【ファルコンステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて土曜の中京メイン、ファルコンステークスに出走を予定しているイッツクール、ヴァッシュモン、シングルアップ、ドゴール、ローゼンクリーガーの最終追い切りに関する記事を。

まずは本題の前にこちらのレースの予想オッズを。

予想オッズ

1 ローゼンクリーガー 3.2
2 ヴァッシュモン 4.1
3 ダノンジャスティス 4.7
4 ドゴール 5.9
5 ハッピーアワー 6.6

1人気は前走の阪神ジュベナイルフィリーズは大敗も、適性距離に戻るローゼンクリーガー。さすがにこの距離であれば前走のような事にはならない可能性が高いのでは。

続いてジュニアカップを鮮やかに差し切ったヴァッシュモン。もともとはこのぐらいの距離が合っている馬と思うので、距離短縮となる今回は当然有力馬の1頭となるだろう。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

その他週末の重賞に関する記事はこちら。

【スプリングステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【阪神大賞典予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

ファルコンステークス最終追い切り

イッツクール

馬格がある割には線が細く感じるが、身体の使い方は上手く脚の回転も速い。調教パートナーを追いかける形となったが、相手に並んで追われるとじりじりと脚を伸ばし、加速してスピードに乗るとあっと言う間に相手を突き放した。ダートも走っているのでパワー寄りと思いきや、案外スピード寄りに出た馬体、タイプと言える。ただ、可動域の広さの割には少しこじんまりとした動きだった。

ヴァッシュモン

もはや併せ馬にはならなかったが、それだけスピードとパワーが有り余っていたのだろう。直線で調教パートナーを置き去りにして馬場の真ん中を豪快に駆け抜けた姿は圧巻の一言で、馬なりでこれだけ走られてしまっては相手もお手上げか。脚もしっかりと上がっており、地面を蹴る力も相当強く感じた。馬体に艶と張りもあり、現時点でやれる事はやったという出来では。特に減点材料は見当たらなかった。

シングルアップ

かなり馬体を持て余した走りで、身体を使って走れていない点はやはり気になってしまう。脚捌きは軽いが、スピードは全く感じられない走りで、馬格がある割には力強さも全く感じられない。最後は一応追われた分だけは伸びてはいるが、とにかく中途半端な馬体と走りが足を引っ張っている印象なので、これなら完全にダートを使った方が良さが引き出されそうな感じもするが。

ドゴール

動きも反応も地味で良い点をあげるとすれば脚の回転の速さと素軽さか。頸と脚を出すリズムも良いが、案外勝負所では伸びそうで伸びない。最後は負荷をかけられて相手に先着したが、手応えの差を考えると高く評価する事は出来ない。単純な動きだけなら前走、前々走の方がよく見えたが。

ローゼンクリーガー

頭が高く線が細いが、可動域が非常に広く、馬体重以上に馬が大きく見える。この動きの大きさが影響して脚の回転の割には前へ進む距離が長く感じ、素軽さがない割にはスピードを感じられる奇妙な走り。トモ、肩の張りも上々で、馬体に全く緩さは見られない。久々の競馬となるが、仕上がりに不安はないと思ってよさそう。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第68回 スプリングS>

今年も「GI級」と評価が高い
素質馬が出走!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気馬の成績では、1人気[4.3.2.1]、2人気[1.2.1.6]、3人気[2.2.0.6]と1人気 が馬券圏内から外れたのは1回のみ。平均配当では、馬連3170円、3連複4700円、3連単2万7380円。近年は波乱が少なく順当な決着となっている。

ステップレース別では500万条件[4.5.4.30]、朝日杯FS[2.1.3.7]、共同通信杯[1.3.0.15]、きさらぎ賞[1.1.1.3]、オープン[1.0.1.16]と500万条件組みが4勝と強さを見せている。また、京成杯[0.0.0.10]、未勝利[0.0.0.9]、弥生賞[0.0.0.3]、新馬[0.0.0.3]、は馬券圏内の好走がなくステップレースとしては厳しい。

今年は朝日杯FS・2着のクリノガウディー、ファンタジスタ(4戦3勝)、ロジャーバローズ(3戦2勝)、ヒシイグアス(3戦2勝)などが出走。名馬を送り出している皐月賞のトライアルレースだがクラシック路線で活躍する馬はいるのか!?

昨年の勝ち馬ステルヴィオはマイルCSを勝ち、2着馬エポカドーロは皐月賞2着とGI路線で活躍。今年も「GI級」と評価が高い素質馬が出走!さらに、無印濃厚の人気薄激 走馬の大駆け情報を緊急入手!週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『スプリングS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク