【京王杯スプリングカップ2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、京王杯スプリングカップに出走を予定しているグルーヴィット、レッドアンシェル、ステルヴィオ、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着

ヴィクトリアマイル穴馬3頭

ヴィクトリアマイル(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ヴィクトリアマイル(G1)を無料で見る

京王杯スプリングカップ最終追い切り

グルーヴィット

入りから気合いが入りすぎている事もあって重心のブレとフォームの乱れが目につく。左右にフラれる場面も多々みられ、手綱を緩めるとぶっ飛んでいきそうな程勢いがあるのは大きな武器にもなるが、内面に爆弾を抱えているという事にもなってしまう。さすがに前半飛ばしすぎた事もあってか、最後は脚があがってしまったが、それでもきっちりと走り切った点は評価しておく。

レッドアンシェル

終い重点の追い切りとなったが、前半からキビキビとした活気のある動きが目に付いており、安定したフォームでグイグイと伸びてきた。広い可動域と力強い脚捌き、そしてエンジンがかかってからのスピードをみると休み明けとはいえ、仕上げに一切抜かりはなく、むしろ休む前の動き(良い頃の動き)と比較しても全く遜色のない動きとなっている。

若干馬体に余裕は感じられるが、ビシッと追われて負荷をかけられているので、レース当日までにはある程度引き締まってくるのではないだろうか。まず好調。

ステルヴィオ

内面を考慮してか、かなり緩く軽い追い切りとなっている。前半は折り合いを欠く場面もみられ、最後の最後まで頭が高くフォームも全く沈まない。さすがに手綱を緩めると一気に加速したものの、これだけ内面が乱れているとレースに行った時の折り合い面にも大きな不安が残るが…。

前走時の追い切りが良すぎた事もあってか、今回はさすがに一枚落ちといった感じの追い切りで、更にこれだけ内面にスイッチが入っている馬を評価する訳にはいかないか。

タワーオブロンドン

霧の影響で全く馬体は確認出来ないが、脚捌きと動きには力強さがある。ただ、いくらか太め残りという感じもするので、当日の馬体重には注意したい。

ダノンスマッシュ

いつも迫力満点に力強く動く馬ではあるが、今回は少し追い切りのパターンを変えてきた事もあってか、こじんまりとした小さい動きとスピードに大きく欠けるような走りとなっている。枯れた様子こそ感じられないものの、見た目通り至って平凡な追い切り、馬体でとなっており、どこを取っても特別なものは感じられない普通の走りだったので、この変化がプラスに出るのか、マイナスに出るのかは正直走ってみないと何とも…。とりあえずこの動きなので当然のように推しとまではいかないというのが最終的な答えとなる。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第15回 ヴィクトリアM(G1)>

波乱の立役者となる隠れ穴馬の正体?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の平均配当では馬連で1万1560円、3連複31万62000円、3連単226万7770円と大波乱が多く、15年には2070万5810円の特大馬券が出ている。19年はクロコスミア(11人気・3着)、17年はデンコウアンジュ(11人気・2着)、15年ケイアイエレガント(12人気・2着)、ミナレット(18人気・3着)、14年ヴィルシーナ(11人気・1着)、13年ホエールキャプチャ(12人気・2着)、10年ニシノブルームーン(11人気・3着)と二桁人気の伏兵が馬券に絡んでいる。

過去10年、ステップレース別の成績(3着以内)では4勝(2着4回)を挙げている阪神牝馬組の成績が目立つ。他には海外組・中山牝馬S組・大阪杯組・高松宮記念組・マイラーズC組がそれぞれ1勝。海外組の連対馬はブエナビスタの1頭で海外でも活躍した名牝。

昨年は◎プリモシーンから馬連3700円的中!一昨年も◎リスグラシューから馬連4080円的中!2016年も◎ミッキークイーンから馬連3510円&3連複6190円ダブル的中と直近4年で3度的中のドル箱GI。

昨年は5番人気ノームコアが1着、18年8番人気ジュールポレールが1着、17年6番人気アドマイヤリード1着、16年7番人気ストレイトガール1着など1番人気は13年のヴィルシーナ以降優勝馬は出ていない。

今年も波乱必至のメンバー構成で、どの馬にもチャンスはありそうだ。実は競馬セブンでは人気薄濃厚のとある陣営の勝負情報を入手済!有力馬を纏めて負かす可能性十分な人気薄隠れ穴馬の正体とは!?必ず馬券購入前にご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ヴィクトリアM・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク