【京都金杯2020予想】本命サウンドキアラ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、京都金杯の予想を。ダイアトニック、サウンドキアラ、オールフォーラヴ、ソーグリッタリング、ブレステイキング、モズダディーなどが出走する芝1600mG3レースのハンデ戦。

当初はこちらの予想は見送る予定でしたが、やはり金杯という事もあって急遽記事を作成する事にしました。

ひと昔前までは非常に相性の良いレースでしたが、近年は傾向の変化もあってか流れに乗る事が出来ていません。

中山金杯の予想はこちらから。

【中山金杯2020予想】

京都金杯

本命はサウンドキアラ

本命を三択で迷ったレースではあるが、人気と枠順のバランスからベタベタにこの馬を選択。去年既にある程度時計がかかる馬場になっていた点は気になるものの、数年前のような内伸びディープ馬場になるなら無難に勝ち負けになりそうなタイプでは。

前走のリゲルステークスは外が伸びる馬場だった事もあって最後は2頭に差されてしまったが、この2頭よりも直線で早めに先頭に立つ展開になりながらもタイム差なしの競馬に持ち込んだ事を評価すべきレースか。

4勝全てをあげている今回の京都コース替わりは当然のようにプラスになるので、後は去年のような馬場でレースが行われない事を祈るのみ。

対抗は人気ブログランキングへ

かなりハイレベルな一戦となった前走のレースがある程度展開や位置取りに恵まれたとはいえ、見た目通りの強い競馬。

馬体や血統面からするとある程度時計がかかる馬場が合いそうな気もするが、仮に例年通りの馬場でレースが行われた場合であってもこの馬の先行力が活きる事になると思うので、今回に限っては馬場不問で怖さがある馬と言えるだろう。

3,4番手の印は10回レースをやれば10回変わりそうな気もするので、基本的には本命対抗の2頭の組み合わせを中心に馬券を組み立ててハマった時に大回収したいレース。

◎サウンドキアラ
人気ブログランキングへ
△オールフォーラヴ
△メイショウショウブ
△ドーヴァー
△ブレステイキング
△ボンセルヴィーソ
△ソーグリッタリング
△カテドラル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<東西金杯(G3)>

毎年恒例★金杯でお年玉馬券★が無料

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

2020年度、中央競馬は1月5日(日)に開幕。開幕週初日の重賞は中山・京都で行われる金杯。正月開催の目玉重賞として毎年注目されているハンデ重賞である。

中山金杯、伏兵馬では18年ストレンジクォーク(10人気3着)、11年キョウエイストーム(11人気2着)、10年トウショウヴェイヴ(15人気3着)、09年ミヤビランベリ(11人気3着)などが馬券圏内に好走している。また2015年の勝ち馬ラブリーデイは中山金杯で初重賞制覇を挙げ、その年の鳴尾記念・宝塚記念・京都大賞典・天皇賞秋を4連勝しており、金杯から本格化した1頭だ。

過去10年、中山金杯・上位人気の成績は、1人気[4.1.3.2]、2人気[2.1.0.7]、3人気[2.0.0.8]。平均配当では、馬連2780円、3連複1万4250円、3連単6万8860円。年齢別では4~7歳馬の活躍が目立ち、ハンデ別では意外と軽ハンデ馬が馬券に絡んでいない。

京都金杯・上位人気の成績は、1人気[3.2.1.4]、2人気[0.1.1.8]、3人気[2.2.0.6]。平均配当は馬連3470円、3連複1万8860円、3連単9万6890円。年齢別の成績では、4~6歳馬の活躍が目立つ。ハンデ別では57・55キロが4勝。京都も軽ハンデ馬が馬券に絡んでいない。

毎年恒例のお年玉開催がいよいよ開幕!正月お年玉開催では数多くの万馬券をお届けしておりますが、今年も2020年1月5日中央競馬開幕初日からお年玉馬券となる激穴情報を独占入手済!年初めの重賞・東西金杯もお年玉馬券をお届けできる強力情報を入手済!お見逃しの無い様ご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ホープフルS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク