリウスステークスでは道中置かれながらも最後はドンケツから豪快に脚を伸ばしてオメガパフュームとタイム差なしの競馬。決してスムーズに馬群を裁けたとは言えない中での結果、そして上り35.1という桁違いの脚を使った事を考えると明らかに勝ち馬よりも強い競馬をしており、この時の1,3着馬であるオメガパフュームとサンライズソアが次走のJBCクラシックで2,3着に入線した事からして本馬の能力も重賞に手が届くレベルである事は間違いないだろう。

やや外寄りの枠を引き当ててしまったが、これまでの競馬をみる感じだとプラスに出る可能性は高く、極端な大外一気の競馬にならなければ前を捉えれるだけの脚は使える馬。本レースと相性の良いSS系×ヴァイスリージェント系という血統も後押しする。

対抗はルヴァンスレーヴ

これまでのレースではほぼ本命を打っているお気に入りの馬ではあるが、今回は相手関係と人気のバランスを考えて対抗に。能力は今更説明するまでもない馬で、前走のマイルチャンピオンシップ南部杯ではゴールドドリーム、2走前のジャパンダートダービーではオメガパフュームを破って勝利しており、ゴールドドリームが回避した今回は当然この馬が1番強いだろう。

ただ、斤量が古馬と1キロしか変わらない点は非常に気になるポイントで、死角を探すとすればここになるか。それでも絶好枠を引き当てた事でぶっ飛ぶ可能性は低くなったと言える。

▲にサンライズソア

先行馬が垂れる中で3着に粘った前走のJBCクラシックの内容が優秀で、ここも展開ひとつで勝ち負け争いに加われるだけの能力はある馬。シリウスステークスも展開を考えるとそれなりに強い競馬をしており、これまでのレースを見る感じでは今回もそう簡単に垂れるような事はないだろう。ただ、先週の競馬をみているとダートでこの鞍上は積極的に買いたいとは思わないので、その分だけ評価を落とした。

☆に人気ブログランキングへ

前走のレースをみると今であればどこからでも競馬が出来るようになっているこの馬を安定感から4番手に。これまでO型コースでは全く崩れておらず、かなり力をつけている今ならまず上位争いに加わってくるだろう。ただ、脚質に幅を持たせた事が影響して、良くも悪くも中途半端な競馬、結果になりそうな感じもするだけに、スパっと勝ち切ってくるイメージはあまり沸いてこない。

◎ウェスタールンド
〇ルヴァンスレーヴ
▲サンライズソア
人気ブログランキングへ
△穴アンジュデジール
△パヴェル
△ノンコノユメ
△サンライズノヴァ
△インカンテーション
△ヒラボクラターシュ
△オメガパフューム

☆はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第19回 チャンピオンズC(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のチャンピオンズカップは、去年のJRA最終ダートホースに輝いたディフェンディングチャンピオンのゴールドドリームと、南部杯でその現王者を負かした3歳世代トップのルヴァンスレーヴが再び激突。そこに、京都開催のJBCクラシックを制したケイティブレイブ、フェブラリーSの勝ち馬ノンコノユメ、3連勝で勢いに乗るサンライズノヴァ、そしてダートの本場アメリカからはパヴェルも参戦予定と、まさに“頂上決戦”にふさわしいメンバーが揃いそうだ。

中京ダート1800mは基本的には『逃げ・先行』が有利なコースとして知られるが、GI競走のこのレースに関しては激流になることも多く、差し・追い込みが決まるシーンもしばしば見られる。そのため、脚質的に嫌われて人気を落とし、高配当を演出するシーンも珍しくない。事実、去年勝ったゴールドドリームは8番人気で、一昨年の勝ち馬・サウンドトゥルーは6番人気、3年前には12番人気サンビスタがレースを制しており、伏兵が差し・追い込みの競馬で馬券に絡んでいることは頭に入れておかねばならない。

当社シンクタンクは騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなど、あらゆる関係者から情報を入手しており、今年も好配当を演出する“激走穴馬”の存在をシッカリとマークしている。世間が順当と思うレースでも、波乱の可能性はいくらでも存在し、波乱になれば大万馬券決着にもなり得る。馬券を買うのであれば、確かな筋からの情報を掴んでおいた方が良いのは間違いないだろう。

そこで、今回は当社シンクタンクの情報力を知ってもらうべく、万馬券を狙い撃つチャンピオンズカップの【3連単勝負馬券】の情報を特別に無料公開する。このチャンスに是非ともシンクタンクの情報を馬券検討に活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク