【川崎記念2019予想】本命サルサディオーネ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は30日(水)の川崎メイン、川崎記念の予想を。ケイティブレイブ、コパノチャーリー、アポロケンタッキー、ミツバ、オールブラッシュなどが出走するダート2100mのJpn1レース。

先週行われたTCK女王盃は◎ラビットランから馬券を購入するも相手が△ビスカリアと無印の馬に走られてしまいハズレ。中央競馬の調子が悪くないので、ここらで地方競馬も流れに乗りたいところ。

今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【きさらぎ賞2019予想オッズ】注目馬など

【東京新聞杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

川崎記念

本命はサルサディオーネ

東海ステークスに出走していれば本命にしたかったが、過去にエンプレス杯で3着に粘った川崎ダート2100mという舞台であれば狙いとしては間違っていない。さすがに今回は牡馬相手のJpn1という事もあって相手関係は楽ではないが、ケイティブレイブ以外であれば適性だけで何とかなりそうなメンバー構成。

これまで4勝全てを左回りであげている馬で、過去には新潟の重賞レパードステークスでも2着に好走した実績もあるだけに完全なるサウスポーと思っていいだろう。

2走前のJBCレディスクラシックは大敗してしまったが、実績のない右回りでの競馬が大きく響いての着順なので完全に度外視出来るレースで、実際に左回りでの競馬となった前走のクイーン賞であっさりと巻き返したように、条件さえ揃えば重賞でも能力は十分足りる馬。

何よりこれまで逃げる競馬でしか結果を残す事が出来なかったが、前走は2番手に控える競馬で結果を残しており、ここも先行馬との兼ね合い次第となるが、無理に競る事なく相手の出方をみながら番手でレースを進めれば今なら結果はついてくるのでは。前走に続いての外枠、頭数が少ない点もプラスだろう。

対抗はケイティブレイブ

前走の東京大賞典ではオメガパフューム、ゴールドドリームにはあっさりと交わされてしまい完敗。ただ、予想通りチャンピオンズカップからはしっかりと巻き返してきたように、得意の交流重賞であれば大きく崩れる姿はあまり想像出来ない馬。

それでも大井から川崎へのコース替わりはプラスとは言えないので、ここも軸としての信頼度は高いかもしれないが、何かが前にいる可能性は十分考えられるだけに力が圧倒的に抜けていることはわかっていながらも印は対抗まで。

▲に人気ブログランキングへ

血統通り成績にムラはあるが自分の形にさえ持ち込めば強い競馬ができる馬。今回のコースも合っているのでハマれば頭まで期待出来るだろう。道中の位置取りだけは読み難くなってしまったが、この相手であれば気分さえ乗れば恥ずかしい競馬にはならないとみる。

☆にアポロケンタッキー

前走はすんなり先行するも差し馬が台頭する流れになってしまい惨敗。ただ、道中の行きっぷりをみていると衰えを差し引いたとしてもまだ十分戦えそうな馬で、今回の頭数であればそれなりの位置で競馬が出来る可能性が高いだけに、去年2着に好走した相性の良いレースならそれなりに警戒が必要となるだろう。

最後に△ミツバ

個人的には東海ステークスでみたかったが、17年の川崎記念でケイティブレイブに先着しているので、今回のコースが合わないという事はなさそう。ただ、乗り難しいタイプなので、またまたジョッキーが乗り替わってしまうのは歓迎とは言えないだろう。

◎サルサディオーネ
〇ケイティブレイブ
人気ブログランキングへ
☆アポロケンタッキー
△ミツバ

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第69回 東京新聞杯>

過去10年1番人気の優勝なし!
>>>>今年も波乱<<<<<

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

安田記念・ヴィクトリアマイルのGIと同じ舞台、東京芝1600Mで行われる重賞。過去の勝ち馬ではリスグラシュー、トロットサンダー、キングヘイロー、アドマイヤコジーン、ハットトリック、スズカフェニックス、ローレルゲレイロなどのGI馬を輩出。スプリント路線で活躍する馬も多くいる。

過去10年での人気別の成績では、1人気[0.2.2.6]、2人気[2.0.2.6]、3人気[3.0.0.7]と人気上位馬は5勝止まり。1人気は優勝がなく連対馬も2頭のみと大苦戦。平均配当では、馬連7690円、3連複2万9820円、3連単17万9360円と大波乱。2桁人気の伏兵では16年マイネルアウラート(11人気3着)、09年キャプテンベガ(15人気2着)、などが馬券圏に好走しており波乱の立役者となっている。馬連万馬券が3度、3連単では10万馬券以上は4度、10年には88万馬券の特大馬券が出ている。

年齢別の成績では4歳馬[4.4.4.23]、5歳馬[2.3.5.31]、6歳馬[4.2.0.29]、7歳馬[0.1.1.26]、8歳上[0.0.0.10]となっており4歳馬~6歳馬の活躍が目立つ。7歳以上の高齢馬からの優勝馬はなく連対も1度のみを苦戦。

2018年は◎リスグラシューから馬連2450円、3連複4630円ダブル的中!2017年も◎エアスピネルから3連複1610円的中と2年連続的中!今年も自信の◎から的中予告!また、人気薄情報馬の激走情報を極秘入手!印スッコ抜けとなる激走穴馬の正体を確認してから馬券購入してください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『東京新聞杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク