【エーデルワイス賞2020予想】本命マーサマイディア

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は木曜の門別メイン、エーデルワイス賞の予想を。ラストリージョ、ホーキーポーキー、マウンテンムスメ、ミコブラックなどが出走するダート1200mのjpn3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

昨日行われた鎌倉記念は▲セイカメテオポリス◎ジョーロノまではよかったものの、人気馬が拾えず痛恨の相手抜け。

ここは当たればそれなりに事故っていただけに相当痛い相手抜け。◎▲の馬連は持っていましたが…。ダメージが半端ないですが、気持ちを切り替えて今日こそ事故を。

今週は牝馬三冠・最終戦!

第25回 秋華賞 (G1)

【過去10年で10戦8勝】

昨年も10人気関西馬シゲルピンクダイヤの

勝負情報を入手して

3連複【1万5170円】的中!

今年も勝負の関西馬と

人気薄関西馬で万券決着もある!?

最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

秋華賞の勝負買い目情報

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【無料入手方法はコチラ!!】

エーデルワイス賞

本命はマーサマイディア

前走は早い段階で脚があがってしまい見せ場なく6着に敗れているが、これまでの競馬や前走の直線での垂れ方を見るとこの馬には1600mという距離は長く感じるので、おそらく距離が影響しての結果だろう。

実際に1200m以下のレースでは大崩れする事なく走っており、3着に敗れてしまったレースでも外から終始プレッシャーをかけられる厳しい展開になった事で最後まで脚が持たなかっただけなので、決して力負けという訳ではないのでは。

今回は中央馬が相手となるレースなのでこれまでのように楽な戦いにはならないと思うが、走り慣れた門別での競馬、待望の1200mへの距離短縮ならさすがに前走のような事にはならない可能性が高く、更に毎年のように道営所属馬が馬券に絡んで波乱になっているようなレースなら今年もこの手のタイプが馬券に絡んでくるというのがお決まりのパターンと言えるか。

このレースを熟知している角川秀樹厩舎が送り出す馬という点にも怖さがあるので、波乱があるならやはり今年も道営勢の台頭があった時とみた。

対抗はソロユニット

こちらも道営所属の馬になるが、これまでの実績や勝ち方からすると中央馬が相手であってもまず能力は通用すると思うので、単純に馬券に絡む確率や頭を取る確率で考えると本命馬以上と言えるのでは。特別ゲートが速いというタイプではないので、砂を被った時にどうかという不安はあるが、スムーズに行き切ってしまえば圧勝まであってもいい。

▲にラストリージョ

前走のすずらん賞を先行して押し切ってしまったのは少し驚いたが、芝のレースでもスピードが通用する馬ならダート替わりのここは当然勝ち負けになる。ただ、案外ダートよりも芝向きというパターンがゼロという訳ではないので、揉まれるリスクのある最内枠スタートなら3番手評価ぐらいで様子を見たい。

☆にミコブラック

ヤマボウシ賞の内容が案外だったので、もしかすると中距離向きの馬かもしれないが、前走で相手にした馬のレベルを考えると今回は重賞でも相手に恵まれたので、ここは能力だけで上位に食い込んでくる可能性は十分にあり得るだろう。あまり積極的に買いたいタイプではないが、派手に票を集める馬でもないと思うので、案外上位評価しておいても損はなさそう。

◎マーサマイディア
〇ソロユニット
▲ラストリージョ
☆ミコブラック
△クローリスノキセキ
△トゥルスウィー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第25回 秋華賞(G1)>

デアリングタクトを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気馬の成績では、1人気[4.1.1.4]、2人気[1.3.1.5]、3人気[4.0.1.4]と上位人気馬が9勝2着4回。平均配当では、馬連7240円、3連複1万2330円、3連単5万4780円となっており、伏兵馬(2桁人気)も馬券圏の好走は2頭のみと直近10年の大波乱ははい。

ステップレース別の成績ではローズS組[4.6.7.58]、紫苑S組[3.1.0.42]、オークス組[2.0.0.9]、クイーンS組[1.0.1.5]、。2勝クラス[0.2.0.17]。主力は前哨戦のローズSと紫苑S。

オークスからの直行組では昨年のクロノジェネシス(阪神JF2着・桜花賞3着・オークス3着)とアーモンドアイ(桜花賞1着・オークス1着)の2頭のみ。どちらもクラシック線で上位の成績を残していた。ここ2年はオークス直行組が2連勝しているが紫苑S組から17年16年14年に優勝馬が3頭出ている。

桜花賞・オークスの2冠を達成し4戦無傷のデアリングタクトが3冠獲りに挑む。牝馬としては史上初となる無敗の3冠馬を狙う。前哨戦を使うプランもあったようだがオーナーサイドとの協議により直行が決定。次走へのお釣りのある仕上げではなく秋華賞をピークに仕上げて行くとのことで、あくまでも秋華賞が最大目標であることだ。歴史に名を刻む大一番は注目だ。

他にはオークス2着馬のウインマリリンやサンクテュエール、ミヤマザクラが前哨戦を使わず秋華賞へ直行。ローズSを快勝したリアアメリア、3戦前走の上がり馬レイパパレ、前哨戦の紫苑Sで重賞2勝目のマルターズディオサ、オークス3着馬ウインマイティーなどがスタンバイ!

昨年の秋華賞も馬連2180円・3連複1万5170円・3連単7万0970円パーフェクト的中!今年も波乱の立役者となる隠れ穴馬の存在が!?無傷の3冠を狙うデアリングタクトが恐れる人気薄隠れ穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『秋華賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第25回 秋華賞(G1)>

デアリングタクトを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク