【高松宮記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、高松宮記念に出走を予定しているダノンスマッシュ、デアレガーロ、ナックビーナス、モズスーパフレア、ラブカンプー、レッツゴードンキ、ロジクライの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

先週の追い切り注目馬はエールヴォアが2着に好走したものの、その他は全くダメ。正直今年一番失敗した週でした。特にスプリングステークスでは7人気のディキシーナイトも一週前から抜群の動きを披露していただけに、こちらを上に取れなかったのは相当痛かった。今週は同じ失敗を繰り返さないように良い馬を指名したいと思います。

なお、本日高知で開催される黒船賞は既に更新済みです。

【黒船賞2019予想】

その他週末の重賞に関する記事はこちら。

【高松宮記念2019予想考察】一週前追い切り・調教評価

【高松宮記念2019予想考察】穴馬一週前追い切り・調教評価

では本題の最終追い切りを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第49回 高松宮記念>

過去10年、1人気で優勝したのはビックアーサー、ロードカナロア、キンシャサノキセキの3頭のみ。短距離界の王者が人気に応えているが1人気が人気を裏切るケースも多い。上位人気馬が総崩れする事はないが過去10年でも、ナックビーナス(18年10人気3着)、ハクサンムーン(13年10人気3着)、アーバニティ(11年11人気3着)、ソルジャーズソング(09年15人気3着)などの二桁人気馬の伏兵が馬券圏内に好走し波乱の立役者となっている。

今年の高松宮記念は大混戦模様も、実は競馬セブンではとある陣営の勝負情報を独占入手!騎手・調教師・厩務員が揃って「勝てる!」と豪語するとある陣営の勝負馬とは!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

高松宮記念最終追い切り

ダノンスマッシュ

先週併せ馬でしっかりと負荷をかけており、調教パートナーを一瞬にして置き去りにしていただけに今週はこれで十分。脚の回転の速さや地面を捉える力強さは先週よりも明らかに良くなっているので、一週前追い切りからの上積みもそれなりにあった。今週は最後までしっかりと脚も使えており、身体の使い方をみても特に割り引くような材料は見当たらなかった。2週続けてシンプルに良い追い切りを消化出来たと言える。

デアレガーロ

まず馬体の張りが非常に目立っており、肩の筋肉量がとにかく豊富な馬。可動域は少し狭い感じはするが、追われてからはしっかりと身体を使って動けているのでここに関しては多少の割り引きとしておきたい。加速するまでに時間はかかってしまったが、乗った時のスピードは上々で調教パートナーの前に出てぐいぐいと伸びる事が出来た。ただ、想像以上に相手がしぶとく、最後はギリギリのところで交わされてしまった。それでも相手が走りすぎたというだけで、この馬もよく頑張っていたと思う。

ナックビーナス

以前の馬体と比較すると随分線が細くなった印象を受ける。その分重厚さが全く感じられず、脚捌きの軽さとスムーズさが目に付いているが、この違い、変化が良い方向へ出るかは現時点では何とも言えない。乗った時のスピードはまずまずではあるが、パワフルさには大きく欠けている動きで、地面を蹴る力もかなり軽くなっているだけに、個人的には少々不安が先行してしまった。調教パートナーに並んで一気に突き放せなかった辺りにも違いを感じる。

モズスーパフレア

気性面が表に出すぎている事もあってかなり頸と脚を出すリズムが悪い。その影響で頭も高くなっており、頸を使って走る事が出来ていない。一応重心のブレもなく真っ直ぐ走れてはいるが、脚の回転が速い割には前へ思ったほど進まない点は気になってしまうポイントか。レースに行ってからのスピードは当然褒める事が出来るが、今回の追い切りからはあまりそのスピードを感じる事が出来ないので、その辺りがレース本番にどこまで影響するか。少なくとも褒めれるような動きではなかった事は確か。

ラブカンプー

毎回恒例の併せ馬。今回も相変わらず酷い動きで、胸が広く脚を上げている割に前へ全く進まない。相当負荷をかけられたが、調教パートナーに食らいつく事すら出来ず、最後はいつものようにバタバタになりながらフィニッシュ。前走時がまだこの馬としてはマシな動きだったが、それでも結果が出なかっただけに今回もちょっと不安が先行する形となった。ただ、何度もいうようにこの馬は追い切りの動きと結果が全く比例しないタイプなので、動きだけで評価するのは危険という事だけは頭に入れておきたい。

レッツゴードンキ

軽快。ほぼ先週と同じようなコメント、評価となるが、最終追い切りでも豪快で迫力のある動きを披露。走りに重厚さはなく、素軽さがある辺りがさすがという感じ。馬体の張り、脚の回転、身体の使いかたとどこを取っても高齢馬とは思えず、今回の動きをみるとまだまだやれる力は残っているだろう。ラブカンプーとは逆に常に動くタイプなのであまり過信は出来ないが、それでも素晴らしい追い切りだったと言える。

ロジクライ

今週も威圧感がある迫力のある動き。パワー寄りに出た走りがどうかも、乗ってからのスピードもなかなかのもので、前をいく馬を交わすところまでやれたのは当然高く評価する必要があるだろう。頭がちょっと高く感じるが、身体はしっかりと使えていた。距離短縮さえ問題なければぶっこ抜くだけの脚はありそうな気もするが、やはり1200mに関しては少し短く感じてしまう。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

この動きならまず勝ち負け。馬体を含めて2週続けて高いレベルで安定していた。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第49回 高松宮記念(G1)

元 調教師率いる重賞特捜部が教える
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春秋スプリントGI制し、久々に王者誕生となったファインニードルが早々にターフを去ったため、再び王者不在となったスプリント路線。今年の高松宮記念は、新王者誕生に注目が集まる1戦となるが、レッツゴードンキやナックビーナスと言った古豪も未だ健在をアピール。各路線のハイレベルとの呼び声高い4歳世代からは、ダノンスマッシュ、モズスーパーフレアと言った新興勢力が前哨戦で頭角を現し、見どころ十分のメンバーが揃うことになりそうだ。

注目度の高いGIともなれば、マスコミやメディアの注目度が俄然高くなることは道理であり、取材のリソースもGIに集中。世間に出回る情報も多くなるわけだが、だからと言って”馬券的中へと繋がる情報”が多くなるとは限らない。それは、関係者が衆目の下に晒されるマスコミに対して“本音”の情報を語ることは極めて稀な話だからだ。

例えば「状態がいいから勝てる自信がある」と強気なコメントを出した場合、それが周知されれば他陣営から警戒されることになり、余計なマークを生んでしまう。また、そのコメントをオーナーサイドが見た場合、万が一結果が出なかった時に大きなマイナスプロモーションとなってしまう。

これは実際にあった話だが、栗東のM調教師は超強気な発言を出したのだが、結果は二桁着順に惨敗。オーナーサイドがかなり落胆してしまい「あれから基本的に強気なことは言わないし、勝てるなんて言葉は発しないようにしてるんや」と、公には当たり障りのないコメントしか出さないようになったという話もある。

そして、今の競馬界は外厩の存在を無視してはならない。競馬界を席巻しているノーザンファーム天栄・しがらきを筆頭に、トレセンではなく『外厩』で馬を仕上げて出走させるパターンが多くなっている。すなわち、美浦・栗東の両トレセンではホボ仕上げておらず、マスコミがコメントを取りにいく厩舎内では、馬の状態を把握しきれていないケースも珍しくないのだ。

当社シンクタンクは元調教師・元騎手を筆頭に、競馬界の内部に精通する人物が情報ルートとして在籍。騎手、厩舎、馬主、エージェント、そして外厩からも情報を聞き出せるような態勢を構築している。昨秋のGIも14戦11勝、今年のフェブラリーSでもしっかりと的中をお届けしており、確かな実績を残している。

もちろん、世間一般とは”情報力が違う”と自負しているが、その『情報力』を知ってもらうには、やはり実際にその目でお確かめ頂くのが一番であろう。そこで、今週は高松宮記念の【◎-穴・1点馬券】を始めとした関係者情報を特別に無料公開する。馬券を買う際には、当社の確かな情報を入手してから購入することをオススメしたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第49回 高松宮記念(G1)

元 調教師率いる重賞特捜部が教える
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク