【オーシャンステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて土曜の中山メイン、オーシャンステークスに出走を予定しているエスティタート、ダイメイプリンセス、ナックビーナス、モズスーパーフレア、ラブカンプーの最終追い切りに関する記事を。

まずは本題の前にオーシャンステークスの予想オッズから。

予想オッズ

1 モズスーパーフレア 2.5
2 ナックビーナス 3.4
3 ラブカンプー 4.6
4 ダイメイプリンセス 8.0
5 レジーナフォルテ 16.6

1人気は前走中山1200mをスピードの違いで押し切ったモズスーパーフレア。実績では少し劣っている感があるも今の勢いを考えるとこの馬が1人気に支持される事になるだろう。

続いて中山1200m戦は十八番のナックビーナス。鞍上は気になるが前走でしっかりと結果を出しているだけに極端に人気に反映されることはないか。単勝オッズではモズスーパーフレアが売れても連ベースではこちらもかなり売れる事になるだろう。

重賞実績あるラブカンプー、ダイメイプリンセスは前走の結果から少し人気を落としそうだが、一応このぐらいの人気になるのではないだろうか。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

その他週末の中央の重賞に関する記事はこちらから。

【チューリップ賞2019予想オッズ】出走予定馬 一週前追い切り・調教評価

【弥生賞2019予想オッズ】出走予定馬 一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

オーシャンステークス最終追い切り

エスティタート

輸送の関係もあって上がり重点の内容となったが、追われた時の反応もまずまずで最後までしっかりと脚を使えていた点は評価したい。全体的に目立つ動きではないものの、逆に大きく割り引くようなポイントも見当たらないので、良い意味での平凡という評価になるだろう。先週の追い切りでも馬場が悪い中でもしっかりと動けており、道中もしっかりとコントロールが利いていた事を考えると案外怖さがある1頭と言えるのでは。

ダイメイプリンセス

毎回恒例の2頭のセット追い。相変わらず脚は外へ流れるが、馬なりでもしっかりと動けており、今回も調教パートナーであるラブカンプーに並ばれることなくあっさりと先着。脚もしっかりと上がっているのでこの動きなら巻き返してきてもいいのだが、この馬に関してはいつもこんな感じである程度は動いてしまうので、相手につけた着差や手応えなどで判断するのは危険だろう。

ナックビーナス

脚捌きが非常にスムーズで全体的な走りとしてのバランスが素晴らしい。身体が大きい割には素軽さもあり、全く重苦しさを感じさせない点がこの馬の良さでもある。馬なりでもしっかりと加速出来ており、最後まで全くスピードが落ちなかった点は高く評価しておきたい。シンプルに良い追い切りだったと言えるのでは。

モズスーパーフレア

頭が高く頸の可動域が狭いが、走るリズムは悪くない。脚の回転も速く、イメージ通り素軽さがある馬だった。スピードも最後までしっかりと持続させながら走れており、この走りを見る感じでは千直がかなり合いそうな印象を受ける。案外大きな癖がある馬でもないので、ここは力は出し切ってくるだろう。個人的にはここよりも新潟を使った時に厚い印を打ちたいが…。

ラブカンプー

毎回恒例の2頭のセット追いその2。この馬に関してはダイメイプリンセスと真逆で、いつも脚がバラバラになって調教パートナーであるラブカンプーには全くついていくことが出来ないのがお決まりではあるが、今回は珍しく最後まで食らいつく事が出来ている。それでもフォームは大きく乱れており、重心が安定しないのはいつもの事で、動きを見る人間からすると一生この馬を評価する事は出来ないだろう。ただ、毎回これで走ってくる馬なので、このフォームの乱れは気にする必要はなく、いつも以上に動けていた点は一応評価する必要がありそう。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは抜群の動きを披露したこの馬に注目。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第56回 弥生賞>

↓クラシック登竜門↓
皐月賞の前哨戦を勝つのは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

90年以降、無敗で弥生賞を制したのはフジキセキ、アグネスタキオン、ディープインパクト、ロジユニヴァース、サトノクラウン、マカヒキ、ダノンプレミアムの7頭。今年は京成杯を制したラストドラフト(2戦2勝)が参戦。昨年のダノンプレミアムに続き無敗で弥生賞を勝てるのか!?前哨戦を制するのは果たして!?

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク