【マリーンステークス2019予想】本命リーゼントロック

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の函館メイン、マリーンステークスの予想を。カラクプア、サトノプライム、モズアトラクション、リアンヴェリテ、カゼノコなどが出走するダート1700mのオープンクラス、ハンデ戦。

日曜も重賞を含めて買いたいレースがいくつかありますが、とりあえず今週は無理せずマイペースでいこうと思います。

七夕賞&プロキオンS

人気ブログランキングへ

更新出来るかどうか怪しいので、とりあえず先に本命馬だけでも公開しておく事にします。

今週末の重賞に関する記事はこちら。

【七夕賞2019】最終追い切り・調教評価

【プロキオンステークス2019】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

マリーンステークス

本命はリーゼントロック

前走のアンタレスステークスは11着と大敗しているが、差し馬が台頭する展開の中を先行しての結果なので見直し可能な敗戦。2走前のマーチステークス、3走前の佐賀記念と重賞でも好走出来る力がある馬なので、ここは極端な展開にならない限りは無難に巻き返してくるだろう。

ただ、ダイワメジャー産駒にしては硬さが目立つタイプなので、どちらかといえば使われつつ身体をつくっていく叩き良化型。よって今回は展開以上に休み明けでの競馬が課題となりそうだが、追い切りではいつも以上に素軽い動きを見せており、これまでの休み明けでの競馬と比較すると出来がまるで違う印象を受けた。

更に函館ダート1700mは(2.0.2.3)と得意としており、敗れたレースで掲示板を外したのは位置取りが悪くなってしまった500万クラスの1度のみなら当然今回は不安よりも期待の方が大きくなる。

前走で馬券に絡んでいる馬が2頭しかいないレースという事もあって大きく人気を落とす事はないかもしれないが、展開、コース適性、そして近走の内容から買いたいと思う馬が本馬しかいないので、ここは印の付け方と点数で勝負する事にした。

対抗は人気ブログランキングへ

前走は着順だけみると微妙に思えるが、一度取りや通ったコースを考えるとかなり強い競馬をしており、展開不向きの中であそこまで差を詰めてきた事を評価すべきレース。ここもコース形状的に前走の二の舞を踏む可能性はあるが、能力上位馬とのハンデ差があるので、多少展開が向かなかったとしても前走以上に差を詰めてくる可能性は大いに考えられる。幸いにも人気は地味という事で、それなら何も迷う事なく狙っていくのが正解だろう(最近は地方込みで中穴人気の馬を対抗に置いて泣く事が多いですが)。

▲にリアンヴェリテ

ここ2走の内容が非常に優秀で、前走の大沼ステークスも圧巻の内容で逃げ切りならここももう一丁がありそう。ただ、前走は馬場や展開面が向いた事も確かではあるので、上位人気確実の今回は3番手で様子を見る事に。仮にこの鞍上で今回も楽にクリアするようであれば、エルムステークスでは大注目馬となるだろう。

☆にモズアトラクション

前走は内を上手くすくったとはいえ、道中の位置取りを考えるとよく追い込んできた。2走前の平安ステークスでもハンデ差があったとはいえ、チュウワウィザード、オメガパフュームの間に割って入った馬で、この2頭が次走の帝王賞でワンツー決着を決めた事からして本馬の評価もそれなりに上げる必要がある。ここも短い直線でどこまで前との差を詰める事が出来るかという競馬になると思うが、前走からハンデが1キロ軽くなるので、案外楽に追い込んでこれるかもしれない。

◎リーゼントロック
人気ブログランキングへ
▲リアンヴェリテ
☆モズアトラクション
△フュージョンロック
△カラクプア

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 七夕賞(G3)

昨年は256万馬券決着!!
難解なレースで注目すべき馬は
「この5頭!」
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

すっかりお馴染みとなったサマーシリーズだが、七夕賞はサマー2000シリーズの開幕を告げる1戦となる。サマー2000シリーズのチャンピオンに与えられる報奨金は、馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円と魅力十分だけに、秋のことは考えず、ココに照準を合わせる陣営も当然ながら出てくる。

ただし、チャンピオンになるためには対象レースに2度出走し1つは勝利することが最低条件であり、七夕賞から最終となる5戦目の新潟記念までは2ヶ月程度しかない。しかも、北は札幌から南は小倉までとレースが分散しているため、全てのレースに出走することはホボ不可能。だから、どこのレースで勝ちを狙い、どこのレースでポイントを稼ぐのかなど、関係者の思惑や駆け引きが複雑になってくる。更に、サマーシリーズのことは考えず、秋を見据えて賞金加算が目的の馬なども参戦してくる。

慢性的に人手不足で、しかも各地に記者が分散している新聞社など一般的なマスメディアでは、こうした思惑を踏まえた取材などできるはずもなく、ただただ表向きのコメント取りに忙殺されるのみ。夏競馬期間中はどの新聞を見ても同じようなコメントが並ぶのだが、それは当たり前で、なぜなら各社が取材を分担してコメントを使い回すから。こんな情報源を頼りに馬券を買っても、的中に近づくことは極めて難しいのは言うまでもないだろう。

実際に、七夕賞は去年が256万馬券決着で、万馬券、10万馬券以上の決着が当たり前となっているのだが、コレは一般ファンにとってどれだけ“難解”なレースであるかを物語っている。

こういったレースを攻略するのに必要なのは、確かな情報力に他ならない。シンクタンクの情報ルートには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物達が在籍しているから、当たり障りのない表向きのコメントではなく、本物の関係者情報を入手している。

本物の関係者情報の存在を知っていただくための一環として、今週は七夕賞の【情報注目馬5選】を特別無料公開する。世の中には出回らない“ココだけの話”といった類の情報もあわせて公開するので、ぜひともこの機会を活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 七夕賞(G3)

昨年は256万馬券決着!!
難解なレースで注目すべき馬は
「この5頭!」
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク