【函館2歳ステークス2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の函館メイン、函館2歳ステークスに出走を予定しているラヴケリー、リンゴアメの一週前追い切りに関する記事を。カイザーノヴァは連闘の為、更新を見送ります。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

予想オッズ

1 モンファボリ 1.8
2 ルーチェドーロ 5.8
3 カイザーノヴァ 7.6
4 ホーキーポーキー 11.5
5 ラヴケリー 12.4

中京記念の穴馬3頭

中京記念(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

中京記念の予想を無料で見る

函館2歳ステークス一週前追い切り

ラヴケリー

この産駒らしく完成度は高い印象を受けるが、身体の使い方はまだまだわかっておらず、負荷をかけられている割にはフォームもイマイチ安定しない。

おそらく馬場の影響もあると思うが、追われてからの反応も悪く、最後は調教パートナーを何とか交わせたが、これは相手がこちらの手応えに合わせて追うのをやめた為だろう。

リンゴアメ

関係のない馬が前で追い切りを行っていたのでかなり複雑な内容となったが、気分良く自分のリズムで駆け抜け、スピードに乗ったまま一気に走り切った。

最後は手綱を引かれた事もあってややちぐはぐな内容となってしまったが、おそらくそのまま追われていれば相手との着差もそれなりに広がっていたと思うので、ここは見た目以上の評価をしておきたい。

何より動きや馬体を見ると調子以上に完成度の高さを感じられる一頭と言えるので、能力はさて置き、この時期の2歳重賞らしく完成度の高さだけで上位に食い込んでくる可能性は十分考えられるのでは。

最後に函館2歳Sの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 函館記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

小回りで枠や脚質の有利不利が出やすいローカル競馬場でハンデ戦と、紛れが生じやすい条件が揃っているように、函館記念も過去10年全て万馬券決着、その内7回が10万馬券以上と、ハッキリと“波乱”の傾向が出ている。

先の条件の他にも、函館記念はいくつか押さえておかねばポイントがある。

まず、北海道シリーズは“滞在競馬”であることだ。美浦や栗東で仕上げ、直入で出走する馬も少なくはないが、レース直前に輸送がないことは、多くの競走馬にとってメリットとなる。

輸送で体がガレてしまう、テンションが上ってしまう馬が、滞在競馬では「まるで別馬」となり、本来の能力をフルに発揮すこともしばしば。事情を知らない一般ファンからしてみれば“激走”に見えるだろうが、実は必然の好走というワケだ。

また、“洋芝”で行われことも見逃してはならない。今年の函館は開幕直後、高速決着となっていたが、洋芝と野芝が別物であることには変わりない。前走野芝で凡走していた馬が、得意の洋芝でガラリ変身することもある。

何より重要なのが、夏競馬期間は取材する記者が不足しており、特に北海道の場合、コメントや調教時計を全ての新聞社で使い回すのが当たり前。現地の関係者曰く「あんなのアテにしたらアカンで」という新聞のコメント欄や、一般に出回るマスコミの情報を鵜呑みしていては、獲れる馬券も獲れなくなる。

一方、弊社シンクタンクは、各関係者に電話、メール、LINEなど個別に連絡とって話を聞くことができる情報ルートがしっかりと存在する。

一般マスコミの取材が疎かになる夏競馬期間中は、まさに絶好の儲けドコロで、波乱となった先日のラジオNIKKEI賞では、馬連1万1240円、3連複2万2480的中をしっかりと手にしているのだ。

本物の関係者情報を入手することが困難な多くの競馬ファンのために、今週は函館記念で弊社が掴んでいる情報を特別無料公開。「馬券候補が絞れる!」と大好評の【情報注目馬5選】もあわせて公開するので、馬券を買うつもりであるならば、ぜひともチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 函館記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク