【小倉記念2018予想】本命サトノクロニクル

スポンサーリンク


おはようございます。

今週も土曜の予想は上手くいきました。九州スポーツ杯の◎アルモニカは全くダメでしたが、札幌日経オープン▲ヴォージュ◎アドマイヤエイカンで決着し、馬連17倍を2点で的中と、最近は以前のように土曜の勝率がかなり上がってきました。

重賞の本命馬4着病のおかげで約1ヵ月、土曜はプラスも日曜はイマイチ(先週はどちらもそこそこでしたが)という週末が続いていますので、今週は待っていても流れを掴めない以上、自ら掴みに行く作戦で攻めていきます。

では本日は日曜の小倉メイン、小倉記念の予想を。キョウヘイ、レイホーロマンス、ストーンウェア、ストロングタイタン、キンショーユキヒメ、マイネルサージュ、メドウラーク、トリオンフ、サンマルティンなどが出走する芝2000mG3のハンデ戦。

レパードS、その他競馬予想の記事はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 小倉記念(G3)>

昨年、小倉記念で初重賞制覇したタツゴウゲキは新潟記念も優勝しサマー2000シリーズのチャンピオンに輝いたが、直近3年の優勝馬は小倉記念が初重賞制覇だったように、調子が良い夏の上がり馬が勝ち上がっている。今年は果たして!?実は競馬セブンでは、人気の盲点となる激走穴馬の勝負駆け情報を独占入手!紙面上には載らない裏の極秘スクープのヤリ話!週末情報は必見です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

小倉記念

本命はサトノクロニクル

期待した前走の天皇賞春では案外な結果に終わってしまったが、仕掛けが少し早かった事が影響して最後の直線では脚がなくなってしまっての着順。まともであれば2走前の阪神大賞典のように勝負所でもたついても最後はしっかりと脚を使って追い込んで来る馬で、この時の勝ち馬であるレインボーラインが天皇賞春を勝った事を考えても能力がある馬なのは間違いない。

長距離でこそという見解は今でも変わりないが、2200m以下のレースで崩れたのはラジオNIKKEI賞のみで、この時はコースが合わずと敗因ははっきりしており、その他のレースで崩れたのは全てG1とこのぐらいのレベルのレースであればまず安定して走ってくる。

福島で崩れている点を考えると今回はコース適性に疑問が残ってしまうが、相手が弱かったとはいえ、チャレンジカップではしっかりと勝利しており、ここも鞍上のサポートがあればその辺りは上手くカバーされるとみた。極端な内を引けば評価を落とす事も考えたが、この馬にとっては絶好とも言えるオレンジ帽。ならば人気になる事は確実でも変に逆らう必要はないと判断しての本命。

対抗は人気ブログランキングへ

前走で戦った相手、そしてその時の時計などを考えると評価しない訳にはいかない1頭で、いかにもここを狙いにきているローテにも好感が持てる。この馬の癖を考えると枠順は少し微妙かもしれないが、コース適性も問題ない今回はこれ以上評価は落とす事は出来ない。

▲にストロングタイタン

今回のコースや馬場、そして時期的なものを考えるとこの馬も当然上位か。前走は完全に力負けといえるレース内容ではあるが、2走前の鳴尾記念では上手く乗られたとはいえ、トリオンフ、トリコロールブルーを下して勝利しており、あの内容をみる感じでは相手落ちのローカルG3であれば巻き返し濃厚では。

土曜のレースをみている感じだと鞍上のアヴドゥラとも手が合いそうで、来日いきなりからの重賞制覇があっても驚けない。

重賞ではここ3週ずっと軸馬の4着に苦しめられているので、今週は特別レースのように印を思い切って絞って購入して流れを変える。

◎サトノクロニクル
人気ブログランキングへ
▲ストロングタイタン

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

馬券は一応◎~〇▲~他(他は全て△扱いという評価)という3連複をボーナスで購入する予定ではあるが、9割は印を打った3頭のみで勝負するつもり。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 小倉記念(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

枠順や通ってきたコースによる有利不利が大きく出る小回りコースのハンデ重賞と、紛れる要因はハッキリしているが、当然ながらこのレースも波乱決着が続いている。事実、1番人気馬は10年以上勝利を挙げておらず、必然的に万馬券決着が多発しているのだ。

サマー2000シリーズ特有の思惑が複雑であることに加え、小倉、札幌開幕で取材箇所がさらに増えることで、一般マスコミの記者などはもう手一杯。調教タイムやコメントの使い回しが当たり前、新聞やネットに流通する情報を参考に馬券を購入する一般ファンでは、的中に近づくことは極めて難しくなるのだ。

一方、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、元調教師・元騎手の大物OBに加え、大物現役関係者が情報ルートとして顔を揃えるシンクタンクは、あらゆる状況において、競馬関係者から密な情報を聞くことが可能。世間が“混戦”や“難解”と言うレースほど、オイシイ馬券を狙い撃てる絶好のチャンスとなるのだ。

実際、昨年の小倉記念でも◎サンマルティン○タツゴウゲキの大本線決着にて【3連単3万1040円】を含む完全的中を会員の皆様にお届け。この春も、宝塚記念では10番人気ワーザー、安田記念では9番人気モズアスコットを本命視し、サマー2000シリーズの函館記念でも5番人気エアアンセムから的中を掴み獲っている。

既に今年の小倉記念でも【激走穴情報馬】をマーク済み、万馬券決着は濃厚と睨んでおり、この馬が高配当のカギを握ることになるだろう。通常、こういった情報を無料公開することは極めて少ないのだが、今週は特別も特別、当社の実力を知って頂くべく、シンクタンクを初めてご利用する方に限り、小倉記念の【3連単勝負馬券】を無料公開させて頂く。この機会を是非ともお逃しのないよう、ご注意いただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク