【大阪杯2018予想】本命スマートレイアー

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜の予想は◎ストーミーシーなどでいいところもあったものの3連単を取り逃す失態などがあり大爆発とはなりませんでしたが、今週一番色があったドバイの予想が炸裂しました。

ドバイゴールデンシャヒーン☆マインドユアビスケッツ〇エックスワイジェット◎ロイエイチで決まり、ここはぎりぎりおさえた3連単が的中。

ドバイターフ〇ベンバトル△ヴィブロス◎リアルスティールで決まりかなり大きく勝ったと思ったところ、まさかの同着…。ただ、3連単をかなり重ねていたので大きな払い戻しとなりました。

続くドバイシーマクラシック◎ホークビル〇ポエッツワード▲クロスオブスターズのド本線決着となり、単勝、馬連、馬単、3連複、3連単の総取りの大爆発。

最後のドバイワールドカップ◎サンダースノー▲ウエストコート☆ムブタヒージで決まりこちらも単勝、馬連、馬単、3連複、3連単の総取りでフィニッシュ。

海外重賞はかなり相性が良く、おそらく的中率は90%ぐらいあると思うので今回もそれなりに色を持って予想しましたが、まさか全て当たるとは(^^;

先週もWIN5を的中するなどここ3,4週の勢いが凄まじいので今日も繋げたいです。

では本日は阪神メイン、大阪杯の予想を。スワーヴリチャード、サトノダイヤモンド、アルアイン、シュヴァルグラン、ペルシアンナイト、ミッキースワロー、ダンビュライト、トリオフなどが出走予定。


3点勝負買い目を無料公開

大阪杯

本命はスマートレイアー

前走の香港カップでは前残りの傾向が強く出ていながら先行して5着と少し物足りない結果となってしまったが、タイムワープ、ワーザーには大きく差をつけられてしまったものの、日本馬のステファノスとは差のない競馬をしており、そのステファノスが去年の大阪杯でキタサンブラック相手に2着、その他天皇賞秋や香港カップで3着など、この馬の実績を考えるとそこまで悪い内容とも思えない。

エリザベス女王杯でも上がり34秒の脚を使い勝ち馬から0.3秒差の6着まで追い込み、5着のヴィブロスとの差は僅かハナ差。展開などを考えると十分評価出来る内容だろう。京都大賞典では鞍上の腕があったとはいえ、トーセンバジル、シュヴァルグラン相手に勝利した事は事実で、ヴィクトリアマイル、京都記念でも大きく崩れる事なく走れている。

さすがに年齢的に上積みなどには期待は持てないが、馬体やレース内容からして極端な衰えは全く感じられず、むしろ歳を重ねて馬が成熟した事でもう一段階強さを増した感じもする。

今回は人気馬が右回り、状態面、距離など色々と不安要素を抱えての出走となるが、スマートレイアーに関しては特にこれといって大きな不安要素が見当たらない。あえて言うならもう少しタフな馬場になった方がこの馬の良さが引き出されそうな感じがする点にはなるが、それはそれで仕方なし。

これまで海外を含めてG1ではあと一歩の競馬が続いているが、得意の阪神コースであとひと押しが利けば、ここで大金星があっても驚けない。人気的にも狙って損はないだろう。

対抗はスワーヴリチャード

単純な能力だけで言えばこの馬。やはり今回は右回りでの競馬が大きな課題となるが、ここはお世辞にもプラスとは言えない。ベストは東京コースの2400mと言い続けてきたように、間違いなく少し適性はズレてしまう。

ただ、右回りの皐月賞、有馬記念とどちらも上位人気に支持されながらも馬券には絡めていないが、皐月賞では明らかに仕上げが甘く、有馬記念では枠順や展開が向かなかった事を考えるとこの2戦だけで極端に評価を落としてしまうのは危険だろう。

このコースで勝ち切るイメージはあまり沸いてこないが、能力通りであれば馬券になる可能性は高いと思われるので、ここは人気でもある程度の印を打つ事は必要だと思い対抗とした。

▲はペルシアンナイト

人気を裏切ってしまった前走の中山記念は最後方から直線大外ぶん回しではそれも仕方なし。更にいかにも叩き台という仕上がりだった事も影響しての着順だった事を考えると非常に良い負け方だったと言えるのでは。

去年の富士ステークスでも人気を裏切り、その結果から本番のマイルチャンピオンシップでは厳しいと思われながらもあっさりと巻き返したように、しっかりと馬をつくればまず下手な競馬をする事がない馬。

同世代のスワーヴリチャード、アルアインの方が人気になっているが、この世代ではトップクラスの馬体、能力を持っている馬で、2000mという距離に関してもぎりぎり守備範囲といえるので、今回は前走よりもパフォーマンスを上げてくる可能性は高い。

☆にサトノダイヤモンド

久々の競馬となった前走の金鯱賞ではスワーヴリチャードに完敗だったものの、完全に仕上がり途上だった事を考えると上々の内容。この馬にとってはベストとは言えない天皇賞春でのも3着に入線するなど、国内のレースでは全て3着以内と立派な成績を残している割には評価が低すぎる感じがする。

完全に馬体が戻るのはもう少し先かもしれないが、叩き2走目の中距離であれば素直に上位評価しておきたい馬で、スワーヴリチャード同様、ここで勝ち切るイメージはあまり沸かないものの大きく崩れる事も考え難い。

最後に人気や鞍上を考えると穴人気ブログランキングへも上位評価しておきたい。前走も位置取りを考えるとよく追い上げたという感じで、その内容からするとあまりにも人気がなさすぎる。

◎スマートレイアー
〇スワーヴリチャード
▲ペルシアンナイト
☆サトノダイヤモンド
△穴人気ブログランキングへ
△アルアイン
△ダンビュライト
△トリオンフ
△ウインブライト
△シュヴァルグラン
△ヤマカツエース

△穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

日曜阪神12R 鳴門ステークス

先着100名様!凄腕馬券師の
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年からGIへと昇格した大阪杯は、昇格初年度から年度代表馬・キタサンブラックを始めとした豪華メンバーが顔を揃えたが、当社シンクタンクは◎キタサンブラック○ステファノスの馬連1点大本線で2320円的中。無論、3連複4830円、3連単2万3910円もズバリと的中させている。今年も特別登録の段階でサトノダイヤモンド、シュヴァルグランを始めとしたGI馬5頭が名を連ねており、注目度の高い1戦となることは間違いない。

となれば、世間や一般マスコミの取材も大阪杯へと集中し、その他のレースの取材が甘くなるのは必然。故に、凄腕馬券師として知られる当社情報ルートは「大阪杯は間違いなく注目すべきレースだが、同じくらい楽しみなのは最終レース」と語る。

凄腕馬券師曰く「GI週はいつも馬券を買わないファンも買うから全体の売上もアップする。GIやメインレースが売れるのは当然だが、最も発売時間が長いのは最終レースなのだから、コッチも普段以上の売上になるわけだ。しかも、大半の競馬ファンはメインレースまでで負けていることが多く、一発逆転を狙って最終レースに手を出すなんとことも少なくない。素人が何の確信もない馬券を買ったところで当たる確率は高くないわけだから、全体的に配当は跳ね上がりやすくなる。GIデーの最終レースで万馬券が頻発するのは、ある種の必然と言えるんだ」とのこと。

そして、「ちゃんとした関係者情報を持っているコチラとしたらこんなオイシイ条件はないよね」とニンマリ。そこで、今週は大阪杯当日の最終レースである阪神12R(鳴門S)の【3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。凄腕馬券師と言うだけのことはあり、今年も勝負馬券情報から『14万9470円』『6万7230円』『1万9190円』と万馬券的中が続出。皆様にも、是非とも我々関係者側の立場になって馬券を買える状況を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日曜阪神12R 鳴門ステークス

先着100名様!凄腕馬券師の
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク