【阪神大賞典2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、阪神大賞典に出走を予定しているアドマイヤエイカン、ヴォージュ、シャケトラ、ステイインシアトル、リッジマンの最終追い切りに関する記事を。まずはこちらの予想オッズからみていきましょう。

予想オッズ

1 シャケトラ 2.3
2 リッジマン 4.1
3 アドマイヤエイカン 4.4
4 ヴォージュ 6.8
5 コルコバード 7.5

1人気は前走久々の競馬を快勝したシャケトラ。普通なら乗り替わりやポカが嫌われそうではあるが、とても重賞とは思えないメンバーなので、押し出されるようにこの馬が人気になるだろう。

続いてリッジマン、アドマイヤエイカン、ヴォージュが上位人気に支持されるというヤバすぎるG2。さすがにこれを重賞と呼ぶのはどうかと思いますね。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

先週の追い切り注目馬は2レース好走。6人気だったとはいえランドネもなかなか動きが良かっただけに自信がありましたが…。今週は4つ重賞がありますので、最低でも2つ、出来れば3,4つ指名出来るように頑張ります。

その他週末の重賞に関する記事はこちら。

【スプリングステークス2019予想考察】一週前追い切り・調教評価その1

【スプリングステークス2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価その2

3点勝負買い目を無料公開

阪神大賞典最終追い切り

アドマイヤエイカン

少し馬体に緩さはあるが、脚はしっかりと上がっており、回転に鈍さも感じられない。調教パートナーが抜群の手応えで上がっていくところを行かせないとばかりに追いかけ、追われるとグイグイと伸びて相手に先着。もう少し伸びてもいいかな、という感じも反応は決して悪くないので、8割ぐらいの出来にはあるだろう。ただ、発汗は多少気になる。

ヴォージュ

既に前半から調教パートナーに全くついていく事が出来なかったので、実質単走のような追い切り。胸が広い訳ではないが、随分と脚の回転が鈍く、身体も全く使えていない点は大幅に割り引いて考えたい。負荷をかけられた時には既に脚があがっており、最後はバタバタになりながらフィニッシュ。ちょっと良いポイントが見当たらない。

シャケトラ

気性面の影響で頭の位置がブレるが、フォームは安定している。一度使われた事でかなり反応が良くなっており、追えばおそらくぶっ飛んで行くほどの手応えがあった。結局最後まで調教パートナーに馬体を併せたままで追い出される事はなかったが、おそらくこれは距離を考慮してのものだろう。相手との手応えの差を考えるとなかなか良い追い切りだったのでは。

ステイインシアトル

前半は行きたがる仕草をみせるが、気持ちはセーブ出来ている。追われる前からかなりの反応の良さを見せており、負荷をかけられた調教パートナーが並びかけようとするとすぐにこちらも反応して抜かせない頭の良さもみせた。非常に手応えは楽ではあったが、それ以上に馬が良く動いていた印象を受けた。好調と思っていい。

リッジマン

スッキリした馬体と脚の回転の滑らかさが目につく。スピードも上々で、自分のリズムを崩す事なく最後まで安定した走りを披露した。今回の距離を考えるとこれぐらい内面が安定していた方がいいのではないだろうか。特別目立った動きではないが、まず好調と言える動きでは。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切りを見る感じでは波乱の予感も。この後スプリングステークスの記事を追加で更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第68回 スプリングS(G2)

先着100名様限定!
好配当を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年もスプリングSの2着馬・エポカドーロが皐月賞を制したように、本番へ向けた重要なトライアルでもあるが、1着馬ステルヴィオが後にマイルCSを制したように、1800mという距離も相まって、後にマイル路線を歩む馬が、今後の路線を見定めるために出走してくるケースも珍しくない。

また、3着までに優先出走権が与えられるトライアルということもあり「何としても権利を取りたい」「本番じゃ勝ち負けにならないからココが勝負」という陣営もおり、賞金を持っている”叩き台”の陣営とは、まるで勝負度合いが違う。このような陣営の本音をマスコミが掲載することはホボなく、世間には当たり障りのない建前ばかりしか出回らなくなってしまう。

しかも、今年は共同通信杯で2歳王者・アドマイヤマーズが敗れ、ホープフルSで2着だったアドマイヤジャスタがすみれSで完敗。同3着ニシノデイジーも弥生賞で4着と、皐月賞直行を決めているサートゥルナーリアを除くGI好走馬のほとんどが年明け緒戦を落とす結果となり、牡馬クラシック路線は俄に混戦ムードが漂ってきている。例年以上に2歳時の成績がアテにならない状況となっている。

当社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった名馬にも関わった元騎手・元調教師が『情報ルート』として在籍。現役関係者から『真の情報』を入手し、本当の勝負度合いを知ることができるだけでなく、プロの目で各馬の力関係も的確に回顧・分析しているからこそ、どの馬を“買うべき”かをズバリとジャッジすることができる。

事実、重賞・メインレースでは、100週以上連続で的中を継続してきた実績がある。今週は、そんなシンクタンクの情報力を体感してもらうべく【スプリングS・3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。馬券を買う前に、是非ともこの情報をご参考にして頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第68回 スプリングS(G2)

先着100名様限定!
好配当を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク