【都大路ステークス2020予想】本命カリビアンゴールド

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、都大路ステークスステークスの予想を。ヴァルディゼール、サトノアーサー、バイオスパーク、キョウヘイ、テリトーリアルなどが出走する芝1800mのリステッド競争。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

当初は東京メインの京王杯スプリングカップの予想を公開する予定でしたが、理想とは真逆の枠順になってしまったので、土曜は都大路ステークスを中心に馬券を購入する事にしました。

ただ、ぱっと見今週は先週のように当たりそう、事故りそうというレースが少ない印象を受けるので、全体的に軽く購入する週なのかもしれません。

まずは本題の前に東京メイン、京王杯スプリングカップの予想を軽く。タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ライラックカラー、レッドアンシェルなどが出走する芝1400mのG2レース。

京王杯スプリングカップ

人気ブログランキングへ
〇セイウンコウセイ
▲ドーヴァー
☆穴ショウナンライズ

出来れば雨の影響をモロに受けてもらいたいレース。本命はパンパンの良馬場であれば厳しいかもしれないが、雨の恩恵を受ける事が出来れば十分出番がありそう。本馬も直線で流れ込めるようなタイプではないものの、前走の負け方がいかにもという感じだったので、この人気で買えるのであれば軸はここからでいい。

相手にも中穴をズラッと並べて事故を狙いたいが、さすがに人気馬が総崩れというパターンはない気もするので、3列目には人気馬を入れた3連複で勝負してみたい。

ヴィクトリアマイル穴馬3頭

ヴィクトリアマイル(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ヴィクトリアマイル(G1)を無料で見る

都大路ステークス

本命はカリビアンゴールド

派手な人気にはならないが、去年のクイーンステークスでミッキーチャーム、スカーレットカラーとタイム差なしの競馬をした実力馬。

その後は2走前の中山牝馬ステークスこそ不良馬場が響いて大崩れしてしまったが、その他のレースでは非常に安定した成績を残しており、前走の福島牝馬ステークスでも大外から脚を伸ばして勝ち馬とは0.3秒差の競馬に持ち込む負けて強しの内容と、展開さえ向けばリステッド競争ならいつでも突き抜けてくるだけの力はある馬と言えるだろう。

今週からDコース替わりで内がある程度伸びる馬場になる可能性はあるにはあるが、それでも今シーズンの京都の馬場を考えると極端に内と前が止まらないという馬場にはならないと思うので、ハンデ54キロで競馬が出来るここなら勝ち負けになる一戦とみる。

今回引き当てた大外枠もまずプラスに転ぶだろう。

対抗はサトノアーサー

重賞では少し足りないが、リステッド競争なら確実に上位に食い込んでくるアストラエンブレムのような馬。ここ2戦も展開や道中の位置取りを考えるとほぼ勝ちに等しい内容なので、頭を取るなら京都替わりとなる今回ではないだろうか。

雨の影響やDコースでレース傾向が多少ズレてくる可能性もあるが、最近の傾向がある程度続くようであればここはまず不発はないとみた。

▲に人気ブログランキングへ

血統通りモロさはあるが、得意の京都なら大崩れはないとみて本馬を3番手に。馬体を見てもまだまだ馬が成長しているので、今回の結果次第では夏のローカル重賞でも十分出番があるだろう。後はローテ的にも極端な馬体増がなければ、という感じになるか。

☆にワイプティアーズ

クラスが上がっていきなりというタイプではないかもしれないが、先行して楽々押し切った前走の勝ち方が着差以上に強く感じたので、今回も展開次第では面白さがある一頭と言えるだろう。3走前の逆瀬川ステークスの内容からしてもリステッド競争で足りない馬ではないと思うので、馬券的には半信半疑の今回が狙い目とみる。

◎カリビアンゴールド
〇サトノアーサー
人気ブログランキングへ
☆ワイプティアーズ
△ヴァルディゼール
△バイオスパーク
△ベステンダンク

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第15回 ヴィクトリアマイル(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大半の古馬牝馬にとって、春の最大目標となるレースだが、あくまで“大半”であり、“全て”でないことは頭に入れておかねばならない。

今や牝馬が現役最強というケースが珍しくなくなったため、ヴィクトリアマイルを大目標としない、出走しないケースも増えた。現役最強レベルの馬がココを勝っても、確かにそう箔にならず、賞金面を考えても……ということもあるだろう。

また、3週後には同じ東京マイルの安田記念が控えており、今では香港など海外遠征という選択肢も当たり前となった。有力馬を多数抱える大手牧場にして見れば、“使い分け”しやすい状況にもある。

今年は海外遠征が難しい状況とは言え、ノームコア、ラヴズオンリーユー、ダノンファンタジーといったGI馬が名を連ねるだけでなく、アーモンドアイまでが参戦を表明することになった。

これは、大きな出来事であることは間違いない。

今年はドバイが中止になったが、去年はドバイから安田記念へ直行、3着とは言え致命的な不利を受けており、誰もが「まともであれば勝っていたのでは……」という内容だった。にも関わらず、今年は安田記念でなくココ、この選択が意味する思惑を的確にジャッジする必要がある。

「牝馬同士ならアーモンドアイの1強」

そう断ずる人間は少なくないだろう。

しかし、有馬記念を思い出して欲しい。単勝1倍台の圧倒的人気となりながら9着に大敗。初めて馬券圏外に沈んだ。5馬身差で圧勝したのは当社◎リスグラシューで、5万7860円的中をズバリ◎○大本線1点目的中で仕留めた。

当時も香港遠征を取り止めて急遽の参戦、しかも同じ牝馬のリスグラシューに負けたのは事実なのである。

つまり、「アーモンドアイで決まり!」と、短絡的に考えるのは早計ということだ。

過去を紐解いてみても、ウオッカがエイジアンウインズに敗れ、ブエナビスタも勝ちを逃し、2015年には2000万馬券も飛び出た、ひと筋縄ではいかぬレース。慎重にジャッジせねばならない。

そのために必要なのが、確かな本物の関係者情報。一般ファンでは入手できる代物ではないが、そこは名馬サクラスターオーを育てた平井雄二元調教師率いる、シンクタンクの重賞メイン特捜部にお任せいただきたい。

ヴィクトリアマイルを攻略すべく、情報収集からデータ分析まで、あらゆる手を尽くしてこのレース攻略に臨んでいる。

無観客競馬、取材規制で一般ファンには、なかなか情報が入りづらい状況を鑑みて、弊社シンクタンクは、特別に関係者情報の無料公開を行っている。

今週はヴィクトリアマイルの情報を、馬券が簡単に絞れる【情報注目馬5選】とともに公開する。ぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第15回 ヴィクトリアマイル(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク