【日経賞2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、日経賞に出走を予定しているカフェブリッツ、エタリオウ、クリンチャー、ゴーフォザサミット、サクラアンプルール、ルックトゥワイスの最終追い切りに関する記事を。

まずは本題の前にこちらのレースの予想オッズから。

予想オッズ

1 エタリオウ 1.8
2 ルックトゥワイス 5.0
3 クリンチャー 5.5
4 メイショウテッコン 5.8
5 ゴーフォザサミット 12.5

1人気は菊花賞2着馬エタリオウ。ダービーでも強い競馬をしており、久々とはいえ、これまでの実績からしてもこの馬が抜けた人気になるのではないだろうか。鞍上込みで1倍台後半~2倍前半のオッズと予想する。

ルックトゥワイス、クリンチャー、メイショウテッコンは枠順などで人気がひっくり返りそうではあるが、おそらく10倍を切るオッズになるのはこの4頭になるのでは。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

その他週末の重賞に関する記事はこちら。

【高松宮記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【高松宮記念2019予想考察】一週前追い切り・調教評価

【高松宮記念2019予想考察】穴馬一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

日経賞最終追い切り

エタリオウ

折り合いを意識しての追い切り。走りとしてのリズムは良く、身体の使い方も上手い。久々ではあるがしっかりと内面をコントロール出来ており、ある程度今回消化したかった追い切りは出来たのではないだろうか。ただ、少し追われた時の反応が悪く、脚捌きが鈍かった点はやはり久々の影響と言える。とりあえず最後は調教パートナーにしっかりと食らいつけていたので、やれるだけの事はやったか。

カフェブリッツ

有力馬と併せ馬をした時の動きをみるとわかると思うが、普段から相当動く馬。その時の動きと比較するとかなり物足りない内容で、身体全体に硬さがあって前脚が全く上がっていない。普通に見ると悪い追い切りではなかったが、過去の比較からするとあまり評価は出来ない。

クリンチャー

長めに追われたが、全くバテる事なく最後まで脚を使い切った。身体を上手く使いながら動けており、脚の出し方、リズムも非常に良かった。乗った時のスピードだけは物足りなかったが、この馬の特徴を考えるとまぁこんなものかもしれない。最後の最後まで負荷をかけられた点にも好感が持てた。

ゴーフォザサミット

この厩舎らしい追い切りではあるが、いつものこの馬の動きと比較すると少しこじんまりとした動きだったように思える。可動域も狭く、脚の使い方も硬いので、この辺りが休み明けの影響か。後は本格化する前のハーツクライ産駒によく見られる動き、パターンとも言えるので、まだまだこれからの馬なのかもしれない。

サクラアンプルール

調教パートナーを追いかける形となったが、追われた時の反応が鈍く、エンジンがかかるまでに時間がかかってしまった点がちょっと気になってしまう。ただ、エンジンがかかればしっかりとスピードに乗って走れていたので、衰えたと言うよりも仕上がりの問題だろう。身体を使った走りと言うよりも脚を使った走りと言えるので、この辺りも多少は割り引く必要がありそう。

ルックトゥワイス

少し独特なフォームではあるが、頸や身体の使い方に関しては違和感は感じない。馬に活気があり、内面が適度に表に出ている点は評価出来るポイントで、しっかりとスイッチが入っているだけあって反応や動きも良かった。脚捌きも軽く、乗った時のスピードもそれなりに高く評価出来るものなので、まず好調と思ってよさそう。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

この後毎日杯の追い切りを追加で更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第49回 高松宮記念(G1)

元 調教師率いる重賞特捜部が教える
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春秋スプリントGI制し、久々に王者誕生となったファインニードルが早々にターフを去ったため、再び王者不在となったスプリント路線。今年の高松宮記念は、新王者誕生に注目が集まる1戦となるが、レッツゴードンキやナックビーナスと言った古豪も未だ健在をアピール。各路線のハイレベルとの呼び声高い4歳世代からは、ダノンスマッシュ、モズスーパーフレアと言った新興勢力が前哨戦で頭角を現し、見どころ十分のメンバーが揃うことになりそうだ。

注目度の高いGIともなれば、マスコミやメディアの注目度が俄然高くなることは道理であり、取材のリソースもGIに集中。世間に出回る情報も多くなるわけだが、だからと言って”馬券的中へと繋がる情報”が多くなるとは限らない。それは、関係者が衆目の下に晒されるマスコミに対して“本音”の情報を語ることは極めて稀な話だからだ。

例えば「状態がいいから勝てる自信がある」と強気なコメントを出した場合、それが周知されれば他陣営から警戒されることになり、余計なマークを生んでしまう。また、そのコメントをオーナーサイドが見た場合、万が一結果が出なかった時に大きなマイナスプロモーションとなってしまう。

これは実際にあった話だが、栗東のM調教師は超強気な発言を出したのだが、結果は二桁着順に惨敗。オーナーサイドがかなり落胆してしまい「あれから基本的に強気なことは言わないし、勝てるなんて言葉は発しないようにしてるんや」と、公には当たり障りのないコメントしか出さないようになったという話もある。

そして、今の競馬界は外厩の存在を無視してはならない。競馬界を席巻しているノーザンファーム天栄・しがらきを筆頭に、トレセンではなく『外厩』で馬を仕上げて出走させるパターンが多くなっている。すなわち、美浦・栗東の両トレセンではホボ仕上げておらず、マスコミがコメントを取りにいく厩舎内では、馬の状態を把握しきれていないケースも珍しくないのだ。

当社シンクタンクは元調教師・元騎手を筆頭に、競馬界の内部に精通する人物が情報ルートとして在籍。騎手、厩舎、馬主、エージェント、そして外厩からも情報を聞き出せるような態勢を構築している。昨秋のGIも14戦11勝、今年のフェブラリーSでもしっかりと的中をお届けしており、確かな実績を残している。

もちろん、世間一般とは”情報力が違う”と自負しているが、その『情報力』を知ってもらうには、やはり実際にその目でお確かめ頂くのが一番であろう。そこで、今週は高松宮記念の【◎-穴・1点馬券】を始めとした関係者情報を特別に無料公開する。馬券を買う際には、当社の確かな情報を入手してから購入することをオススメしたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第49回 高松宮記念(G1)

元 調教師率いる重賞特捜部が教える
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク