【キャピタルステークス2019予想】本命レッドヴェイロン

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、キャピタルステークスの予想を。サトノフェイバー、サトノキングダム、サトノアーサー、シェーングランツ、プロディガルサンなどが出走する芝1600mのリステッド競争。

まずは本題の前に京都で重賞が組まれていますので、こちらの予想を軽く。

京都2歳ステークス

人気ブログランキングへ

コース適性、経験値、能力と三拍子揃ったこの馬が最も軸には相応しい。あまり波乱には期待出来そうにないので、点数を絞って購入するレースか。

今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【京都2歳ステークス2019最終追い切り評価】

【ジャパンカップ2019最終追い切り評価】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第39回 ジャパンカップ(G1)>

昨年も秋の古馬王道GI3戦、天皇賞秋→ジャパンC→有馬記念をパーフェクト的中。今年も天皇賞秋を的中させておりジャパンC・有馬記念も的中予告!アーモンドアイ回避で大混戦模様となった今年のジャパンCだが、実はとある陣営の勝負情報を緊急入手!厩舎サイド・馬主・騎手が揃って「勝てるデキ!」と豪語する勝負馬とは!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

キャピタルステークス

本命はレッドヴェイロン

前走の紅葉ステークスは相手につけた着差こそ僅かなものだったが、ラストの手応えを見ると内容的には快勝と言えるもので、約一年ぶりの競馬でプラス20キロと明らかに余裕残しの仕上げだった事を考えると非常に内容の濃い勝利だったと言える。

この兄弟らしくこれまで東京では3戦して(2.0.1.0)と馬券圏内を外しておらず、敗れた1戦もG1NHKマイルで勝ち馬とはタイム差なしの競馬とほぼ勝ちに等しい内容。よって今回は引き続き得意の東京マイルで競馬が出来る点が大きなプラス材料となるので、この条件であれば前走と同じくこの馬を中心に馬券を組み立てたい。

乗り慣れたルメールが乗れないのは痛いと思ったが、ムーアが乗れるなら全く問題はないだろう。

対抗は人気ブログランキングへ

展開やローテを考えると前走は普通に強い内容で、あらゆる条件が好転するであろう今回は力通りならあっさりか。仮に雨の影響が残ったとしても全く問題ないタイプなので、他馬が嫌がる分だけ有利となるのでは。

大幅な鞍上強化で死角らしい死角がなくなってしまったので、本命馬とのセット馬券を強めに購入する予定。

ソーグリッタリング

距離はもう1ハロンあってもいいが、マイルで行われた2走前の関屋記念がなかなか強い競馬をしているので、リステッド競走なら今回もそれなりに格好はつけてくるか。ただ、想像以上に相手が揃ってしまったので、ここは名手の腕に期待したい。

穴にサトノフェイバー

ここ2走は見せ場なしの競馬が続いているが、先行馬が飲み込まれる展開を残した3走前のレースが非常に強かったので、今回のマイルへの距離短縮はプラスになる可能性が高そう。

◎レッドヴェイロン
人気ブログランキングへ
▲ソーグリッタリング
☆穴サトノフェイバー
△プロディガルサン
△ケイデンスコール
△コスモイグナーツ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第39回 ジャパンカップ(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は有力な外国馬の参戦が見られなくなっていたが、とうとう今年は外国馬の参戦がゼロという状況に。日本馬のレベルが上がったということもあるが、日本競馬がガラパゴス化しているという指摘もあるように、“馬場の高速化”が影響していることは否めない。

また、ノーザンファームを筆頭に大手牧場によるレースの“使い分け”が当たり前となったことで、去年の勝ち馬で天皇賞を制したアーモンドアイは、我々が事前に掴んでいた話通りに香港に行くことが決まり、今年の宝塚記念を制し、秋はオーストラリアのコックスプレートを制したリスグラシューや、皐月賞馬サートゥルナーリアは有馬記念に向かうことになった。他にも凱旋門賞に参戦していたキセキ、フィエールマン、ブラストワンピースらの名もなく、GⅠ馬が6頭登録しているものの、一般的な見方からすれば確固たる中心不在と言えよう。

外国馬の参戦がゼロでありながら、短期免許を取得した外国人騎手が多数来日しており、有力馬の騎手欄の多くがカタカナ表記。かつて、『迷ったら外国人騎手を買え』という格言めいたものはあったが、もうそんな単純な手法は通用しない状況だ。

今年の例をとってみても、レイデオロは主戦だったルメールからビュイックに乗替り、ルメールはムイトオブリガードへ、そのムイトオブリガードに乗っていた横山典騎手はエタリオウに乗るなど、目まぐるしい乗替り起こっている。しかも、ワグネリアンに乗る福永が騎乗停止となったことで、ノーザンファームサイドがどういった決断を下すのか。乗替りひとつを取ってしても陣営の思惑は複雑なのだ。

さらに、友道厩舎は5頭出し、金子真人オーナーが4頭出しなど、多頭数出しとなることは見逃せない。多頭出しとなる陣営は、「AはダメでBがイイ」などという本音をマスコミに公表することなどホボあり得ない。誰もが見ることができる記事にそんなコメントが載ってしまえば、馬主が気分を害することになり、なんのメリットもないからだ。まして、ジャパンカップは国内における1着賞金最高額のレース、当たり障りないコメントでマスコミを煙に巻くのは当然の行動だ。

無論、表には明かさぬが、本音では「どちらが上」とのジャッジは下している。そうした表に出ない情報も、競馬界の大物OBなどが情報ルートとして在籍し、現役関係者達とも密な関係を築き、業界最高峰の情報網を持つシンクタンクなら入手することができる。特に、ジャパンカップは特別チーム結成年の2005年以降、14戦11勝のドル箱GⅠ。古くからの会員様には「ジャパンカップと言えばシンクタンク」と仰る方もいるほどだ。

そこで、今週は本当に特別も特別、ジャパンカップで当社が独占的に掴んでいる【関係者情報】と【情報注目馬5選】を無料公開する。ぜひともこの機会に本物の情報を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第39回 ジャパンカップ(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク