【中山記念2019予想】本命ハッピーグリン

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて日曜の中山メイン、中山記念の予想を。ステルヴィオ、スワーヴリチャード、ディアドラ、エポカドーロ、ウインブライト、ラッキーライラックなどが出走する芝1800mのG2レース。

今年もかなりのメンバーが揃いましたが、考えれば考えるほど一波乱ありそうなレース。中途半端な印は打たずに普通に狙っていこうと思います。

まずは本題の前に小倉メイン、下関ステークスの予想を軽く。

下関ステークス

メイショウカリン

前走は少しレース間隔があいてしまった事もあって直線伸び負けしてしまったが、外が伸びる馬場で1頭内でしぶとく粘った内容には見所があった。枠もいいところを引けたので、前走のような競馬が出来れば今回のコースならしっかりと馬券に絡んでくるだろう。人気がかなり割れそうなレースなので馬連で保険をかけつつ単勝を本線で購入したい。

その他週末の重賞に関する記事はこちらから。

【阪急杯2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

【中山記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

中山記念

本命はハッピーグリン

前走のジャパンカップは距離や相手関係を考えると普通に大敗すると思っていたが、レコード決着の中で7着に入線する大健闘。条件が合わないレースでミッキースワローやサトノダイヤモンドと差のない競馬が出来るなら、距離短縮、コース替わりでパフォーマンスを上げてきそうな今回は相手がかなり強くても上位争いに加われるだけの力はあるのでは。

中山芝1800mはスプリングステークスで負けているが、父ローエングリンは現役時代中山記念で(2.0.1.0)という成績を残しており、2年前の中山記念で本命にしたローエングリンを父に持つロゴタイプも過去の中山記念で(0.1.2.1)となかなかの成績を残しているので、本馬も血統的には今回のコースが合わないという事は考えられず、リピーターが強いレースでもあるので、ここは血統面でリピートするという可能性は十分考えられるだろう。

有力馬は当然次が本番ではあるが、この馬はどう考えてもここがメイチという感じなので、有力馬の思わぬ取りこぼしがあっても全く驚けないレースと言えるのでは。ここは難しい事は考えず自分らしく狙っていく。

対抗はウインブライト

前走の中山金杯で本命を打った時に書いたように、距離短縮でもう一度狙いたいと思っていた馬。よって今回も前走に続いてそれなりの印は必要と判断しての対抗。

今回の中山1800mは重賞2勝を含む3戦3勝と負けておらず、去年と全く同じローテにも好感が持てる今回は無難に走ってくるのでは。リピーターを狙うならこの馬を買わないわけにはいかない。

▲にステルヴィオ

コース適性の高さで言えばこの馬も上位と言える存在で今回は展開も味方しそう。追い切りでもしっかりと動けているので、久々でもまず恥ずかしい競馬にはならないだろう。

☆にディアドラ

前走の香港は敗れはしたが、位置取りを考えると強い競馬。距離短縮も歓迎で、54キロで競馬が出来る今回は牡馬が相手でも好勝負に持ち込めるか。ただ、何となくではあるが前走の競馬を見ている感じだとここは取りこぼしそうな気もするが。

◎ハッピーグリン
○ウインブライト
▲ステルヴィオ
☆ディアドラ
△スワーヴリチャード
△エポカドーロ
△マイネルサージュ
△マルターズアポジー

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第93回 中山記念>

GI馬6頭が参戦する豪華メンバー
危険な人気馬の存在とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GI大阪杯、ドバイ遠征の前哨戦としてGI馬が今年緒戦として始動する。昨年はヴィブロス、ペルシアンナイト、アエロリットのGI馬が参戦したが、今年もスワーヴリチャード、ステルヴィオ、ディアドラ、エポカドーロ、ヴィブロス、ラッキーライラックなど6頭のGI馬が参戦する豪華メンバー。

10年には13人気トーセンクラウンが1着、12人気テイエムアンコールが2着となり馬連1万8080円、3連単6万6160円、3連単53万4940円の大波乱となったが、近年は伏兵馬の激走もなく比較的順当な結果となっている。近10年の人気別の成績では、1人気[2.0.1.6]、2人気[4.1.1.4]、3人気[3.1.2.4]と上位人気馬が9勝しており馬券圏に外れたのは1度のみ。平均配当は馬連4830円、3連複1万6300円、3連単10万9200円。

同レースは、過去10年でも前走GI戦出走馬が7勝(2着5回)を挙げており格の違いを見せつけている。年齢別の成績では4歳馬(4勝)、5歳馬(3勝)、6歳馬(2勝)、8歳馬(1勝)と4歳馬が一歩リードしているが、4~6歳馬は連対率6割と互角。

昨年はウインブライトがGI馬に勝利。叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。今年も6頭のGI馬が出走するが危険な人気馬の存在を独占入手!各陣営の思惑を知っている競馬セブンに買っていい、買ってはいけない実績馬のジャッジはお任せ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク