【スプリングステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて日曜の中山メイン、スプリングステークスに出走を予定しているクリノガウディー、コスモカレンドゥラ、ディキシーナイト、ファンタジスト、ロジャーバローズの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

その他週末の重賞に関する記事はこちら。

【スプリングステークス2019予想考察】一週前追い切り・調教評価その1

【スプリングステークス2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価その2

3点勝負買い目を無料公開

スプリングステークス最終追い切り

クリノガウディー

悪い意味で先週とはまた違った追い切り。少し重心にブレがあり、脚も思ったほど上がってこない。一週前追い切りと動きを比較するとおそらく下を気にして走っているのだろう。今週はある程度負荷をかけられた時の走りを確認したかったが、残念ならがそれは叶わず。先週は良い意味で平凡という評価をしたが、今週は本当に普通の動きだった。特に何も目立たない。

コスモカレンドゥラ

調教パートナーが邪魔で追い出す場面などは全く動きを確認出来なかったが、反応は悪いものではない。相手に抜け出されそうになるとこちらもエンジンがかかり、そこから一気に負荷をかけられてしっかりと脚を使った。身体もしっかりと使って動けており、前脚もよく上がっていた。ただ、相手もかなり負荷をかけられていたとはいえ、最後は弾けそうで弾けなかった点は少し割り引いて考えておきたい。それでもやれることはある程度やれただろう。

ディキシーナイト

頭の高さは頸差しの影響なので気にならない。しっかりと身体を使って動けており、馬格がある割には動きに軽さもある。以前までは反応の悪さが目に付いていたが、先週もそうだったが随分と反応は良くなった印象で、しっかりと相手の前に出て加速出来ている点は評価出来るだろう。アーモンドアイと併せた強烈な追い切りとはまた違った内容となったが、並ばれても抜かせない勝負根性は相変わらずで、この反応の良さをレースで活かす事が出来れば案外やれそう。今のところ脚もとは安定している。

ファンタジスト

今週も多少重心がブレるがフォームは乱れない。ただ、速く感じた脚の回転、そして素軽さとスピード感はあまり感じられず、とにかく内面だけが先走っているような追い切り。ここはおそらく馬場の影響だと思うがちょっと割り引いておきたいポイントか。先週調教パートナーをぶっちぎっているように、馬(内面を含めて)はしっかりと動けているので、2週総合して考えると悪い追い切りではなかったと言える。ただ、バリバリのスピードタイプなだけに距離延長はどうだろうか。

ロジャーバローズ

非常に力強く豪快な走り。馬場を考えると相当動いており、肩の筋肉量に比例した迫力もある。多少頸の可動域は狭いが、身体はある程度使えているのであまり気にする必要はないだろう。地面を蹴る力が強い割には案外スピードもある馬で、脚の回転の速さをみても調子は良さそうな印象を受ける。案外相手がしぶとかったので最後まで突き放す事は出来なかったが、しっかりと馬体を併せて負荷をかけられた点は評価しておきたい。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第68回 スプリングS>

今年も「GI級」と評価が高い
素質馬が出走!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気馬の成績では、1人気[4.3.2.1]、2人気[1.2.1.6]、3人気[2.2.0.6]と1人気 が馬券圏内から外れたのは1回のみ。平均配当では、馬連3170円、3連複4700円、3連単2万7380円。近年は波乱が少なく順当な決着となっている。

ステップレース別では500万条件[4.5.4.30]、朝日杯FS[2.1.3.7]、共同通信杯[1.3.0.15]、きさらぎ賞[1.1.1.3]、オープン[1.0.1.16]と500万条件組みが4勝と強さを見せている。また、京成杯[0.0.0.10]、未勝利[0.0.0.9]、弥生賞[0.0.0.3]、新馬[0.0.0.3]、は馬券圏内の好走がなくステップレースとしては厳しい。

今年は朝日杯FS・2着のクリノガウディー、ファンタジスタ(4戦3勝)、ロジャーバローズ(3戦2勝)、ヒシイグアス(3戦2勝)などが出走。名馬を送り出している皐月賞のトライアルレースだがクラシック路線で活躍する馬はいるのか!?

昨年の勝ち馬ステルヴィオはマイルCSを勝ち、2着馬エポカドーロは皐月賞2着とGI路線で活躍。今年も「GI級」と評価が高い素質馬が出走!さらに、無印濃厚の人気薄激 走馬の大駆け情報を緊急入手!週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『スプリングS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク